So-net無料ブログ作成
検索選択

渡中 2017 広州編 [旅]


■ 某月某日: 出張初日、曇り (到着地晴れ)
7:30 羽田空港国際線 ANAカウンター前集合、荷物を預け 各自自由行動。
せっかくなのでラウンジで朝飯でも。


01.jpg

カレー蕎麦と生ビールを頂く。
着いてすぐ企業訪問なので、もっと呑みたい気持ちを抑えつつ、


02.jpg

9:10 機上の 人となる。 目指すは広州白雲国際空港、実は初めての中国。
昔からちょっと敬遠していたのだが 色々あってとうとう行く羽目に。


03.jpg

機内食は和をセレクト。気がつくと ”特別純米 みむろ杉” のボトルが置かれる。
あれ? まいっか。  白米は食わず おかずだけでチビチビ。

行きの便では未見だった「君の名は」 をじっくり観賞。
想像以上に面白く、軽く感動してしまう。

その後 起きているつもりが 読書中にうたた寝、着陸の衝撃で起床。
無事、人生初の 中華人民共和国入国後、 メーカー迎えの車に乗り込み約40分。


04.jpg

初日 は一社のみの E社に到着。 広州はとても暑い、 一見して空気はきれいに思われる。

同行者は社内スタッフ2人。1人はセールスエンジニアの後輩、1人は海外担当の20代女性。
彼女は両親が朝鮮族の中国人で、言語は 中韓英日 ペラペラのマルチリンガル。
ペラペラと書いたが、実は日本語が一番苦手で、たまに起きるトラブルがまた楽しい。

今回の出張は3泊4日着いて帰る日まで、ギッシリ企業訪問のスケジュールが組まれる。
当然オフ日は無いが、なんとかやりくりして時間を作りたい。


05.jpg
 
こちら、思いの外会社の規模も大きく ショールームは日本の大型ライブハウス並みの規模。
工場視察後、先日入荷した評価機の感想意見を述べ、今後の展望を熱くセッション。
気が付くとあっという間に時間が過ぎ、充実 且つ濃厚な手応えを掴み 初日終了。

高級車でホテルまで送って頂く。


06.jpg

広州中心部 天川区 到着。  広州は想像していたよりかなり都会、尚且つとても大きな都市だ。
当然人の数も とてつもなく多い。


今回の宿は、天河地区の5星ホテル

广州建国酒店

07.jpg
 
位置は この辺。 高層最上階の天井の高い部屋、なかなかの高級感。


08.jpg
 
バスルームの注意書きは 漢字と英語。 中国人が来日した際、漢字の表記でなんとなく
意味が分かる と言っていたのは 逆のパターンでも成立しそうだ。

日本との時差は1時間。なので時差ボケもなく普通に過ごせる。 じゃ、ご飯行くか。


今宵は手近に ホテル真向かいにある 広州東駅直結 广州 AEON MALL (イオンモール)内、
数ある店から 後輩がセレクトした、


某火鍋屋

09.jpg

青島の 純生瓶ビール で乾杯。


10.jpg
 
パクチー食べ放題は嬉しいが、本場の火鍋は 辛いのなんのって。
日本では辛いもの好きのぶーたろうでも かなりきっつかった。とりあえず、ご馳走様でした。


深夜、胃から腸ににかけて 久々の激痛で目を覚ます、そう 昔あったあの感じ。
結局 出口で二次災害を起こすも、出し切ったらケロッと収まり、再び深い眠りにつく。










■ 某月某日: 、中国出張二日目 晴れ
ケツに火がついた一夜が開け、体調万全、豪華朝食バイキングが美味い。
二日目と三日目は専属運転手を雇う。同行の中国人女性の知り合いのドライバーだ。

中心地から北へ1時間、本日の一社目は、弊社とは比較的長い付き合いの L社。


11.jpg
 
この会社は米国にも多くの製品を供給し、先頃 フロリダの あの遊園地にも製品を納めている。
そして、今回訪問した会社の中で 最大級のショールムは、まるで劇場の中ホールクラス。

途中 冷えたライチを沢山出してくれて それがとても美味しく、帰り際にも 二箱分の高級ライチを
土産に持たせてくれた。でもね、残念ながら日本の検疫ではアウト。 中国輸入規制一覧
ドライバーさんに沢山食べてもらいましょう。


昼飯は 近場の食堂、全員の勘を働かせ 1軒に絞る。キレイな店ではないが、他より混んでいる。

地元民用達 某食堂

12.jpg

なんかよく分からないサラダ。四角いのは卵白と魚肉を合わせた食材らしい、かまぼこ?
 

13.jpg

桑に乗った 牛肉と野菜炒め。美味い。


14.jpg
 
チャーハン、美味い。
他のテーブルでは 労働者風の男達が どいつもこいつも昼からビールをガブ呑みしている。
真似しようと思ったが・・・止めた、ご馳走様でした。


午後から訪問の2社目は、此処数年 取引量が急に増えたV社。


15.jpg
 
あれこれ新製品を次から次に見せてくれるので飽きない。が あっという間に時間が過ぎる。
バイタリティ溢れる女性営業からグイグイ売り込みをかけられタジタジ。
時間がなくなったので、再会を誓い、次の会社へ。


移動に30分、予定より1時間半も遅れて3社目 E社到着。
コチラ業界大手、欧米へも大量に輸出を果たし、弊社との実績、信頼関係も厚い。


16.jpg

大きな工場を駆け足で視察後、ショウルームで最新機材を細かく検証。
10機種以上見せてもらったが、全てに差し障りがあり 写真を掲載できない。

18:00 に終了する予定の会議が 19:30を過ぎても終わらなかったので、
迷惑をかけられず 途中で自粛し、終了。 かなりの充実度であった。

遅くなったのでホテルには戻らず旧市街地へ直接送ってもらい、ドライバーさんとはまた明日。


17.jpg

この辺はホテル近辺とは違い 昔の町並みや並木道で 古き良き中国を肌で感じられる。
知人のお薦めレストランに到着するも、既に closed. 急遽近場で美味しそうな店を探すと、


云海肴

18.jpg
 
かなり人気の行列店とあったが、遅い時間も幸いし、直ぐ入れた。
中国人の彼女曰く、雲南省の中国料理を出す店、との事。


19.jpg

青島じゃないビールを所望すると、見たことあるのと見たことの無いのが登場。
とりあえず乾杯、後は適当に頼んでおいて!


20.jpg
21.jpg
22.jpg
23.jpg
 
後半 撮ってない肉料理もあったが 全体的になかなかに美味い料理であった、
次回のために 此処は覚えておこう。ご馳走様でした、また来たいです。

レストランを出た後 自由行動。 ショッピングを楽しみながらホテルまでブラブラ。
ホテル至近のファミマにて 日本円換算 ¥100位の 酒を幾つか発見。


24.jpg

部屋で 度数56° のキッツイ 中国焼酎を水割りで呑んだら 意外と旨く。
あっという間に空けたら、あっという間に酔っ払った、明日もこれ買おう(笑) お休みなさい。










■ 某月某日: 中国出張三日目 曇り時々雨
三日目は、広州から高速道路で小一時間、揚子江を渡り 広東省 東莞市へ。
今年の春から取引を開始し、TV局の美術セットに即採用され 好評を博した B社に到着。


31.jpg

どの会社も社長やスタッフが若い。次から次へと新製品を持ち出し売り込みに対して精力的だ。
ある程度 販売実績があるから対応も良いんだろうな。 またも予定時間を大幅に超えて訪問終了。

この日の昼食は 本来2件目の会社近くで取るつもりが 遅くなりそうなので近場で済ます。

地元民用達 某食堂

32.jpg

あっ、焼きソバだけ食うつもりが・・・、見切れてしまった(笑) ご馳走様でした。

広州への戻り道、またしても揚子江を渡る際、車窓から見えるそのスケールのあまりの大きさに、
写真を撮るのを諦めた。 なんかゆっくり此処等辺を観光したいなぁ、けど時間は全くない。

高速道路を小一時間で 広州市南沙区 にある F社に到着。


33.jpg
 
無名であった同社は此処数年 その技術力でヒット商品を連発、対応の良さもピカイチ。


34.jpg

今年の秋から年末にかけて発売を予定している、新製品のプロトモデル2機種が凄い出来。
あーコレも売れるだろうな。 後半、カスタマイズ製品の作成依頼を2件、熱いやり取りの後 終了。
本当はもっと早く終わるはず だったのにー、何処のメーカーも中々帰してくれない(笑)

本日もホテルに戻らず 後輩のリクエストに従い 天河区電脳街 の電脳城 へ。
ドライバーさんとは此処でお別れ、2日間お疲れ様でした。
短い時間で其々が土産を購入後、昨日入れなかったレストランへ早めに向かう。


35.jpg

中国式地下鉄初体験乗車也。


36.jpg

この日は雨が降ったり止んだりのあいにくの天気なれども、段々中国にも慣れてきて楽しくなってきた。
でも何時も慣れてきた頃には帰らなければいけないのが旅の常。

今宵 中国最後の夜ご飯は、知人お薦めのレストラン、

陶陶居

37.jpg
 
地元の広東料理から飲茶まで幅広いメニューでお出迎え、
かなり広い店内にも関わらず早い時間から大勢の客が詰めかけるも、無事すんなり着席。


38.jpg
 
各自食べたい飲茶をオーダしつつ、地ビールで乾杯、お疲れ様でした。
其々をシェアしながら普通の料理も頼む、というか 毎度適当におまかせします。


39.jpg
40.jpg
41.jpg

実はこの倍位オーダーしたのが、同行スタッフが若いので 気持ちが良い程の食いっぷり(笑)
そして知人お薦めだけあって めっちゃ美味い。次回用に此の店も要チェック。


42.jpg

今宵最後にして、本日2食目の焼きソバも とても美味かった、ご馳走様でした。
また来たいです。

プチボッタクリTAXYでホテル迄(¥400位のところを¥700程請求されるの巻 笑)
昨夜の 度数56° ¥100 中国焼酎をまたしても購入、水割り呑みながら帰り支度でパッキング。










■ 某月某日: 4日目帰国日 晴れ
高級朝食バイキングを済ませ 朝8:50 チェックアウト、9:00にメーカーから迎えの車。
帰る直前までびっしりスケジュールを入れてくれる 弊社中国人スタッフに心から感謝(笑)


45.jpg

最後のL社も ここ最近取引を始めた会社ながら、日本でもモーターショーのコンベンション機材が
複数社で即採用された実力会社。


46.jpg
 
この会社も立派なショウルームと応接ルームが完備、最後に見せてもらったプロトモデルが強烈。
まだまだ話し足りないようだがフライトのお時間です。
社長からのミッションでサンプルレンズ12枚を各自のトランクケースに詰めたら今回のお仕事終了。
広州白雲国際空港 まで高級車で送ってもらう。


とりあえず出国手続きを済ませ、時間を決めゲート前に集合するまで自由行動。
せっかくだから中国のラウンジで 最後の青島。


51.jpg

事前情報と違い 中国本土で食う中華料理はどれも美味かったなぁ、と 後は帰るだけなので
これで本当に最後の青島、といいつつ 何本もグビグビ。

それでも時間があったので 残った中国紙幣で追加土産をどっさり購入。


52.jpg

初めての中国訪問、自身の中では意外と高評価。 国としても ビジネスとしても。
しかし、弊社の中国人スタッフが居ると居ないとではその評価も大きく違うだろうな、
業務連絡: 次回も一緒に行こうね Pちゃん(笑)


53.jpg

毎日 中国料理と中国酒だったので 和食が染みる。
行きの機内で呑んだ”特別純米 みむろ杉” を帰り便でも呑んでるバカ親父(笑)

機内映画は ”美女と野獣” と迷って 結局  ”LOGAN/ローガン” まあまあの出来。


54.jpg

羽田空港着陸直前、今週末から通い詰める 舞浜の遊園地が眼下に広がり 思わず 我に返る。
あたふたどたばたせずに済みますように、とそっと手を合わせる。

nice!(66)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 66

コメント 5

柴犬

お帰りなさいませ〜
上海に1月だけ住んだ?懐かしい想い出が蘇りました♪
当時は¥10,000jp→830元と裕福でしたw
by 柴犬 (2017-07-15 10:10) 

まき

セレブな出張が羨ましいです!
慌しそうですが。。。ホテルではごゆっくりできたようでなによりです(*^◯^*)
100円くらいでお酒が買えるのは魅力ですね♪
by まき (2017-07-19 14:55) 

柴犬

「1月⇒1ヶ月」失礼しました<(_ _)>
by 柴犬 (2017-07-20 15:42) 

newton

焼きそばが美味しそうですね。細い麺が良いですね。

by newton (2017-07-20 17:45) 

ぶーたろう

柴犬 さん
ただいまです ^^ 上海ですかぁ 行ってみたいですね、
どの街でも1ヶ月は腰を落ち着けて住んでみると良さが分かるんでしょうね ♪


まきさん
実態はセレブとは程遠く(笑)
期限切れ間近のマイレージを使い、5星だけど1泊1万円以下のホテルでした
地元向けの安いものと、観光客向けの高いものがひしめいていましたね ☆


newton さん
焼きそば好きとしては 本場の味に大満足の出張でございました ^^v


by ぶーたろう (2017-07-23 11:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。