So-net無料ブログ作成
検索選択

日本酒馬鹿米国記 あたふた編 [旅]

到着した日から3日間、ネバダ砂漠にあるこの街に雨が降り注ぐ、しかも結構な量の。過去何十回も来たが、一度も雨に降られたことがなかったので 驚きと共にウンザリ。おかげで外を出歩くこともなく、仕事に没頭。今回のメインである Las Vegas Convention Center に びっしり最終日まで通い詰め。
 
a.jpg
 
とか、
 
b.jpg
 
とか。
 
そして3日目の夜中に漸く雨が上がり、ホテルの窓から外を覗くと、
 
c.jpg
 
こんな風景が見られるわけです。
 
d.jpg
 
広角カメラだとこんなんで、

d2.jpg
 
反対側はこんな夜景、素晴らしい。

e.jpg
 
翌日展示会最終日終了後、初ラスベガスの後輩スタッフを連れて、改めて正面から、
 
f.jpg
 
後こんなのを観せに連れ廻す。ショウとしては唯一で最新の、
 
g.jpg
 
こんなのを どセンター席で観劇した後輩は感激してました(笑)
 
そしてなんやかんやあり、一人突発のミッションをこなすため予定にないサンフランシスコで1泊、ホテルの隣が
 
 
日本食レストラン SUNNY SUSHI 旭日屋
 
h.jpg
 
あと数時間でたっぷり日本食や日本酒が呑めるのに、
 
i.jpg
 
サンフランシスコの夜に一人晩酌をしてしまう俺なのでした、しみじみ美味かったです。
終わり。

nice!(48)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

日本酒馬鹿米国記 出発編 [旅]

隔年で視察していたラスベガスの展示会だが、去年に引き続き今年も行く羽目に、
なぜならこの時期俺が一番暇だからしょうがない。
 
a.jpg
 
先ずは成田空港のラウンジにて、フライトまでの時間を楽しむ。
 
b.jpg
 
美少年純米大吟醸 飲中八仙 とか、

c.jpg
 
花の香702スパークリング とか、

d.jpg
 
熊本の酒を堪能、呑み過ぎて幸せ。
そんでもって 機上ではあの太田和彦氏をアドバイザーに迎えたセレクション、
 
e.jpg
 
綿屋 幸之助院殿 特別純米

f.jpg
 
東北泉 純米吟醸 山田錦純米 を堪能しすぎてその後爆睡するのであった、続く。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

休日朝酒倶楽部 表参道編 秋 [酒]

貴重な今月最後のオフ、この先休みなしで働き詰めか・・・。
10:50 表参道着、快晴。 紅葉が落葉となって降り積もり 秋も終盤。

a.JPG
 
11:00 オープンと同時に表参道ヒルズ。
仕事でバックヤードは何十回も訪れたが プライベートでは初訪問。一路あの店へ、
 
 
b.JPG
 
此方では立ち呑みカウンターがお出迎え、おすすめセットを頼むと、

c.JPG
 
あたごのまつ おりがらみ 限定純米吟醸
鳳凰美田 純米吟醸 生酒 発泡にごり
で イカの塩辛とマグロの酒盗。@¥1,000.- いいねぇ、後もうちょっと、
 
d3.jpg
 
賀茂金秀 純米吟醸 雄町 @¥500 旨い、立ち呑みカウンターは長居しなくて済む、ご馳走様でした。
ちょうど昼時になったので 表参道ヒルズすぐ裏手にある此方へ、
 
 

e.JPG
 
新潟の食品、物産のアンテナショップ。もちろん日本酒も豊富においてある。とりあえず地下でランチを、
  

お食事処「新潟食楽園」   続きを読む


nice!(59)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

とある1週間 [酒]

11月某日、
風邪が治らず。来週に控える海外出張に備え 午前中掛かり付けの医者。
午後某メーカーのアジア担当と一緒に顧客訪問 &デモンストレーション、終了後 彼のホテル近所で夕飯、
 
 
a.jpg
 
刺し盛り、焼鳥盛り、塩ちゃんこ + 〆のちゃんぽん麺。一緒になって地酒を呑むから風邪が治らない。
が、とても美味かった、シンガポール人にも大好評、ご馳走様でした。
 
 
11月某日、
連日のデモンストレーションで顧客訪問。
 
b.jpg
 
本来屋外では使えないメカニカル機材を世界で初めて完全防水で使えるようにした優れ物。
どこへ持って行っても概ね好評、加えて手荒い洗礼を受けるも無問題。

終了後、広尾周辺で連夜のディナー。食事終了後、

c.jpg
 
近所で寒い中 屋外プログラミング作業の弊社実働チームに温かいドリンクの差し入れ。頑張ってね。
 
 
11月某日、
夜 業界記念パーティー出席のためヒルトン東京。
医者の薬はよく効く、かなり楽になってきた。終了後いつもの奴らと二次会、
 
  
d.jpg
e.jpg
f.jpg

越後の酒とへぎそばの店。なんと 鶴の友 発見、県外で初めてみた。がしかし 其の類は家に沢山あるので、
十四代とか 獺祭39 とか 磯自慢 とかの凄いラインアップを片っ端から頂く、美味過ぎる。
本来二次会で来る店ではない、次回は一軒目で来ます、ご馳走様でした。
 
 
11月某日
幕張メッセの機材機器展を視察後、舞浜で打ち合わせ。来年も忙しくなりそうだ。
 
g.jpg
 
夕焼けがとても綺麗で見とれた。帰り道 乗り換え駅構内で、
 

h.jpg
 
運良く1席空いていたので即着席。 そして"九平次" を指名したら、裏から凄いのが出てきた。
醸し人九平次 純米大吟醸 彼の地 ヴィンテージ2012 @¥900 最後の一杯を多少多めに頂く。
美味い、これだから呑み歩きは止められない。馳走様でした。
 
 
11月16日
土曜日出勤、溜まった事務仕事をテキパキこなすも、途中土曜日恒例現場トラブル電話2件、
が、幸い2件とも事なきを得る。仕事終了後 約2ヶ月ぶりにムサコ、お久しぶり!
 
  
1116b.jpg
ウニ刺し¥390
1116c.jpg
アジ刺し¥130
 
1116a.jpg
里芋の唐揚げ¥110、ガツ刺し¥150
 
箱ウニの粒が立って美味かった。酎ハイと焼酎お湯割りで本日は終了。ご馳走様でした。
 
今週もお疲れ様でした、忙しい日々はまだ序盤、始まったばかり。
nice!(62)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

休日朝呑倶楽部 2013 宮前区民祭編 @北部市場 [酒]

Blog 書くのも訪問もご無沙汰気味で恐縮です。一年で一番仕事が多忙な時期に数年振りに風邪ひいた。
でも休めるはずもなく、更にシンガポールから某社マネジャーの急な来日が加わり 死にそうなスケジュールの中、酒は一応呑んでいた。だから治らない とも指摘された。
 
オフ、8:30頃 北部市場到着、車両入場制限がありつつも、比較的スムーズに敷地内に誘導される。

 
a.JPG
 
休市日の日曜に開催された宮前区民祭、あの広い敷地の至る所に出店やイベントが開催されていた。
9時スタートと同時に既に人の数が物凄い事に。

b.jpg
 
プロの出店やテキヤ家業の方々の店が多くを占めるも、路地裏では素人出店が結構頑張っている。

d.JPG
 
先ずは精肉店の@¥70 ヤキトリと ¥200 てんこ盛りモツ煮を ¥250 のビールで乾杯、
運転は女房に任せた。
 
e.JPG
 

次にちょっと寒くなったので、ボーイスカウト製 ¥100 ウインナーと ¥250 おでんを ¥250 の熱燗で、
美味し。最後はもちろん 出汁割り酒、ちょっと温まったな。 

f.JPG
g.JPG
h.JPG

ほろ酔い気分でうろつくと 越の寒梅を熱燗で売っている店や、新潟の地酒専門店、
スパークリングの瓶を¥700で売っている店もある。そして、

i.JPG
 
でた、地酒、本格焼酎からワインまで 2合カップ @¥100! 素晴らしい。どれにしようかな、とりあえず
天の戸 純米大吟醸45 を頂く、¥100 で(笑)  肉屋の試食チャーシューをつまみながらゴクゴク、最高。
そして酒をお代わりしつつ 他のアテを探しにうろつくと、
 

愛と勇気とさんま実行委員会 続きを読む


nice!(68)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

休日梯子酒倶楽部 小田原 編 [酒]

オフ、3連休中日、寝坊したため予定より若干遅めの9:30頃家を出発。
最寄り駅から在来線の終点まで 乗り換え無しのお気楽旅、11:00 小田原駅着。
先ずは東口降りて直ぐの、
 
 

a.jpg
 
基本 老舗かまぼこ店の直営土産処だが、2Fに贈答サンプルを見たり お茶を飲みながら宅配便の送り状を記入できる ラウンジと呼ばれるスペースが有る。此処で同社の地ビール、箱根ビールが呑めるわけだ。

b.jpg
 
箱根エールと箱根ピルス各¥525 を頂く。サービスのつまみはもちろん かまぼこ、と チーかま。
美味しかった、ご馳走様でした。さて此方には帰りに土産を買いにまた来るとして次、
 
 
 
c.jpg
 
こちらも駅から直ぐ、おしゃれ横丁と呼ばれる 少しもオシャレではない道を入ると目の前にある居酒屋。

d.jpg
 
ケータイクーポンで一杯無料の生ビール と天麩羅の盛り合わせからスタート、

e.jpg
 
刺身盛合せ6点盛、9点あるように見えるけど(笑)
 
f.jpg
 
想像したよりかなりでかい 金目の煮付け定食 これで ¥1,365 
以上3点のつまみをビールも終わったので、

g.jpg
 
小豆島の酒蔵 森國酒造の 純米吟醸酒 磯松 ¥580、

h.jpg
 
八海山 しぼりたて原酒 ”越後で候” ¥480  おぉこんなところで”青越後”にお目にかかるとは。
美味いなぁ、やっぱり家用に一本買おうかな、いやどうせ買うなら純米酒の”赤越後”がでるまで我慢だな、
等と こりこりの鯵刺しをつまみながら 旨い酒を堪能するのであった。幸せ、ご馳走様でした。
 
 
腹ごなしに初めて訪れる小田原城へ、地元和太鼓の演奏と相まって雰囲気良し、高まる観光気分。
 
i.jpg
 
さて 軽くもう一軒だけ、
 

小田原おでん 本店  続きを読む


nice!(75)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感