So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2017 夏休み 後編 - 新潟 [旅]


2017 夏休み 前編 からの続き

■ 某月某日: 夏休み3日目 晴れ

6:00 起床、 6:30 ホテルの朝食、7:30 チェックアウト  郡山のホテル出発。
国道288号 で 郡山東ICから 磐越道で 一路 日本海方面、9:30 新潟の実家 到着。

荷物を降ろしコーヒー飲んで一息、近況報告も済、夕餉の仕入れに父親の運転で出発。
(以降 例年判を押したように 何時もの通り 何時もの行動)


51.jpg

海沿いを走る 国道402号 を南に進む。 快晴の越後七浦シーサイドラインが心地よし。
子供達が小さい頃に毎年海水浴に来た各海岸に想い出を重ねつつ、


寺泊 魚の市場通り

52.jpg

毎年来てます、今年も来ました、毎度結構な人出にたじろぎ、駐車場には県外ナンバーがズラッと。


53.jpg

先ずはおやつ代わりに 磯焼き食べ歩き。 いつもの店でカニを人数分、近海刺身のサクを幾つか、
発泡ケースに氷と一緒にまとめてガサッと詰め込んでもらい トランクへ。

食材持って一旦帰宅後、昼飯は母親が造る 天ぷらと素麺、超美味し、ご馳走様でした。
午後から買い物、市内を車で巡り、夕刻帰宅。 弟夫婦も揃い 冷酒の地酒を準備。


54.jpg

子供や姪っ子が小さい頃は このカニが 10パイはテーブルに並んだものだ。
子達は各自が其々の道を歩み始め、それはそれでしみじみ喜ばしく。
子供を育て上げた大人達の宴も これはこれで結構楽しく、
冷酒とカニ味噌ループ、刺身と茶豆ループで、夏の夜はまったりと更けてゆくのだった。











■ 某月某日: 夏休み4日目 曇り

起床後 本日は遅めに実家出発。 車ではなく電車で。何故ならば、
初めて訪れる女房を連れて 新潟駅構内の此方へ出向くため。



また来ちゃった(笑)
夫々コイン5枚を握りしめ、知っている酒、知らない酒を試飲してゆく。

前回出張で訪れた際に呑んで旨かった酒に再会し、また 今回は新たに


60.jpg
61.jpg
62.jpg

今回も旨い銘柄と出会えて 本当に幸せ。 実は5枚で足らずにもう5枚追加購入し、
ぶーたろう3枚、女房2枚 で楽しんだのだが、正直キリがない(笑)
思いっきり後ろ髪を引かれながら終了、楽しかった、また来ます。

新潟駅前 万代口ターミナルからバスに乗り、本町で下車。

本町市場通りから

63.jpg

中央市場商店街を経由し、


64.jpg

古町通りを 上(かみ) へ向かい、


65.jpg

白山神社へ。


66.jpg

新潟っ子定番散歩コースを 前回とは逆方向へのんびり歩き 向かった先は、本日のランチ、


中華そば こころ

67.jpg

市内では数少なくなった、燕三条系ラーメン店。
昔は、旧市役所 現NEXTの裏手に合った 某店とか 結構市内でも食べられたのにね。

では、


68.jpg
女房 : 煮卵ラーメン 玉葱多め

69.jpg
ぶーたろう : チャーシュー麺 背脂、玉葱 多め


あー、これこれ 懐かしいなぁ。青春時代が蘇る、ご馳走様でした。

最寄り駅までの帰り道すがら、ウン十年前に卒業した小学校を望みつつ、
同級生の家や、家があった場所を確認し、つかの間タイムスリップ感覚を楽しむ。

夕餉は2日続けて弟夫婦と夜更けまで、 お休みなさい。










■ 某月某日: 夏休み5日目 曇り

午前中、本日は車でショッピング。 前日バスで素通りした万代方面へ。
ランチは 前回に引き続き 芸能人御用達、女房は初めての

万代そば

71.jpg

おぉ、昼時は本当に並ぶんだな。 まぁ並んでも食いたいし、回転早いし。


72.jpg
バスセンターのカレー 普通 ¥470

嗚呼、美味い。 しみじみと美味しい。この見た目でピリッと辛いのがたまらない。
そば屋系カレーの頂点だな、ご馳走様でした、また来ます。

これで止めときゃいいのに、


みかづき


73.jpg
ホワイトイタリアン ¥430

やっぱ食っちゃう(笑) そして美味い! ご馳走様でした、また来ます。

午後も買い物三昧、一旦帰宅後 家族揃って 盆の墓参り。今年も参れて良かった。
そして、此方も恒例、


慶楽

81.jpg


今年も来られて本当に良かった。

ここ数年子ども達がいた際は オーダーバイキング を選んでいたが、もはやここでも
普通のコースを頂くことに。 今宵は 慶楽が誇る くまもと和牛 "和王" ディナーを、


82.jpg
慶楽特製冷菜 銘々盛り

83.jpg
"和王" と焼き茄子の温しゃぶ仕立て

84.jpg
海の幸と夏野菜の強火塩炒め

85.jpg
"和王" サーロインのチャイニーズステーキ (絶品!)

86.jpg
 本日のお薦め冷やし麺 (塩味)

87.jpg
自家製濃厚杏仁豆腐 マンゴソースかけ


素晴らしい。 ここ数年食べた中華料理の中で 断トツに美味かった。
母親が珍しく 美味しい を連発していたのが印象的だった。

また 来年も是非、皆元気にここで 顔を揃えたい。 ご馳走様でした。











■ 某月某日: 夏休み6日目 曇り

楽しい日々はあっという間に終わってしまう。
ちょっと早めに起床し、母親の作る朝食を美味しく頂く。

食後、荷造りしながら車へ荷物を積んでいると、姪っ子家族来訪。
小1の長女から4女まで、加えて今年待望の長男が誕生し 7人家族がやってきた。
さながら テレビでよく観る リアル大家族スペシャル状態 (笑)

せっかくなのでもっと一緒にいたかったのだが、出発の時間がやってきた。
一旦 さよなら、家族と親戚たちよ。またの合う日を楽しみに。

関越自動車道 西新潟ICへ乗る直前、最後の最後に恒例 新潟土産 for Myself (笑)


91.jpg
92.jpg
93.jpg
94.jpg
95.jpg
96.jpg
97.jpg

ほんと、新潟は土産の宝庫だな、冷凍バックにぎっしり詰め込み いざ帰路へ。

渋滞もなく すんなり我が家へ。


98.jpg

日光の酒と新潟の酒は、今後ゆっくり堪能しよう。


99.jpg

早速今宵の夕飯は新潟土産の たれカツ、漬物、枝豆で、美味しかった、では また来年。

nice!(61)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

2017 夏休み 前編 - 日光、鬼怒川、郡山 [旅]


■ 某月某日: 夏休み初日 晴れ

6:00 起床 荷造り。8:30 ゆっくり自宅出発。 稲城大橋 経由 府中スマートから中央道下り、
八王子JCT から圏央道を北上し 東北道、昼頃 日光宇都宮道路 今市IC 出口から程なく。


けっこう漬本舗 今市インター店

00.jpg

地元漬物店が展開する御食事処 に到着。 奥座敷に通される。


01.jpg
 
事前の打ち合わせ通り、今回は昼から女房に運転を委ねるため、恐縮の昼ビール。
乾杯、 ・・・美味ぇ(笑)


02.jpg
03.jpg

次々と運ばれてくる田舎料理がとても美味い、ご馳走様でした。


では、3年前に訪れた酒蔵へ。 実は3年前 ぶーたろうが運転し 女房が試飲した事を何時までも
覚えていた為、今回はそのリベンジ(笑)


渡邊佐平商店

05.jpg
06.jpg

"自然醸 清開 特別純米 生" と "日光酒蔵仕込み水サイダー" を購入。

次、

08.jpg
09.jpg

人も少なくガッツリ試飲させて頂いたくも、話の流れで 良い酒を購入する方向になりつつ、
思案していたら 途中から酒蔵見学を終えた団体バスツアーの方々で溢れかえり うやむや。
何も買わないのも何なので、売店にて ”日光路ミニおちょこ付” を購入。

さて、ホテルに向かうにはまだ早く もう1軒の離れた酒蔵に向かおうか、どうしようか、
と悩んでいたら 標識に "日光の社寺 9km" とある。

あれ? そんなに近かったっけ、じゃ行ってみるべ、 と向かったら、道は案外空いていた。


日光 東照宮

10.jpg
 
実はぶーたろう、これが初 東照宮。
東京生まれ神奈川育ちの女房曰く、関東の小学生はもれなく 修学旅行で訪れるそうで。


11.jpg

世界遺産の社寺
を堪能しつつ、 先に進むと 一人 ¥1,300 からの拝観料に長蛇の列。
初めて訪れたとは言え、この世界遺産にそこまで想い入れがある訳ではないので・・・。


上島珈琲店 日光東照宮店

12.jpg
 
此方へ向かった(笑) 涼しい店内、乾いた喉にアイスコーヒーが染みる。 ご馳走様でした。

気づけばよき時間となり 宿へ向かう。 247号から会津西街道を左に折れ30分程で定宿到着。


13.jpg

今回は 6階のツインベッドルーム、 山側の景色が望める部屋だ。


14.jpg
 
ベランダから下を覗くと 鬼怒川渓谷、川水の流れる音色が心地よし。
早速温泉三昧、湯上がりビール、うたた寝 のゴールデンコース。

まだ日の高い夕刻 起床、ホテルを出発。 目指すは 前日予約しようと電話をかけるも、
"予約はできないので お早めに起こし下さい" とさらっと言われた此方のお店。


居酒屋 さっちゃん

15.jpg

なかなかに渋いロケーション、店内に流れる演歌の有線が グッとくる。
開店直ぐなのに 常連地元民の先客3組、 我々は引き戸近くのテーブルに陣取る。


16.jpg
 
"さっちゃん" と思しき女将に瓶ビールをオーダー、お通しはお馴染み 鰊の山椒漬。
では、乾杯。 今日のおすすめメニューは 此方、

99.jpg
値段の記載はなくとも、通常メニューから大凡は想像がつくというもの。


17.jpg
刺身の盛り合わせ

18.jpg
イワシポンズ

19.jpg
 山芋揚げ出し

20.jpg
とり皮のスタミナ焼き

21.jpg
チヂミ

他にも幾つか呑み食いさせて頂いたのだが、想像の上を行く(失礼) レベルと心地良さ。
ご馳走様でした、是非 また来たいものです。
実際 宿で 呑み食いする際の半額以下なのだから、面倒でも出かけたくなる。


22.jpg
 
続きは 昼間買った地酒で部屋呑み。 はぁ 旨い、 お休みなさい。










■ 某月某日: 夏休み2日目 曇り
気持ちよく目覚め ベランダの戸を開けると、涼しい風が部屋に舞い込む。時間までゴロゴロゴロ。
10:00 チェックアウト、鬼怒川沿いの気持ちのよい並木道を抜け、矢板ICから東北道を北上。
出発から一時間半程で 郡山南IC 出口へ、 ドリームランドを右手に望む

24.jpg

左右に水産棟 と青果棟 に別れた 大型市場は、
"全国公設地方卸売市場協議会に加盟している市場としては 日本一の規模"
との事。Wikipedia より

本日の昼飯は 管理・関連店舗棟 にある此方へ、


市場食堂

25.jpg

ざっと見渡すと食事ができるのはこの店だけらしく、 観光客向けと 施設の職員向けに
豊富なメニューを揃える。  ¥500 からの普通の日替わり定食 も美味そうだし、
めちゃくちゃでかい 生まぐろジャンボ串揚げ が付いた  生マグロ尽くし も魅力的だが、


26.jpg
女房 : 海鮮丼 ¥790

27.jpg
ぶーたろう : 刺身定食 ¥1,280

この値段にしてこの内容、海の無い郡山で 素晴らしい魚介を頂き二人共満足。
次回、是非 生マグロ尽くし にチャレンジしたく、ご馳走様でした。

約束の時間まで 自ら運転する女房の買い物にお付き合い。

15:00 長男の住むマンションへ到着。 おっ、めちゃくちゃキレイに片付いている(笑)
一息ついたら、直ぐ近所にあり 70店舗が集まる ネイバーフィド型ショッピングセンター
にて 飲料食料生活品の買い物。続いて 郡山ドンキでもあれやこれや買い物。
遠慮する息子に無理やり諸々を買い与え、我々は一旦ホテルにチェックイン。

そして此方も予約の出来ない店なので 17:00 口開けで店にて待ち合わせることに。


和泉

31.jpg
 
年一、夏のお楽しみ、3年連続3度目にして 初の口開け一番乗り。


32.jpg

息子が来るまで 我慢できずに乾杯。 程なく到着、改めて乾杯。


33.jpg
もろきゅう

35.jpg
ハムカツ (裏メニュー)

36.jpg
メンチカツ (裏メニュー)

38.jpg
オニオンスライス

40.jpg
41.jpg
串焼き各種

呑みながら息子の近況を聞くと、なんと 来春までに 高い確率で転勤移動があるそうで。
そうなると 通い慣れたこの街も、そしてこの店とも 縁遠くなってしまうやも。
そうか・・・、郡山 いい街だったな、転勤前に 新幹線でもう一度来たいなぁ。

と、若干しんみりしながら ご馳走様でした、もしかしたら、また来ます。

2軒目は 息子も行ったことがなく、気になっていた店だそうで、


ハシゴ

42.jpg

メインの串揚げと各種料理が頂ける比較的新しく広い店内は、結構な人の入りだ。


43.jpg
 
お代わりし放題のキャベツをつまみに ハイボール で乾杯。

 

熱いの分かっていながら、上唇の先を火傷するバカ親父(水ぶくれの巻笑)


45.jpg

各自オーダーした串揚げを美味しく頂きながら 楽しい酒宴は遅くまで。


46.jpg
 
〆は会津名産 てまり蕎麦。


47.jpg

デザートは 抹茶アイス、で終了。ご馳走様でした。

楽しい時間は過ぎるのも早く。 息子と別れ際に握手し、握り返されたその力強さに
染み染み とする 酔っぱらい夫婦なのであった。  んじゃ また、元気で。

nice!(64)  コメント(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

汗だく親父 九州泥酔酩酊の巻 [旅]


■ 某月某日: 通常営業 曇り

この週を乗り切れば後はヒマヒマ、気分は既に8月のサマーバケーション。
午前中来客2件、何れも 冒頭の名刺交換と最後のお見送りのみ。いわゆる一つの挨拶親父。

本日のランチは 電動自転車で倉庫へ向かう道すがら、久しぶりにこちら、

中華そば ふくもり

00.jpg
背脂肉そば ¥970

油 & 脂マニアにとっては なんとも魅力的なネーミング(笑)  お味も名前負けしていない。
あー美味かった、ご馳走様でした、また来ます。

午後から倉庫で入荷したての米国製品の点検と検証をじっくり。 良しっ、これで行こう。

業務終了後真っ直ぐ帰宅、お~ なんと嬉しい届け物が。


01.jpg

実家から紅ズワイが2杯、早速とっておきの 新政 No.6 S-Type で、
カニ味噌チビチビ & 冷酒グビグビ、美味すぎて気が遠くなる。 両親様 ご馳走様でした。










 ■ 某月某日: 通常営業 晴れ

海外大手某社から業務提携の打診。大変魅力的ではあるが今の体制じゃちょっとな。
人を増やすだけでは乗り切れんだろうし、 さりとてせっかくの話を反故にも出来ず。
うーん、結論を急がれてもなぁ。 なんか夏休みどころじゃなくなってきたぞ。

頭パンパンになりながらのランチは 用賀の、

02.jpg
もりそば中 ¥810

いつも この店で もりそば中(450g) を食いながら、あー 大(550g) を頼めばよかった、
と 後悔するも、健康的にはこれで良し。 美味かった、ご馳走様でした、また来ます。

午後は 明日からの出張で しばらく会社のデスクワークが出来ないため、溜まりに溜まった
事務処理を 嫌々 テキパキと熟す。

業務終了後 女房と渋谷で待ち合わせ。 向かうは、

03.jpg

実は懇意にしている方から 同店の期限切れ寸前利用券を頂戴し、せっかくなので。
嗚呼 銀座ライオン、昔はよく行ったよな、何年振りだろうか。


04.JPG
 
当然 サッポロ生ビール 大ジョッキで乾杯。 プハァ、美味い!(以降お代わり繰り返し)
女房殿、後は遠慮なく好きなものを頼んじゃってください。


05.jpg
おとなのポテトサラダ

06.jpg
15品目の和風サラダ

08.jpg
ごぼうのフライ

09.jpg
おつまみサーロインステーキ

07.JPG
エビス プレミアムブラック

11.jpg
魚介たっぷりメリメロ焼き

12.jpg
 旬野菜と生ハムのクワトロチーズ焼き

10.JPG
Dewars 12年 ハイボール

他にも沢山 あれやこれや・・・
Yさん、ご利用券全部使い切りましたよ!  って呑み過ぎて食い過ぎ(笑)
たまには良いね、ビアホール。 いやはや ご馳走様でした。また来ます。
お休みなさい。











■ 某月某日: 出張初日 曇り

昼から原宿某学校。 ホール改修工事の下見と 最新機材の現場プレゼン。
担当営業としては大変恐縮ながら、途中で中座することは伝達済み。
時間になったので スー と風のように立ち去る(笑)

JR原宿駅から品川経由で羽田空港、 15:00 フライト、16:45 福岡空港着
そのまま向かうは、

大相撲 九州場所であったり プロレス会場としても有名なこのホールが今回の仕事場。
明日から2日間開催される展示会に出展、既に前乗りチームは汗だくでブース設営中。
この会場のすぐ裏手には、

22.jpg



博多港国際ターミナル

23.JPG
 
韓国からか、中国からか、初めて見る様な巨大な客船が停泊中。
他にも周辺には 国際会議場や、コンサートでお馴染み マリーンメッセ等の施設が集まる。

程なく設営も終わり、一旦ホテルにチェックイン。素早くシャワーを浴びて即出発。


24.jpg

昨年末のお仕事では大変お世話になった(特に夜の部)中洲界隈に繰り出す その前に、
一応手掛けた施設のその後の様子を見学に、現場へ向かう。


25.JPG

人気アニメキャラの 3Dプロジェクションマッピングから、期間限定 祇園山笠ヴァージョンに。
正に男臭い 褌姿の男衆が、大画面の中を 所狭しと練り歩く(笑) ショウが終わり、
同行した後輩や懇意にしている映像会社スタッフに、施設や機材の概要を丁寧に解説。

終了後、特に店は予約してない というので、スポンサー自ら(俺の事) 店に電話を掛ける。
こちらも 昨年末は何かと お世話になった店、
 
前回までは1階のカウンターやテーブル席だったが、6人で訪れたら初めて2回に通された。
ではでは、明日からの展示会出展、頑張りましょう、で乾杯。


27.jpg
 
いつもの鉄板もつ焼きとか、


28.jpg
 
いつもの めんたい玉子焼きとか、他あれやこれや 等々々、
ビール焼酎酒ビール酒 が次々に気持ちが良い位空いていった、結果ベロベロ。

ご馳走様でした、美味しかったです、また来たいです。


次、
 
おお、人気店にすんなり入れたか。


30.jpg
 胡麻カンパチ

31.jpg
鰯刺し

実はここら辺り よく覚えていなく(笑) そして、

32.jpg

久々に 撮った覚えのない念写ラーメン、実に美味そうではないか(笑)
とりあえず (誰が払ったのか覚えてないけど) ご馳走様でした、また来たいです。

えーと、実はもう1軒 バーに行ったらしいのですが、記憶も写真もありません。
お休みなさい。










■ 某月某日: 出張二日目 雨

強烈な二日酔いで最悪の朝を迎えるも、時間は容赦なく進み 展示会初日を迎える。


34.JPG

地方ながら 結構な規模、悪天候ながら そこそこの出足。

こまめな水分補給が功を奏して、昼前にはかなり体調も戻ってきた。新規の顧客と会話も弾む。
昼時は交代で休憩をとり、各自食事にありつく。 本日のランチは、


博多豊一

35.jpg
スーパー海鮮丼 + アラ汁 ¥1,280

この内容にして嬉しいお値段、とても美味しかった、ご馳走様でした。

普段お会い出来ないお客や同業者と貴重な話ができ、充実の初日終了。


夜は昨夜のメンツと懲りずに呑み。"どこでも良いからお前らで決めて" と言ったら、


博多もつ鍋処 梟

36.jpg

山芋入りの モツ鍋が美味しかった。 ご馳走様でした。

なんの反省もなく、酔っ払うも 店からホテルが近かったので 1軒で終了。
めでたしめでたし、お休みなさい。










■ 某月某日: 出張3日目 曇りのち晴れ

展示会は2日目 最終日、午後から日も差し 強烈に蒸し暑くなるも、客足は上々。
今回初めての出展で 様子を見に来たわけだが、総合的に判断して 来年も申し込む予定。

本日のランチは 会場から徒歩8分


貴龍軒

37.JPG

どうしてもラーメンが食いたくて、ネットで検索した結果 たどり着いたのが こちら。
外観からして かなりボロいが、中に入るともっとボロい (というか散らかっている)

でも おばちゃんの接客は ◎
チャーシュー麺、と言いかけたところで 食い気味に "固めで良い?"
それと 焼き飯、と言いかけたところで "半分ね"  (笑)  さすがである。


38.jpg
チャーシュー麺 ¥530

39.jpg
半焼き飯 ¥250

美味い。 そしてこれはチャーハンではない、間違いなく "The 焼き飯"だ。
ご馳走様でした、いつかまた来たいです。

午後も充実、17:00 無事出展終了、撤去。
汗だくになりながら完了、一旦ホテルに戻り シャワーを浴び、TAXYで親不孝通り

メンツは、キー局のTVスタッフ、地元の大口客、大手メーカーの九州支局 という
錚々たるメンツ。 今回の展示で ちょっと大手メーカーに貸しができたので、今宵の
打ち上げ仕切りは、九州支局長、期待が高鳴る中、連れてこられたのが、
 
地元民が普段使いでも通えそうな価格帯ながら、出て来る料理がどれもこれも美味すぎて。
面子が面子だけに、写真を撮るのも憚れるが、ゴマサバのあまりの美味さに 盗撮気味にパチリ。

遠慮なく呑んで食ってしまいました、ご馳走様でした。


次、2軒目

志まる

写真なし、瓦そばが美味かった。また行きたいので記録用に記す。 ご馳走様でした。


次、3軒目

中洲のBar、またしても記憶無し。



33.JPG
 
ホテルへの帰り道、良い気分でこんな写真を撮っていた。

この時点では、翌日再び強烈な二日酔いで、楽しみにしていた 元祖長浜ラーメン や、
空港近くの天麩羅店にも全く行けず、ラウンジでただただソフトドリンクを飲む羽目に陥るとは、
夢にも思わない 酔っ払いバカ親父なのであった。

nice!(70)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

梅雨明けヘロヘロ 天麩羅親父が行く、 浦安沼津箱根御殿場編 [旅]


■ 某月某日: 通常営業 曇り

午前中 中国出張の報告会、終了後 午後からの打ち合わせで舞浜方面へ。
思いの外早く着いたので、本日のランチは 浦安魚市場 ・・・、 うっ、並んでいる。


味館食堂


01.jpg

まずいな、打ち合わせに間に合うかな、と思いつつ列に並ぶと直ぐに 1席だけ空きができた。
そして ぶーたろうの先 6人が全て二人組だったため、快く譲って頂き 即着席、恐縮です。

混んでいたのは どうやら 最近またしても TV番組で紹介されたそうで、成る程 なら仕方ない。


02.jpg
海鮮丼 ¥900

毎回良いネタを使っているので 当然美味い。
実は隣の先客二人が食っていた 天丼、これがまた美味そうで、 次回試してみるか。
ごちそうさまでした、また来ます。

打ち合わせは 願ったり叶ったり、嬉しいやら悲しいやら、四苦八苦 の内容。
どっと疲れる。










■ 某月某日: 通常営業 雨のち曇

自宅近所の多摩市民館で兄弟会社主催 セミナー & 展示会、初日。

過去利用していた 宮前市民館より 比較的新しいホール。
天気が良ければ自転車で5分、歩いても15分程の距離なので 個人的には楽チン。


04.jpg

地元民にとっては運転免許更新の際の映画上映でお馴染みのホールも、 業界関係者が
多数詰めかけるとなると、気分も新た。

昼飯は、ホールから徒歩1分。休日はいつも行列で 近所なのに なかなか入れない店、

05.jpg
かしわ天 ぶっかけ大 ¥800

久々に食ったが こりゃ 相変わらず美味いや、かしわ天 最高! ご馳走様、また来ます。

夜はこちらを貸し切り懇親会、2次会はいつもの奴等と あちらで、移転後初めて。
呑みすぎて 久々の記憶喪失。 近所なのにTAXY で帰った と思われる。











■ 某月某日: 通常営業 曇り

二日酔いで気持ち悪い中 セミナー & 展示会二日目。


07.jpg

プロが見守る中、ライバル会社とのガチンコ機材対決が、面白くもあり恐くもあり。

本日のランチも 2日続けて 近くて美味しい 讃岐うどん 宗 にて、


08.jpg
Mix天 ぶっかけ大 ¥700

美味い、そして安い。 そして大きな舞茸天 x2 + 大きなちくわ天 は食い応えあり。
ご馳走様でした、また来ます。

閉会後撤去、終了後 後輩を連れていつもの こちら に行くも、関係者だらけで早々に退散。
疲れはピーク。










■ 某月某日: 通常営業 晴れ

大きな仕事が一つづつ片付いてゆく。 残すは来週の国内出張だけだな。
本日も舞浜方面へ、午後の納品前に 本日も 浦安魚市場味館食堂


09.jpg
大海老天丼 ¥900

嗚呼、これも美味い。 やはり親父の腕は確かだ。 ご馳走様でした、また来ます。

無事納品終了、次回からは深夜作業。昼夜逆転、国内時差に対応する心づもり。









■ 某月某日: オフ 晴れ

つかの間の休日。 8:00 自宅出発、

12.jpg

9:30 沼津港着。間近で見る ”びゅうお” はでかい。
沼津港周辺をうろつきながら、

 
13.jpg
14.jpg

今朝は有名店で朝食を。

おはようございます。 既に8分の入り、この直後 満席になります。


16.jpg

"この商品はビールではありません" で乾杯。


17.jpg
あら煮 ¥300

この甘じょっぱくて山盛りのあら煮を食いにこの店に来ていると言っても過言ではなく、
以前は食べ切れない分をテイクアウトしたのも 良き思い出。


19.jpg
女房: ワイワイ丼 ¥1,560


18.jpg
ぶーたろう: 天丼 ¥900

なんか最近天ぷらばっかり食っているな 俺(笑) 美味しかった、ご馳走様でした。


20.jpg

食後港でブラブラ、市内ショッピングでもブラブラ。

そんじゃ ちょっと早いが宿へ向かうか。 急ぐ旅ではないので いつもの1国をのんびり。
三島を経由し山道を登りかけた所で、見慣れぬ施設と数多くの駐車・・・ ん? なにこれ

21.jpg

全長400m 日本一長い吊橋。
正式名称は 箱根西麓・三島大吊橋、静岡のパチンコ店が40億(!) かけて作ったそうだ。

そういえば以前から ここを通る度、何か大きいものを作っているなぁ、と思っていたのだが、
最近 御殿場経由が多かったので 完成したのを気づかなかった。大人@¥1,000 也 で入場。


22.jpg

天気が良いと富士山と駿河湾を両端に望む絶景を拝める。


23.jpg

そして床部がメッシュなので下が丸見え、スリル満点。
途中おじいちゃんが怖さのため動けなくなっていたけど、ちゃんと戻れたかな。


24.jpg

往復した後スカイガーデンで休憩。つかの間のんびり、女房は買い物。
良き時間潰しが出来たが、次 しばらくは来なくてもいいかな(笑)

その後箱根関所を過ぎ1国を芦ノ湖畔で左に折れ、大好きな緑の山道をのんびりドライブ。


25.jpg

程なく定宿に到着。


26.jpg

今回は緑が眩しい和式ベッド室。 早速のんびり温泉に浸かり、マッサージチェアでうたた寝。
部屋に戻ってビールを呑み干し、ベッドでまた うたた寝。
予約時間が近づきホテルを出発 徒歩10分、いつもの店到着。
 
31.jpg

今晩は、お邪魔します。

 
32.jpg

アサヒ プレミアム 熟撰 で乾杯。


33.jpg
洋風うな玉

34.jpg
ごぼうスティック

35.jpg
 今宵の隠れ酒: 酒井酒造 五橋 「Z five・グリーン」 純米生原酒

メッチャ旨い。


36.jpg
鶏肉と根菜の煮物

37.jpg
 ナスの肉みそ

38.jpg
Chateau Lardeau, Bergerac

いつものフランスワインが 変わらず旨い。 そして〆は、


39.jpg
カレー と ナン

満足。 幸せが満ち溢れてきた。 ご馳走様でした、また来ます。

いつもなら あと1軒程寄りたい処だが、なんか満足しちゃいました。


40.jpg

部屋でおとなしく呑みます。お休みなさい。










■ 某月某日: 二日目 曇り

熟睡起床後 朝湯、出発時間までのんびり過ごす。
9:30 チェックアウト 出発 9:55 到着


御殿場プレミアム・アウトレット
 
51.jpg

ササッとあれ観て、ササッとこれ買って、ササッと終了。 では朝昼兼用飯を、
アウトレットから車で5分。


手打ちそば 金太郎

52.jpg

さすがに有名店、朝から繁盛。


53.jpg
 NIIGATABEER NON ALCOHOL

で乾杯。


54.jpg
自家製刺身こんにゃく

美味い(笑)
そしてメインへ、


55.jpg
女房: 御殿鶏そば

別名 御厨(みくりや)そば は、御殿場地方 の農家に古くから伝わるそば、 詳細
味見したが、結構美味かった。


56.jpg
ぶーたろう: もりそば 黒

田舎そば 特有の香りと歯ごたえがたまらなく美味い。
満足、ご馳走様でした、また来ます。
つかの間の休息でリフレッシュ、夏休みまで全力で頑張る所存。

nice!(63)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

渡中 2017 広州編 [旅]


■ 某月某日: 出張初日、曇り (到着地晴れ)

7:30 羽田空港国際線 ANAカウンター前集合、荷物を預け 各自自由行動。
せっかくなのでラウンジで朝飯でも。


01.jpg

カレー蕎麦と生ビールを頂く。
着いてすぐ企業訪問なので、もっと呑みたい気持ちを抑えつつ、


02.jpg


9:10 機上の 人となる。 目指すは広州白雲国際空港、実は初めての中国。
昔からちょっと敬遠していたのだが 色々あってとうとう行く羽目に。


03.jpg


機内食は和をセレクト。気がつくと ”特別純米 みむろ杉” のボトルが置かれる。
あれ? まいっか。  白米は食わず おかずだけでチビチビ。

行きの便では未見だった「君の名は」 をじっくり観賞。
想像以上に面白く、軽く感動してしまう。

その後 起きているつもりが 読書中にうたた寝、着陸の衝撃で起床。
無事、人生初の 中華人民共和国入国後、 メーカー迎えの車に乗り込み約40分。


04.jpg

初日 は一社のみの E社に到着。 広州はとても暑い、 一見して空気はきれいに思われる。

同行者は社内スタッフ2人。1人はセールスエンジニアの後輩、1人は海外担当の20代女性。

彼女は両親が朝鮮族の中国人で、言語は 中韓英日 ペラペラのマルチリンガル。

ペラペラと書いたが、実は日本語が一番苦手で、たまに起きるトラブルがまた楽しい。

今回の出張は3泊4日着いて帰る日まで、ギッシリ企業訪問のスケジュールが組まれる。

当然オフ日は無いが、なんとかやりくりして時間を作りたい。



05.jpg
 
こちら、思いの外会社の規模も大きく ショールームは日本の大型ライブハウス並みの規模。
工場視察後、先日入荷した評価機の感想意見を述べ、今後の展望を熱くセッション。
気が付くとあっという間に時間が過ぎ、充実 且つ濃厚な手応えを掴み 初日終了。

高級車でホテルまで送って頂く。


06.jpg

広州中心部 天川区 到着。  広州は想像していたよりかなり都会、尚且つとても大きな都市だ。
当然人の数も とてつもなく多い。



今回の宿は、天河地区の5星ホテル

广州建国酒店

07.jpg
 
位置は この辺。 高層最上階の天井の高い部屋、なかなかの高級感。


08.jpg
 
バスルームの注意書きは 漢字と英語。 中国人が来日した際、漢字の表記でなんとなく
意味が分かる と言っていたのは 逆のパターンでも成立しそうだ。

日本との時差は1時間。なので時差ボケもなく普通に過ごせる。 じゃ、ご飯行くか。


今宵は手近に ホテル真向かいにある 広州東駅直結 广州 AEON MALL (イオンモール)内、
数ある店から 後輩がセレクトした、


某火鍋屋

09.jpg

青島の 純生瓶ビール で乾杯。


10.jpg
 
パクチー食べ放題は嬉しいが、本場の火鍋は 辛いのなんのって。
日本では辛いもの好きのぶーたろうでも かなりきっつかった。とりあえず、ご馳走様でした。


深夜、胃から腸ににかけて 久々の激痛で目を覚ます、そう 昔あったあの感じ。

結局 出口で二次災害を起こすも、出し切ったらケロッと収まり、再び深い眠りにつく。










■ 某月某日: 、中国出張二日目 晴れ

ケツに火がついた一夜が開け、体調万全、豪華朝食バイキングが美味い。
二日目と三日目は専属運転手を雇う。同行の中国人女性の知り合いのドライバーだ。

中心地から北へ1時間、本日の一社目は、弊社とは比較的長い付き合いの L社。


11.jpg
 
この会社は米国にも多くの製品を供給し、先頃 フロリダの あの遊園地にも製品を納めている。
そして、今回訪問した会社の中で 最大級のショールムは、まるで劇場の中ホールクラス。

途中 冷えたライチを沢山出してくれて それがとても美味しく、帰り際にも 二箱分の高級ライチを
土産に持たせてくれた。でもね、残念ながら日本の検疫ではアウト。 中国輸入規制一覧
ドライバーさんに沢山食べてもらいましょう。


昼飯は 近場の食堂、全員の勘を働かせ 1軒に絞る。キレイな店ではないが、他より混んでいる。

地元民用達 某食堂

12.jpg

なんかよく分からないサラダ。四角いのは卵白と魚肉を合わせた食材らしい、かまぼこ?
 

13.jpg


桑に乗った 牛肉と野菜炒め。美味い。


14.jpg
 
チャーハン、美味い。
他のテーブルでは 労働者風の男達が どいつもこいつも昼からビールをガブ呑みしている。
真似しようと思ったが・・・止めた、ご馳走様でした。


午後から訪問の2社目は、此処数年 取引量が急に増えたV社。


15.jpg
 
あれこれ新製品を次から次に見せてくれるので飽きない。が あっという間に時間が過ぎる。
バイタリティ溢れる女性営業からグイグイ売り込みをかけられタジタジ。
時間がなくなったので、再会を誓い、次の会社へ。


移動に30分、予定より1時間半も遅れて3社目 E社到着。
コチラ業界大手、欧米へも大量に輸出を果たし、弊社との実績、信頼関係も厚い。


16.jpg

大きな工場を駆け足で視察後、ショウルームで最新機材を細かく検証。

10機種以上見せてもらったが、全てに差し障りがあり 写真を掲載できない。


18:00 に終了する予定の会議が 19:30を過ぎても終わらなかったので、

迷惑をかけられず 途中で自粛し、終了。 かなりの充実度であった。

遅くなったのでホテルには戻らず旧市街地へ直接送ってもらい、ドライバーさんとはまた明日。


17.jpg

この辺はホテル近辺とは違い 昔の町並みや並木道で 古き良き中国を肌で感じられる。
知人のお薦めレストランに到着するも、既に closed. 急遽近場で美味しそうな店を探すと、


云海肴

18.jpg
 
かなり人気の行列店とあったが、遅い時間も幸いし、直ぐ入れた。
中国人の彼女曰く、雲南省の中国料理を出す店、との事。


19.jpg

青島じゃないビールを所望すると、見たことあるのと見たことの無いのが登場。

とりあえず乾杯、後は適当に頼んでおいて!



20.jpg
21.jpg
22.jpg
23.jpg
 
後半 撮ってない肉料理もあったが 全体的になかなかに美味い料理であった、
次回のために 此処は覚えておこう。ご馳走様でした、また来たいです。

レストランを出た後 自由行動。 ショッピングを楽しみながらホテルまでブラブラ。
ホテル至近のファミマにて 日本円換算 ¥100位の 酒を幾つか発見。


24.jpg

部屋で 度数56° のキッツイ 中国焼酎を水割りで呑んだら 意外と旨く。

あっという間に空けたら、あっという間に酔っ払った、明日もこれ買おう(笑) お休みなさい。










■ 某月某日: 中国出張三日目 曇り時々雨

三日目は、広州から高速道路で小一時間、揚子江を渡り 広東省 東莞市へ。
今年の春から取引を開始し、TV局の美術セットに即採用され 好評を博した B社に到着。


31.jpg


どの会社も社長やスタッフが若い。次から次へと新製品を持ち出し売り込みに対して精力的だ。
ある程度 販売実績があるから対応も良いんだろうな。 またも予定時間を大幅に超えて訪問終了。

この日の昼食は 本来2件目の会社近くで取るつもりが 遅くなりそうなので近場で済ます。

地元民用達 某食堂

32.jpg

あっ、焼きソバだけ食うつもりが・・・、見切れてしまった(笑) ご馳走様でした。

広州への戻り道、またしても揚子江を渡る際、車窓から見えるそのスケールのあまりの大きさに、

写真を撮るのを諦めた。 なんかゆっくり此処等辺を観光したいなぁ、けど時間は全くない。

高速道路を小一時間で 広州市南沙区 にある F社に到着。


33.jpg
 
無名であった同社は此処数年 その技術力でヒット商品を連発、対応の良さもピカイチ。


34.jpg

今年の秋から年末にかけて発売を予定している、新製品のプロトモデル2機種が凄い出来。
あーコレも売れるだろうな。 後半、カスタマイズ製品の作成依頼を2件、熱いやり取りの後 終了。

本当はもっと早く終わるはず だったのにー、何処のメーカーも中々帰してくれない(笑)

本日もホテルに戻らず 後輩のリクエストに従い 天河区電脳街 の電脳城 へ。
ドライバーさんとは此処でお別れ、2日間お疲れ様でした。


短い時間で其々が土産を購入後、昨日入れなかったレストランへ早めに向かう。



35.jpg


中国式地下鉄初体験乗車也。


36.jpg

この日は雨が降ったり止んだりのあいにくの天気なれども、段々中国にも慣れてきて楽しくなってきた。
でも何時も慣れてきた頃には帰らなければいけないのが旅の常。

今宵 中国最後の夜ご飯は、知人お薦めのレストラン、

陶陶居

37.jpg
 
地元の広東料理から飲茶まで幅広いメニューでお出迎え、
かなり広い店内にも関わらず早い時間から大勢の客が詰めかけるも、無事すんなり着席。


38.jpg
 
各自食べたい飲茶をオーダしつつ、地ビールで乾杯、お疲れ様でした。
其々をシェアしながら普通の料理も頼む、というか 毎度適当におまかせします。


39.jpg
40.jpg
41.jpg

実はこの倍位オーダーしたのが、同行スタッフが若いので 気持ちが良い程の食いっぷり(笑)
そして知人お薦めだけあって めっちゃ美味い。次回用に此の店も要チェック。


42.jpg

今宵最後にして、本日2食目の焼きソバも とても美味かった、ご馳走様でした。
また来たいです。


プチボッタクリTAXYでホテル迄(¥400位のところを¥700程請求されるの巻 笑)
昨夜の 度数56° ¥100 中国焼酎をまたしても購入、水割り呑みながら帰り支度でパッキング。










■ 某月某日: 4日目帰国日 晴れ

高級朝食バイキングを済ませ 朝8:50 チェックアウト、9:00にメーカーから迎えの車。
帰る直前までびっしりスケジュールを入れてくれる 弊社中国人スタッフに心から感謝(笑)


45.jpg

最後のL社も ここ最近取引を始めた会社ながら、日本でもモーターショーのコンベンション機材が

複数社で即採用された実力会社。


46.jpg
 
この会社も立派なショウルームと応接ルームが完備、最後に見せてもらったプロトモデルが強烈。
まだまだ話し足りないようだがフライトのお時間です。
社長からのミッションでサンプルレンズ12枚を各自のトランクケースに詰めたら今回のお仕事終了。
広州白雲国際空港 まで高級車で送ってもらう。


とりあえず出国手続きを済ませ、時間を決めゲート前に集合するまで自由行動。
せっかくだから中国のラウンジで 最後の青島。


51.jpg

事前情報と違い 中国本土で食う中華料理はどれも美味かったなぁ、と 後は帰るだけなので

これで本当に最後の青島、といいつつ 何本もグビグビ。

それでも時間があったので 残った中国紙幣で追加土産をどっさり購入。


52.jpg

初めての中国訪問、自身の中では意外と高評価。 国としても ビジネスとしても。
しかし、弊社の中国人スタッフが居ると居ないとではその評価も大きく違うだろうな、
業務連絡: 次回も一緒に行こうね Pちゃん(笑)


53.jpg

毎日 中国料理と中国酒だったので 和食が染みる。
行きの機内で呑んだ”特別純米 みむろ杉” を帰り便でも呑んでるバカ親父(笑)

機内映画は ”美女と野獣” と迷って 結局  ”LOGAN/ローガン” まあまあの出来。


54.jpg

羽田空港着陸直前、今週末から通い詰める 舞浜の遊園地が眼下に広がり 思わず 我に返る。
あたふたどたばたせずに済みますように、とそっと手を合わせる。

nice!(68)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

水無月ジトジト 嵐の前のヘロヘロ酒編 [酒]


■ 某月某日: 通常勤務、曇り

来週の海外出張、翌週の展示会出展、翌々週の遊園地諸々設営 等々の準備。
って言っても 夫々担当の部下に細かく指示するだけで 自身は束の間 平穏な日々。

本日のランチは


 塩チャーシューワンタンメン + 海苔(クーポン)

変わらず美味い。そして相変わらずの繁盛振り。
11:30 の開店時 or 13:30 過ぎの来訪がお薦め。 ご馳走様、また来ます。


夕刻 横浜の副社長と緊急会談のため新横浜へ。  って 余裕こきすぎて早く到着。
よし、0次会だ。  駅構内でどこか良いところ無いかな・・・・  ん?  おっ?

99.jpg

これだ(笑)


焼鳥倶楽部

01.jpg

生ビールAセット、下さい。


02.jpg

乾杯、 あー良く冷えてて 旨ぇ。

 
03.jpg

枝豆以外は日本酒に合うツマミだな、頼もうか どうしようか 迷っているうちに
お時間となりました。  税込み ¥540.也 ご馳走様でした。

18:00 約束した店へ、


すしやの河岸

久しぶりに来たら店内がリノベーションされ、とてもオシャレに。 では 何時ものおまかせで。


04.jpg
05.jpg
06.jpg
07.jpg

横浜の副社長が行きつけにしているだけあって、入荷したての特選素材が次々と、
生、造、焼、揚、煮 と 夫々に丁寧な仕事が垣間見られる。


08.jpg

十分堪能したので握りは要らない と告げると、〆の椀で 一口うどん登場。
常連の副社長も初めて食べたそうで、出汁が効いていてとても美味かった。

今回も奢ってもらって恐縮、ご馳走様でした。 次回、また来たいです。

緊急会談の懸案事項は、無事2社間の合意がなされ いよいよ次は本丸。










■ 某月某日: 通常勤務、晴れ

午前中社内会議、後 仕入れ業者来訪 打ち合わせ。

本日のランチは


さちろう
 
10.jpg
豚キムチ定食 + ミニラーメン

安定の美味さ、超満足。ご馳走様でした。
午後、神奈川方面で打ち合わせ2件。
ついでに 普段は会社の倉庫に置いてある サムソナイトのスーツケースを自宅へ運ぶ。










■ 某月某日: 土曜出勤、曇り

休みたかったのだが、溜まりに溜まった雑用片付けと、出張用の資料作りで土曜出勤。
無事、予定時間内に終了。 15:30 女房と店で待ち合わせ。


とん 武蔵新城店

12.jpg

結構好きです この店。

 
13.jpg
Dewar's ハイボール ¥100

開店から1年間限定の ¥100ハイボールが、一年過ぎても未だに¥100、
嬉しくて乾杯。


15.jpg
やみつき もつフリット ¥380

16.jpg
おまかせ 串焼き 5本盛 ¥500
レバー、皮、ネギ塩ハラミ、タン、ハツ

ハイボール2杯でサクッと終了。 ご馳走様でした、また来ます。


次、徒歩2分。 口開け10分前に到着、先待ち客14-15人程の行列に並ぶ。
17:00 開店。 行列先頭の子供連れが入店を断られていた、 店の方針なのでやむ無し。


焼鳥 かとりや 新城店

21.jpg

自由が丘店も好きだけど、此方もかなり好き。


22.jpg

先ずは赤星で 乾杯。


23.jpg
お新香

24.jpg
塩串

25.jpg
 タレ串

26.jpg
樽酒 芳泉

海外出張を無事に過ごせます様に、縁起担ぎの枡塩 で辛口をクイっ て、
美味すぎて止まらなくなるの巻(笑)


27.jpg
椎茸、ピーマン、しそ巻

堪能、満足、やっぱ好きだ この店。 ご馳走様でした、また来ます。

樽酒呑みすぎて酔っ払った。 今週もお疲れ様でした、お休みなさい。










■ 某月某日: オフ、曇り

休日恒例スーパー買い出し後、帰宅しゴロゴロ。
うーん、どうしようかな、天気もすぐれないし。 うーん・・・ よしっ やっぱり出かけよう。

買い物目的で先に出発した女房から遅れること1時間、12:30 最寄り駅出発、
乗換駅で女房と合流、 13:00 仙川駅着


立呑み番兵
 
31.jpg

今や my favorite bar. 心の拠り所。

 
32.jpg

白ホッピーで乾杯。


33.jpg
新玉葱スライス

34.jpg
スジポン

35.jpg
本日の大鍋: キムチ汁

36.jpg
串揚げ for 女房
ソーセージ、レンコンうずら

37.jpg
 串揚げ for ぶーたろう
ナス、玉葱、豚

熱々にウスターソースじゃばじゃば でとても美味し。


39.jpg
春雨サラダ

38.jpg
鮭カマ焼き

40.jpg
塩串 :鶏もも正肉、焼とん

41.jpg
タレ串: 鶏もも正肉 x2

女房が 鶏もも x2、ぶーたろうが 鶏もも、焼とん各1 を食いたかったので、
"3本+1本 タレ塩おまかせ " でオーダーした処、最初に塩串で各一本届き、
おやっ? と思ったら 後からタレもも串2本が届く。

手間を惜しまぬ仕事ぶりが ますますこの店を好きにさせる。


42.jpg
揚げ餅塩コブ

で終了、超満足。 明日も明後日も来たい。 近所にあったら嬉しい店 Top3 確定。
ご馳走様でした、また来ます。


いい具合に腹も膨れたし さっさと帰ればいいんだけど、暫く食えないと思うと・・・

44.jpg
中華麺 ¥850

ご覧の通り、永福町系。 味はもちろん量についても いい具合に継承されている。
普段なら この225g でも良いけど、呑みの後は -¥50 の 150g で十分だったな。
なんとか完食、近所にできて嬉しい店だ、ご馳走様でした、また来ます。

という訳で、夕飯食わずに済んで経済的(笑)

では次週、初めて訪れる彼の国へ参ります。

nice!(80)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

2017 仲夏 北の大地で呑んだくれ 後編 [旅]


前編 からの続き

待望の小樽ランチは 前々日に電話予約しておいた こちら、


魚真

033.jpg

開店5分前に到着したら既に行列、とりあえず列に並んで待っていると 12:00 開店。
先ず 予約客を優先的に案内してもらい、一番乗りでカウンター席へ。


034.jpg

乾いた喉を潤すは 小樽ビール ピルスナー、乾杯。 お通しの海鮮和え もとても美味い。


035.jpg
魚真にぎり 15貫 ¥2,700

夫婦揃って同じものを頼む。そして恒例のトレードがまた楽し。
お好み握りが そこそこ良いお値段なので、客の殆どが各種ランチセットをオーダーしている。


036.jpg

そしてお吸い物ではなく、土瓶蒸しなのも嬉しい。 具を摘みながら呑みたくなって、


037.jpg

北の地で褒めたたえられる地酒 を 昼から2合徳利で頼んでしまうダメ夫婦(笑)
でもお酒が旨くてとても幸せ。
いやぁ美味しかった、(特にイカの握り) ご馳走様でした、いつかまた来たいです。


時間はまだまだたっぷりある、有名観光地を巡ろう。

 
038.jpg
039.jpg

そして プライベートとはいえども、仕事用の演出動画素材収集に余念がなく(笑)



きれいだ。


小樽の仕事で想い起こすは18年前。当時の巨大ショッピングモール "マイカル小樽"の
開業に伴い、今では考えられない高予算で、多岐に渡る 様々な演出に関わった事だ。
(その後 巨額初期投資の負債が重荷になり、運営会社、親会社マイカルが連鎖倒産。
年月を経て 現在は ウイングベイ小樽 として営業中)

という事で、ぶーたろう にとっても18年振りの小樽訪問となった訳だが、当時は
昼夜逆転の突貫工事。もちろん休日なし、観光なし。 元請けから 一度だけ
寿司を奢ってもらったような、もらってないような。 そんな辛い思い出が満載(笑)

18年振りに改めて訪れた 観光都市小樽は、こんなにも素敵で面白い街だったのだなぁ、
と またまた 感慨もひとしお。


040.jpg

朝からたっぷり小樽を満喫したので 未だ時間は早いが、札幌に戻ります。
さようなら小樽、また いつか来ます。

函館本線でのんびりと列車移動。 途中 小樽築港駅 で懐かしのショッピングモールを視認。




小樽築港 - 銭函間は 石狩湾沿いに列車が走り、快晴と併せ とても心地良い。
あー 缶ビール買ってくればよかった・・・。


と、小一時間で札幌駅到着、徒歩で向かうは テレビ塔至近、乾いた喉を潤す場所、


第三モッキリセンター

041.jpg

昭和元年創業の老舗にして有名大衆酒場 にお邪魔した。 では、


042.jpg

生ビール、乾杯。


043.jpg
いか墨入 さきいか

あ、これ美味い。


044.jpg
棒ダラ煮、千歳鶴 にごり酒

なんと 千歳鶴の醸造所は此の店から徒歩9分の場所にあるそうだ。
棒ダラ煮も美味いなぁ。


045.jpg
子持ちししゃも

長年地元民に愛される訳が随所に垣間見える。 いいね、大衆酒場。
ご馳走様でした、いつか また来ます。


一旦ホテルに戻りシャワーを浴びて一眠り。
適当な時間に起きたら腹が減った、札幌最後のディナーは ホテル至近のこちら


さっぽろジンギスカン 本店

046.jpg

数ある名店の中、 ジンギ といえば やはり此処、 階段を登ると、
おっ土曜の夜なのに空いているぞ。

 
047.jpg

座ると黙って人数分出て来る 赤身生ラム皿、 ハーフアンドハーフ で乾杯。


048.jpg

あー美味いなぁ、生ラム肉、タレも最高。 気をつけないとあっという間に無くなりそうだ。

 
049.jpg

焼き野菜は やはり アスパラガス 、この量が嬉しい。

 
050.jpg

肉をお代わり、同時にワインへ切り替える。



店内の雰囲気も良いねぇ。

 
051.jpg

骨付き食って 最後 タレをお湯割りし 終了。
ご馳走様でした、女房も大満足、いつか きっと また来ます。


さて、健康のためには ここでホテルに戻ってもよいのだが・・・、やはり ラーメンか?
いやいや、此処は一つ、


GARAKU
 
052.jpg

締めはスープカレーの有名店にお邪魔した。

 
053.jpg

サッポロクラシック で乾杯。
"りょうばあちゃんのザンギ" は単品での評価が高い逸品、・・・うん、凄く美味い。


054.jpg
上富良野ラベンダーポークの豚しゃぶと7種きのこの森

これも美味ぁい、さすが評判店、大満足、ご馳走様でした、また来たいです。


あー、やっぱ食いすぎた(笑) 、掛かり付け医の渋い顔が目に浮かぶ・・・、
でも、好きなものを呑み喰いできなくて、それで長く生できてどうなるのだ、ん?


055.jpg

生きているからこそ美味いものも食えるのだよ、と そっと自分に言い聞かせ、
人に優しく、自分に優しく、 とりあえず満喫しました。 狸小路さん、おやすみなさい。










■ 某月某日: 三日目 最終日、晴れ
早朝、公園お散歩へ 地下鉄 南平岸駅下車。


平岸高台公園
 
056b.jpg

ぶーたろうは 前回の雪景色 に次いで二度目。夫婦で写真撮りまくり、程なく終了。
すすきのに戻り、朝飯へ、


二条市場

057.jpg

立地が抜群に良い。 これは客も集まるよね。

 
058.jpg

色々と食指は動きつつも、先ずは朝飯を済ませよう。


魚屋の台所
 
059.jpg

朝 7:00から開いているのはとても嬉しい。


060.jpg

帰るだけなので 早朝から サッポロクラシック、お世話になりました、乾杯。


061.jpg
ぶっかけ海鮮丼

贅沢な朝飯を頂いてしまいました、ご馳走様でした。

あらかた買い物は済ませてしまったので、出発まで部屋でのんびり。
後は新千歳空港内で最後のお土産購入、と言っても そちら女房の強い要望なので、


062.jpg
 
一人ラウンジで、最後の サッポロクラシック を頂きながら この旅の想いを巡る。
うん、札幌は仕事で来なきゃ とても楽しい街だな。  ・・・あ、そりゃ何処でもそうか(笑)

-終わり-    前編に戻る

nice!(80)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

2017 仲夏 北の大地で呑んだくれ 前編 [旅]


■ 某月某日: オフ、晴れ
9:30 羽田発 ANA便で 新千歳に向け出発。

001.jpg
 
ぶーたろうは過去仕事で何度も訪れていたが、女房は初北海道。
期限切れ間近のマイレージ消化、仕事無し、完全プライベート、ちょっと嬉しい。


002.jpg

新千歳からJR、11:30 札幌着。 付いて即向かうは駅ビル内の此方、


四季 花まる PASEO店

003.jpg

ぶーたろうは前回の出張に引き続き2度めの来店、此方 昼時は結構な行列店。


004.jpg

先ずは北海道限定 ”サッポロクラシック” で乾杯。
そして今回、同銘柄を呑み倒す旅となる最初の一杯、であった(笑)


005.jpg
ランチセット ¥1,252

大椀はホタテの味噌汁、茶碗蒸しも付いてコスパ良し。
追加で”青そい” と ”炙りえんがわ” を2貫づつ握ってもらい 満足、ご馳走様でした。


駅からホテルに向かう道中、札幌初心者の女房向けに、


007.jpg
008.jpg
009.jpg
 
いかにも、的な札幌の名所を のんびりジグザク歩く。
ホテルはチェックイン時間前だったので、フロントに荷物を預け買い物に出かける。

狸小路から地下街に向かい行ったり来たりを繰り返すうちにチェックインタイム。
シャワーを浴びた後ディナーまでまた買い物、ちょっと喉が渇いたので 0次会、
すすきの交差点角、すすきのビルB1F、


まねき屋 本店

010.jpg

地下鉄直結、カウンターに木製シート のみの大衆酒場にお邪魔した、先客2名。
メインの一次会に影響が出ないよう、@¥1,000 の晩酌セット

1杯目:生ビール
2杯目:焼酎 or 日本酒
肴1:もつ煮 or おでん or (限定)ソイの煮凝り
肴2:串かつ or ハムカツ
肴3:お新香

を2セット。


011.jpg

ソイの煮凝りを サッポロクラシック で流し込む、乾杯、美味い!


014.jpg
串かつ、ハムカツ、お新香2種

012.jpg
 2-1杯目:焼酎水割り

013.jpg
モツ煮込み

女房がセットにはない 焼酎ナポリン割り を所望したため 2-2杯目 ひや酒も呑む羽目に。
いや 素晴らしい。この内容にしてこの金額、フレンドリーな接客。ご馳走様でした。


015.jpg

時間が来たのでビルを出て見上げると、あの有名な伯父さんが微笑んでいた。
おお、此のビルの下で呑んでいたのか、と感慨もひとしお。

次、予約した今宵のディナーは、すすきの交差点から徒歩4分の此方。


開陽亭 すすきの店

函館に本店を置く 人気海鮮居酒屋。

017.jpg
 
本日3回目の サッポロクラシック で乾杯、お通しも美味し。


018.jpg
旭川アスパラガス ゆで

北海道で食べるアスパラガスは 毎回どうしてこんなに素材の味が濃いのだろう。
トウモロコシに近い独特の旨さがあるんだよな。


019.jpg
刺盛り 2人前

020.jpg
塩水ウニ

近海の高級バフンウニを食らう。美味い、 あー 日本酒が呑みたくなってきた。


021.jpg
十一州 純米吟醸

此の地酒が旨いんですわ。 前回の出張で めんめ の主人に教えてもらった旨口酒。
そして 次々に運ばれてくる海の幸達、


022.jpg
活ホタテ貝焼 バター醤油

023.jpg
 地サケカマ焼

024.jpg
カレイの煮付け

たまらなく美味い。


025.jpg
登別牛乳アイス

最後はクーポンサービスの濃厚アイスで〆、ご馳走様でした。
予想した金額の半分くらいのお勘定で超満足、また来たいです。

腹ごなしに夜の狸小路を うろうろブラブラ、すすきの の夜はまったり更けてゆく。










■ 某月某日: 二日目、快晴
快眠後のホテル出発。
電車で目的地へ行くつもりが、前日就寝前に Google MAP で確認したらバス便を発見。
戻りはJR必須なので 行きは路線高速バスで、出発地もホテル至近で楽ちん。


026.jpg

乗客も少なめでゆったり。 高速道路をバスはひた走り、目に飛び込む新緑も眩しい。


027.jpg
 
所要時間 1時間程で 住吉神社前に到着、 更にそこから徒歩10分。


028.jpg

目的地 小樽 到着。 此方口に出すのがこっ恥ずかしい メルヘン交差点(笑)

さて時間はたっぷりあるものの、メルヘンには縁遠いおじさんは何処へいけばよいのやら。
おっ、知っている名前の店がある、

六花亭 小樽運河店

029.jpg

マルセイバターサンド でお馴染み の六花亭。 ショップ 2階に お洒落なイートイン発見。
シュークリーム が ¥90、そしてコーヒーがサービスとな、


030.jpg

じゃ、朝飯代わりに2個食おう(笑)  女房も真似して2個食い(笑)

そしてこれが カスタードクリームがたっぷり詰まって とても美味しく。
のんびりまったりと モーニングタイムを過ごさせて頂いた、ご馳走様でした。


その後、女房がどうしても来たかった 北一硝子の各店舗でじっくりお買い物。
特にクリスタル店とアウトレット店へ二度三度と足を運び、目的の醤油差し 2種、
ロックグラス、ミルクピッチャー、猪口 以上を自宅用で購入。




此のゆらゆら猪口がちょっと気に入って、自宅用と土産用に購入。

他の土産用も併せると、厳重な梱包と相まって 結構な物量になってしまった。
よし、この先の行程を考慮し、宅急便で送ろう、楽ちん楽ちん(笑)

031.jpg

此の古い町並みを歩いて回るだけで小樽はとても面白い、と認識。

他にも 手宮線跡地 とか

032.jpg
 
ふと気がつくと お昼。 じゃ 予約した店へ向かうとするか。

-後編へ 続く-

nice!(61)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

立夏 のほほん酒 本日もブラブラへろへろ [酒]


■ 某月某日: 通常勤務、晴れ
6-7月に国内出張、海外出張、展示会出展2件が 束になって押し寄せる羽目に。

5月中に出来る限りの準備をし、ついでに2週続けて遠場と近場の国内旅行をプラン。
自ら招いた あたふたどたばた作戦が幕を開ける。

本日の昼飯、 最近此処のカレーばっか食ってます。



超美味い! ご馳走様でした。










■ 某月某日: 通常勤務、晴れのち雨
午前中から神奈川の某野球場でメンテナンス立ち会い。


01.jpg

天気良過ぎ、浜風が気持ち良い。

本日のランチは、時間があれば中華街のアノ店とかコノ店だとか行きたかったけど、


揚州商人 横浜スタジアム前店

02.jpg
担々麺(刀切麺) ミニ杏仁豆腐セット

美味い、ご馳走様でした。

メンテ終了後 動作確認時にポツポツ雨が。 おー、 なんとか間に合ったな。
この球場、プライベートで試合を観に来た際も、結構な頻度で降られた経験あり。
仕事的には大変お世話になってはいるが、個人的には相性悪し。










■ 某月某日: 通常勤務、晴れ
オランダから届いた8カートンの大型荷物を、成田から直接顧客の会社へ納入。
量が多すぎて自社には下ろせないための苦肉の策。

部下に数量チェック、目視点検を任せ、別件の打ち合わせへ 暫し中座。
いない間に数量チェックに関する人的ミスが発生し、戻った途端に即謝罪。
結果事なきを得るも、冷や汗の量は尋常でなかった。

業務終了後 失った汗の補給に溝の口、予約した店内で女房と待ち合わせ。


どん

03.jpg

本日も満席、平均年齢も相変わらず高し。


04.jpg

乾杯、マカサラ ¥180 を ホッピー大で流し込む。
じゃ 鉄板の肴達を、


05.jpg
ちくわの磯辺揚げ

06.jpg
ハムエッグ

07.jpg
厚揚げジャコネギ (ハーフ)

08.jpg
タレ、塩 各種串

09.jpg
生すだちハイ、ハラミ網焼き

嗚呼美味い、美味すぎる。 加えて最近食えなかったハラミも食えたし満足満足。
ご馳走様でした、また来ます。

次、いつもの



11.jpg

タイミング良く2席空いてた。では神奈川の地酒を、


12.jpg
相模灘 無濾過本生原酒 純米吟醸 美山錦 槽場詰め

乾杯、 美味い。 酸味と吟醸香のバランスが素晴らしい。


13.jpg
ポテトサラダ

素晴らしい、日本一の評価は揺るがない。


14.jpg
かすみロ万 純米吟醸うすにごり生原酒

15.jpg
焼茄子

16b.jpg
月中天 熟成 山廃純米無濾過生原酒

嗚呼、美味かった。 ちょっと呑みすぎたかな、ご馳走様でした。まっすぐ帰ります。










■ 某月某日: 土曜出勤、曇り
会社のWEB, SNS まとめて更新、YouTube チャンネル 整理、アップロード、 で
あっという間に時間が過ぎて、予定時間にピッタリ勤務終了。 今週もお疲れ様でした。

東横線 祐天寺駅で女房と合流、土曜日 仕事終わり呑みといえば、

21.jpg

いつ来ても混んでるわ、相席でなんとか潜り込む。


22.jpg

元祖レモンサワーで乾杯。


23.jpg
お新香

24.jpg
 レバカツ

25.jpg
(トンビ) 汁豆腐

美味いぞ、ばん! 最高だ、焼酎お代わりついでに ラーメンメニューを、

26a.jpg
メンマ

26b.jpg
チャーシュー、ポテサラ

28.jpg
27.jpg
各種串焼き

31.jpg
山菜の天ぷら

33.jpg
 
そして久々のレモンタワー。 此の店 嬉しいことに2杯目からの焼酎がかなり濃くって。
良い気分で酔っ払ってしまった、 ご馳走様でした、また来ます。


買い物目当ての女房と別れ、祐天寺の駅 には戻らず、徒歩でのんびり学芸大学方面へ。
10年以上通った此の街も、会社が引っ越して早3年、当然 風景も 店舗も 色々変る。
あの頃 この店があったらな、

35.jpg

ここは以前、立ち食いそば屋があって、その後 近江ちゃんぽんの店だった場所だな。

って、実は酔っ払ってこの店 全然記憶に無いんだ、いつもの如く(笑)


36.jpg
ゴールデン酎ハイ (多分)

37.jpg
38.jpg

なんでアテ2種類が 2つとも小魚なの? 俺(笑)  まぁ嫌いじゃないからな。
カルシウム補給完了、ご馳走様でした。

とりあえず 無事帰れたから良しとするが、最近記憶が飛ぶのは良くない傾向、
と 自覚しながら自制なし、人に優しく自分に優しく、おやすみなさい。










■ 某月某日: オフ、晴れのち曇り
朝一 休日恒例スーパーの買い出し。 一旦帰宅後即出発、10:10 到着。

最近他の店も覗いたりしているけど、通い慣れた此の店が やはり落ち着く。


42.jpg

運転を女房に託し朝ビール、乾杯。


43.jpg

いつもの通り、大盛り蕎麦と空猪口追加でシェア、そして美味い、更に満腹。
コスパと満足度が比例するとても良き店である、ご馳走様でしたまた来ます。


深大寺 山号は浮岳山。
 
44.jpg

此の門前町の 風情が好きだ。


45.jpg
46.jpg
47.jpg

健康のため甘味をセーブしている身としては、写真を撮って気を紛らせるつもりが、
ヨダレが貯まりまくりの巻(笑)   暫し心と体をリフレッシュ。

さて、来週末はちょっと足を伸ばしてアノ地へ伺います。

nice!(68)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

G.W. 2017 5連休6連呑馬鹿 後半戦 [酒]


前半戦より続く

■ 某月某日: G.W.三日目、晴れ
女房が朝から友人とお出かけ。 さてと 気楽に一人昼呑みかぁ。

赤羽、上野も考えたけど やっぱ此処だな、

11:00 到着。


b00.jpg

連休最中、当然といえば当然ながら 思った以上の人出に 思わずたじろぐ。


b01.jpg

おお いつもの餃子屋にも見たことのない行列が・・・。 うん、しょうがない。 G.W. だもんな。
で、そうなったらそうなったで 行き先変えるだけ。


CRAFT BEER MARKET 吉祥寺

b04.jpg

アルコール度数7% の 御殿場高原ビール ヴァイツェンボック で乾杯、クー、美味い。
度数は高いが芳醇な香りとコクが堪らない。


b05.jpg
 ポテトサラダ

タブレットで本読みながら、まったりと時間を過ごせた、ごちそうさまでした。
次、世界一好きな店。


いせや北口店

b07.jpg

いつも変わらず、焼酎、炭酸、梅シロップ、 乾杯。


b08.jpg
塩キャベツ

b09.jpg
タレ串 シロ、正肉、皮

b10.jpg
塩串 カシラ、ナンコツ、ハツ

2人で来ようが1人だろうが、此の店は優しく迎えてくれる。全然愛想が良い訳では無いのだが(笑)
ご馳走様でした、また来ます。


さて、どうする。それなりに酔っ払ったし、帰るか・・・ ん?  見慣れぬ餃子の看板。


GyoZa Brothers

b11.jpg

朝食いっぱぐれたのと 安さにつられて入ってみた。 ら、内装めっちゃオシャレ。
餃子店のイメージ皆無。

 
b12.jpg
ハイボール ¥290

乾杯。


b13.jpg
焼餃子 ¥290

普通に美味いのでコスパは高い。が、あえて言わせてもらえば個性が無いか。
店構えも含め ターゲットは若年層、連休の昼間に空いているのは場所が分かり難いからだな。
ご馳走様でした。

では帰る前に、夕飯のおかずを。 二人で並ぶと不経済だが、一人で並べば問題なし。


吉祥寺 さとう

b14.jpg

それがタイミング良くて思いの外短い行列で、


b15.jpg

夕飯分 プラス立ち食い分を購入、その場で即食う。 揚げたて熱々肉汁が胃と心に染み込む。
またハイボール呑みたくなって自販機探すも、そんな簡単には見つからない。帰って寝よっと。










■ 某月某日: G.W.四日目、晴れ
以前から懸案の ”女房お守り返納シリーズ” 本日は亀戸編。
ぶーたろう的には馴染みの薄い街ではあるが、それならそれで行きたい店はある。

10:00 自宅最寄り駅出発、11:00 JR 亀戸駅着、
即有名餃子店に向うと 開店直ぐにも関わらず そこにはなんと100人以上の長蛇の列・・・
えっ こんなに並ぶの?すげーな。 回転が良いと聞いたけど こりゃダメだ。

朝飯食わずに来たから腹も減ったし、 よしっ 次の候補店へ、
徒歩5分、亀戸二丁目団地到着。


養生料理 高の

d01.jpg

団地の1Fに店舗を構える ジビエに強い蕎麦店。 入り口左側に立ち呑みコーナーあり。
立ち呑みメニューは 肴:4点 酒4種。

先ずは、

 
d03.jpg
キック

乾杯。
ちなみに キック = 酎ハイ+ くし切りライム、  フック = 焼酎麦茶割。 次に、



ポテトサラダ ¥80、煮込 ¥280

¥80 のポテサラは 温かくゴロゴロしたじゃがいもに 濃厚な肉味噌マヨを和えた逸品。

煮込みは猪肉小鍋が大型固形燃料でグラグラ煮込まれ、沸騰すると固形燃料へ吹きこぼれる、
自動消火システム(笑) うわ、脂が染み出た熱々のスープが凄く美味い。

何れの肴も想像の斜め上を行く。 良い意味での驚かされっぱなしは未だ続く。


d05.jpg
 鶏もも素揚げ ¥390、 ハムカツ¥80

荒目のそば粉でカリッと揚げたハムを蕎麦つゆで頂く、此れも美味い。
そして メイン登場、鶏もも素揚げは、


d06.jpg

箸が2本刺さった状態で漬け込んである もも肉を、そのままじっくり揚げた逸品。
ビジュアル的には はじめ人間のマンガ肉。 美味すぎて夫婦で奪い合った(笑)
いやぁ とても良き店と出会えて嬉しい限り。 ご馳走様でした、また来ます。

では、本日の主目的地へ、徒歩7分 到着。


亀戸天神社

d07.jpg

超大混雑(笑)
G.W.終盤、そして ふじまつり 絶賛開催中とは言え、太鼓橋が人で埋まって凄いことに。


d08.jpg

たしかに藤棚 キレイなんだけど、藤棚越しに観える人混みの凄さよ。


d09.jpg

そして名物 甲羅干し軍団も 混雑状態。


d10.jpg

取り急ぎ お守り返納と お参りを済ませたら そそくさと退散、何かの折にまた来ます。

駅に向かう途中、人混み疲れでちょっと休憩。


亀戸梅屋敷

d11.jpg
女房: 電気ブランソフト

何だこれ(笑)


d12.jpg
ぶーたろう: ハイサワー

爽快な五月晴れの下、コップに氷入れてゴクゴク呑んだら元気が出た。

再び駅に向かいつつ、念の為有名餃子店を覗くと、更に行列が伸びて150人程に!
すげー、食い物屋さんでこんなに並ぶの始めてみた。・・・じゃ、また何かの機会に。

駅の反対側に出た時点で、買い物目当ての女房と一旦別行動。
ぶーたろうが向うはリサーチ済みの此方、


立ち呑み とーど

d13.jpg

お、やってるやってる、お邪魔します。どうやら若い店主が一人で切り盛りしているようだ。
カウンターに陣取ると 折りたたみ椅子を勧められたので遠慮なく使わせてもらう。
非常に腰の低い丁重な接客に好感。


d14.jpg

支払いは現金 若しくは、¥500で 11枚 x ¥50 のチケットを購入する。 という事で 二束購入。


d15.jpg

乾杯! 酎ハイ ¥200 で 煮玉子 ¥100 を流し込む。

では、


d16.jpg
コロッケ ¥100

d17.jpg
 ハツ、ぼんじり 2本で¥250

d18.jpg
冷奴 ¥100

d19.jpg
メンチカツ ¥200

酎ハイお代りして チケット2冊+現金 ¥50、 しめて ¥1,050 で終了。料理、普通に美味し。
特に揚げ物、熱々 に加え キャベツにソースかけてチビチビ食うのが立ち呑みに最適。
近所にあると嬉しい店だな、ご馳走様でした、また来ます。

裏手の東口改札前で女房と合流、車中爆睡、でいつの間にか帰宅。
うー、残す所 後1日。











■ 某月某日: G.W.五日目最終日、曇り
最終日は曇ったが 概ね天気に恵まれた黄金週間だったな。
翌日からの事を考えると 自宅でゆったり静養 も選択しとしてはあったが・・・

11:25 JR立川駅着、11:30 口開け入店。


餃子のニューヨーク

f01.jpg

連休の最後もやはり餃子、 いつの間にか餃子ブログみたくなってきた(笑)


f02.jpg

白ホッピーで乾杯。 後はいつも一緒の、


f04.jpg
パクチーピータン

f05.jpg
 揚げ餃子

f06.jpg
 焼き餃子

f07.jpg
水餃子

安定の美味さ。 食い終わった頃には既に満席。

オーダー時 今回始めて店員から"昼時はランチの注文を優先します" と言われた。
回転率を考えれば店側の気持ちも分かる。 ダラダラ飲んでいる奴 いっぱい居るし。
しかし同時に我々の様な 早呑み早食い梯子酒夫婦も結果長っ尻になってしまう。
難しいところではあるが、試行錯誤し乗り切ってほしい次第。 ご馳走様でした。

次、6連呑ラスト。


立川やきとん

f10.jpg
 
いつも そこそこ客が入っている、客層も幅広い。


f11.jpg

酎ハイ で乾杯。


f12.jpg
山盛りキャベツ、コロッケ

f13.jpg  
各種焼とん

美味い。酎ハイと焼とんは美味い! 一生死ぬまで毎日呑み歩きたい、
足腰が丈夫なうちに色々呑み歩いておきたい、医者に止められる前に (ry
ご馳走様でした、また来ます。


f15.jpg
 
大変良き五日間であった。 次の連休は何時かなぁ、 それまでお仕事頑張ります。

nice!(76)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -