So-net無料ブログ作成
検索選択

冬の箱根路 今年もべろべろ、いつもへろへろ [旅]


■ 某月某日: オフ、 晴れ
9:30 自宅最寄り駅を私鉄急行で出発、乗り換え無しで終点まで。

遡ること数年前、
最終目的地にて ノーマルタイヤでえらい目に合って以来、冬場は基本 バス電車移動。
荷物は限られるが 行きも帰りも呑めるのが、酒好きバカ夫婦にとっては嬉しい限り。

11:00 乗り継ぎ駅の小田原着。一旦下車して向かうは、



00.jpg

観光客よりも地元民が普段使いする感じの居酒屋ランチ、でも此処で米は食わない。


01.JPG

朝ビール、酒呑み垂涎の的 赤星 で乾杯。

そして 小田原 といえば的な、


02.jpg
アジフライ

揚げたて美味し。 そして、更なる小田原 といえば、


03.jpg
小田原おでん & ぬる燗

美味いおでんと丹沢の地酒 松みどりが 身体に染み渡る。 朝酒は効くねぇ、ご馳走様でした。

お城方向へゆっくりブラブラ歩くと 見えてくる有名店、
 
 

05.jpg
 
前から一度は入りたかった、創業明治26年の日本料理店。 重厚な店構えと、

 
06.jpg

歴史を感じながらもモダンな装いの店内、開放的な天井空間がイケてる。


08.JPG
 
メインが来るまでビールを呑みつつ、

 
07.jpg

刺し身をつまんでのんびり待つ。 程なく、


09.jpg

セットの天丼 登場、美味い。
 
1Fの食堂で頂く定食類は 思ったほど高くないし、座敷のコースも幅広い価格設定になっている。
念願叶って "だるま" の天丼が食えて満足、ご馳走様でした、また来ます。

流石にちょっと呑み喰いし過ぎのたので、腹ごなしに散歩。


小田原城
 
11.jpg

改装後、遠方から眺めた事はあったが、敷地内で見上げたのは初。

鮮やかな白色が目に痛い。 快晴の下、大河ドラマの 北条氏政 に想いを寄せる。
高嶋政伸 良かったな、 史実は400年以上前のこの地での話だったか・・・。

時が来たので駅に戻り 箱根登山線乗車、15分程で 箱根湯本着。


13.jpg

ホテル送迎バスとのタイミング が悪く、強羅へは向かわず下車、路線バスで 桃源台方面へ、

仙石原バス停で降り 徒歩2分、


14.jpg
 
定宿到着。 即温泉三昧 からの 湯上がりビール。

 
15.jpg

日没後、夜のライトアップを眺めながら今宵のディナーへ向かう。


 
16.jpg

今晩は。 足を運ぶ度、此方のスタッフ共 顔見知りになれた。


17.JPG
 
鶏料理のお通しと赤ワインで乾杯。


18.jpg
タラポテト

初めて頼んだ フライドポテトの たらこ和え が凄く美味くて。


19.jpg
エビとトマトのバジル炒め

この店を知ったきっかけになった料理。 数年前、ちょっと離れた道を普通に歩いていた際、
オリーブオイル、ガーリック & バジルの 強烈な匂いに誘われ フラフラと入店したのを想い出す。


20.jpg
ワカシの和風カルパッチョ

21.jpg
バジルベーコンピザ

まさしく何食っても美味い系。 観光地にありながらのコスパの良さは 地元民利用率の高さが証明。
ご馳走様でした、また来ます。


散々食ったけど 部屋呑み用にもうちょっとだけツマミたくて、



23.jpg

今宵はテイクアウト。


24.jpg
 
部屋で食う 焼き餃子の美味さよ。ダラダラ呑んでいたらいつの間にか気を失っていた。








■ 某月某日: オフ、 曇り後晴れ
堂々朝寝坊、実は定宿初の連泊。 通常翌日は伊東へ移動するコースが定番だったのだが、
今回車移動じゃないし、たまには同じ宿でのんびりを決め込むのも良いかな。と言う事で、
昼ちょっと前 宿を出てブラブラ。 この後 "実は前から気になっていた店" 2軒 を訪問。
 
先ずは、女房が気になっていたこの店。



26.jpg

店の前は何十回も素通りしていたのだが、今回 女房が入ってみよう と提案。
ご当地 仙石原名物 "公時山まんじゅう" を土産用とは別に食い歩き用に購入。
うん、なかなか美味しゅうございました。
 
次、 ぶーたろう が気になっていた店へ。



27.jpg

そのうち "きたな美味い店" に出てきそうな店構え。こちらも夜に何回も素通りしているのだが、
入店するのにかなり勇気がいる構えなので、先ずはお昼のタイミングでお邪魔してみた。


28.JPG

今日も今日とて朝ビール、乾杯。 そしてこの後、


29.jpg

お通しとして 新鮮な生しらすが結構な量で来た、しかも2皿。 そしてこれが精算後 サービスと分かる。
とても美味く とてもお得な朝ビール、となった次第。


30.jpg
海鮮丼

見た目にも凄い海鮮丼登場。これでなんと ¥850也 そしてスゲー美味い。
注文して出来上がるまでちょっと時間がかかるので、呑める方は是非ビールも一緒にどうぞ。
ご馳走様でした。一気にハードルが下がったので、次回は夜の部に 訪問する予定。


さて、午後をどう過ごそうか。近場で今迄行った事の無い場所へ行ってみたく、リストアップ。
箱根町立箱根湿生花園 に決め ホテルのフロントで割引チケットを買おうとしたら、
12/1 から 3/19 までの冬季期間は閉園 と知らされる。 それでは と 次候補のチケットを購入、
ホテルまん前の 観光施設めぐりバス の停留所から乗車、程なく到着。



32.jpg

ここも 車では何度も素通りしていたが、今回始めて訪れた。

 
 
ヴェネツィアン・グラス を多数展示している有名施設は、週末とは言え 結構な入場者数だ。
 
 
33.jpg
34.jpg
35.jpg
36.jpg
 
そして、イタリアから ヴァイオリンとアコーディオンの二人組、 ヴェニス・セレナーデ・デュオ 登場。

 
 
 
とても素晴らしかった。この生演奏込みで考えると、チケット代も安く感じてしまう。
多分いつかまたきっと来るだろう、ガラスの森美術館。


一旦ホテルに戻り 連日の温泉三昧。そして今宵は前日に予約した此方の店へ。


 
38.JPG

昔は普通に入れたのに、最近は予約をしないと絶対入れない店になってしまった。
Sangiovese をデキャンタでオーダし 乾杯。


39.jpg
ピクルス

40.jpg
真鯛のカルパッチョ

41.jpg
沼津産ホウボウのソテー 三島野菜添え

42.jpg
静岡美味鶏のニンニクロースト
 
美味すぎ。 地の素材 魚、肉、野菜をふんだんに取り入れたビストロ料理に心が躍った。
ご馳走様でした、また来ます。

次、最後の夜の締めはこちら。



44.jpg

2軒めでの利用は初めてか。
今晩は お邪魔します、また来ました。
 

47.jpg

焼きぎんなん をツマミながら さつま無双"もぐら" の水割りで乾杯。
うん、この店を2軒目使いで チビチビやるのも いい感じだな。


46.jpg
牛肉とごぼうのしぐれ煮

45.jpg
タコの唐揚げ

連日連夜、旨い酒と料理を頂き、しみじみと幸せ感が全身に染み渡る。
ご馳走様でした、また来ます。

では、お休みなさい。









■ 某月某日: オフ、快晴
のんびり起床。 朝食はいつもの、ラリック美術館 内のこちら。



49.jpg
 
改めて、箱根山をの望む素晴らしいロケーションのレストランである。

 
50.jpg
 
おかわり自由の 有機栽培コーヒーが凄く美味くて。サラダ、ヨーグルトを頂いた後、

 
52.jpg
 
卵料理は スクランブルとロワイヤル以外に オムレツが新規追加されたのでオーダーしてみた。
美味い。 満足、ご馳走様でした。


出発時間までの調整で、
 
53.jpg
 
美術館の無料展示を観たり ショップ での買い物に付き合い時間を潰す。

部屋に戻り、荷造り。後 出発迄のんびり過ごし 予約した強羅までの送迎バスで定宿を後にする。
強羅から登山電車で 箱根湯本 → 小田原。 そして此処でも途中下車。
向かうは、



54.JPG

居酒屋でランチ、と言っても米は食わない(笑)


55.JPG

当然此方、乾杯。


59.jpg
焼き牡蠣

58.jpg
 
煮込みやポテサラ、マグロのカマ焼き までオーダーし、思いの外本気呑み。
家に帰りたくない気持ちが、酒を通して如実に現れた、最悪の現実逃避パターン(笑)

しかし無駄な抵抗も虚しく、夕刻には翌日からの激務に備えるバカ親父なのであった。
-完-

nice!(77)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 77

コメント 2

柴犬

今回も、美味しい物沢山^^;
中でも だるま料理店 本店の天丼、憧れの逸品です♪


by 柴犬 (2017-01-25 16:27) 

ぶーたろう

柴犬 さん
念願叶っての だるま料理店 天丼、美味かったです、機会があったら是非 ^^
by ぶーたろう (2017-02-03 17:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。