So-net無料ブログ作成

2017 仲夏 北の大地で呑んだくれ 後編 [旅]


前編 からの続き

待望の小樽ランチは 前々日に電話予約しておいた こちら、


魚真

033.jpg

開店5分前に到着したら既に行列、とりあえず列に並んで待っていると 12:00 開店。
先ず 予約客を優先的に案内してもらい、一番乗りでカウンター席へ。


034.jpg

乾いた喉を潤すは 小樽ビール ピルスナー、乾杯。 お通しの海鮮和え もとても美味い。


035.jpg
魚真にぎり 15貫 ¥2,700

夫婦揃って同じものを頼む。そして恒例のトレードがまた楽し。
お好み握りが そこそこ良いお値段なので、客の殆どが各種ランチセットをオーダーしている。


036.jpg

そしてお吸い物ではなく、土瓶蒸しなのも嬉しい。 具を摘みながら呑みたくなって、


037.jpg

北の地で褒めたたえられる地酒 を 昼から2合徳利で頼んでしまうダメ夫婦(笑)
でもお酒が旨くてとても幸せ。
いやぁ美味しかった、(特にイカの握り) ご馳走様でした、いつかまた来たいです。


時間はまだまだたっぷりある、有名観光地を巡ろう。

 
038.jpg
039.jpg

そして プライベートとはいえども、仕事用の演出動画素材収集に余念がなく(笑)



きれいだ。


小樽の仕事で想い起こすは18年前。当時の巨大ショッピングモール "マイカル小樽"の
開業に伴い、今では考えられない高予算で、多岐に渡る 様々な演出に関わった事だ。
(その後 巨額初期投資の負債が重荷になり、運営会社、親会社マイカルが連鎖倒産。
年月を経て 現在は ウイングベイ小樽 として営業中)

という事で、ぶーたろう にとっても18年振りの小樽訪問となった訳だが、当時は
昼夜逆転の突貫工事。もちろん休日なし、観光なし。 元請けから 一度だけ
寿司を奢ってもらったような、もらってないような。 そんな辛い思い出が満載(笑)

18年振りに改めて訪れた 観光都市小樽は、こんなにも素敵で面白い街だったのだなぁ、
と またまた 感慨もひとしお。


040.jpg

朝からたっぷり小樽を満喫したので 未だ時間は早いが、札幌に戻ります。
さようなら小樽、また いつか来ます。

函館本線でのんびりと列車移動。 途中 小樽築港駅 で懐かしのショッピングモールを視認。




小樽築港 - 銭函間は 石狩湾沿いに列車が走り、快晴と併せ とても心地良い。
あー 缶ビール買ってくればよかった・・・。


と、小一時間で札幌駅到着、徒歩で向かうは テレビ塔至近、乾いた喉を潤す場所、


第三モッキリセンター

041.jpg

昭和元年創業の老舗にして有名大衆酒場 にお邪魔した。 では、


042.jpg

生ビール、乾杯。


043.jpg
いか墨入 さきいか

あ、これ美味い。


044.jpg
棒ダラ煮、千歳鶴 にごり酒

なんと 千歳鶴の醸造所は此の店から徒歩9分の場所にあるそうだ。
棒ダラ煮も美味いなぁ。


045.jpg
子持ちししゃも

長年地元民に愛される訳が随所に垣間見える。 いいね、大衆酒場。
ご馳走様でした、いつか また来ます。


一旦ホテルに戻りシャワーを浴びて一眠り。
適当な時間に起きたら腹が減った、札幌最後のディナーは ホテル至近のこちら


さっぽろジンギスカン 本店

046.jpg

数ある名店の中、 ジンギ といえば やはり此処、 階段を登ると、
おっ土曜の夜なのに空いているぞ。

 
047.jpg

座ると黙って人数分出て来る 赤身生ラム皿、 ハーフアンドハーフ で乾杯。


048.jpg

あー美味いなぁ、生ラム肉、タレも最高。 気をつけないとあっという間に無くなりそうだ。

 
049.jpg

焼き野菜は やはり アスパラガス 、この量が嬉しい。

 
050.jpg

肉をお代わり、同時にワインへ切り替える。



店内の雰囲気も良いねぇ。

 
051.jpg

骨付き食って 最後 タレをお湯割りし 終了。
ご馳走様でした、女房も大満足、いつか きっと また来ます。


さて、健康のためには ここでホテルに戻ってもよいのだが・・・、やはり ラーメンか?
いやいや、此処は一つ、


GARAKU
 
052.jpg

締めはスープカレーの有名店にお邪魔した。

 
053.jpg

サッポロクラシック で乾杯。
"りょうばあちゃんのザンギ" は単品での評価が高い逸品、・・・うん、凄く美味い。


054.jpg
上富良野ラベンダーポークの豚しゃぶと7種きのこの森

これも美味ぁい、さすが評判店、大満足、ご馳走様でした、また来たいです。


あー、やっぱ食いすぎた(笑) 、掛かり付け医の渋い顔が目に浮かぶ・・・、
でも、好きなものを呑み喰いできなくて、それで長く生できてどうなるのだ、ん?


055.jpg

生きているからこそ美味いものも食えるのだよ、と そっと自分に言い聞かせ、
人に優しく、自分に優しく、 とりあえず満喫しました。 狸小路さん、おやすみなさい。










■ 某月某日: 三日目 最終日、晴れ
早朝、公園お散歩へ 地下鉄 南平岸駅下車。


平岸高台公園
 
056b.jpg

ぶーたろうは 前回の雪景色 に次いで二度目。夫婦で写真撮りまくり、程なく終了。
すすきのに戻り、朝飯へ、


二条市場

057.jpg

立地が抜群に良い。 これは客も集まるよね。

 
058.jpg

色々と食指は動きつつも、先ずは朝飯を済ませよう。


魚屋の台所
 
059.jpg

朝 7:00から開いているのはとても嬉しい。


060.jpg

帰るだけなので 早朝から サッポロクラシック、お世話になりました、乾杯。


061.jpg
ぶっかけ海鮮丼

贅沢な朝飯を頂いてしまいました、ご馳走様でした。

あらかた買い物は済ませてしまったので、出発まで部屋でのんびり。
後は新千歳空港内で最後のお土産購入、と言っても そちら女房の強い要望なので、


062.jpg
 
一人ラウンジで、最後の サッポロクラシック を頂きながら この旅の想いを巡る。
うん、札幌は仕事で来なきゃ とても楽しい街だな。  ・・・あ、そりゃ何処でもそうか(笑)

-終わり-    前編に戻る

nice!(80)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

2017 仲夏 北の大地で呑んだくれ 前編 [旅]


■ 某月某日: オフ、晴れ
9:30 羽田発 ANA便で 新千歳に向け出発。

001.jpg
 
ぶーたろうは過去仕事で何度も訪れていたが、女房は初北海道。
期限切れ間近のマイレージ消化、仕事無し、完全プライベート、ちょっと嬉しい。


002.jpg

新千歳からJR、11:30 札幌着。 付いて即向かうは駅ビル内の此方、


四季 花まる PASEO店

003.jpg

ぶーたろうは前回の出張に引き続き2度めの来店、此方 昼時は結構な行列店。


004.jpg

先ずは北海道限定 ”サッポロクラシック” で乾杯。
そして今回、同銘柄を呑み倒す旅となる最初の一杯、であった(笑)


005.jpg
ランチセット ¥1,252

大椀はホタテの味噌汁、茶碗蒸しも付いてコスパ良し。
追加で”青そい” と ”炙りえんがわ” を2貫づつ握ってもらい 満足、ご馳走様でした。


駅からホテルに向かう道中、札幌初心者の女房向けに、


007.jpg
008.jpg
009.jpg
 
いかにも、的な札幌の名所を のんびりジグザク歩く。
ホテルはチェックイン時間前だったので、フロントに荷物を預け買い物に出かける。

狸小路から地下街に向かい行ったり来たりを繰り返すうちにチェックインタイム。
シャワーを浴びた後ディナーまでまた買い物、ちょっと喉が渇いたので 0次会、
すすきの交差点角、すすきのビルB1F、


まねき屋 本店

010.jpg

地下鉄直結、カウンターに木製シート のみの大衆酒場にお邪魔した、先客2名。
メインの一次会に影響が出ないよう、@¥1,000 の晩酌セット

1杯目:生ビール
2杯目:焼酎 or 日本酒
肴1:もつ煮 or おでん or (限定)ソイの煮凝り
肴2:串かつ or ハムカツ
肴3:お新香

を2セット。


011.jpg

ソイの煮凝りを サッポロクラシック で流し込む、乾杯、美味い!


014.jpg
串かつ、ハムカツ、お新香2種

012.jpg
 2-1杯目:焼酎水割り

013.jpg
モツ煮込み

女房がセットにはない 焼酎ナポリン割り を所望したため 2-2杯目 ひや酒も呑む羽目に。
いや 素晴らしい。この内容にしてこの金額、フレンドリーな接客。ご馳走様でした。


015.jpg

時間が来たのでビルを出て見上げると、あの有名な伯父さんが微笑んでいた。
おお、此のビルの下で呑んでいたのか、と感慨もひとしお。

次、予約した今宵のディナーは、すすきの交差点から徒歩4分の此方。


開陽亭 すすきの店

函館に本店を置く 人気海鮮居酒屋。

017.jpg
 
本日3回目の サッポロクラシック で乾杯、お通しも美味し。


018.jpg
旭川アスパラガス ゆで

北海道で食べるアスパラガスは 毎回どうしてこんなに素材の味が濃いのだろう。
トウモロコシに近い独特の旨さがあるんだよな。


019.jpg
刺盛り 2人前

020.jpg
塩水ウニ

近海の高級バフンウニを食らう。美味い、 あー 日本酒が呑みたくなってきた。


021.jpg
十一州 純米吟醸

此の地酒が旨いんですわ。 前回の出張で めんめ の主人に教えてもらった旨口酒。
そして 次々に運ばれてくる海の幸達、


022.jpg
活ホタテ貝焼 バター醤油

023.jpg
 地サケカマ焼

024.jpg
カレイの煮付け

たまらなく美味い。


025.jpg
登別牛乳アイス

最後はクーポンサービスの濃厚アイスで〆、ご馳走様でした。
予想した金額の半分くらいのお勘定で超満足、また来たいです。

腹ごなしに夜の狸小路を うろうろブラブラ、すすきの の夜はまったり更けてゆく。










■ 某月某日: 二日目、快晴
快眠後のホテル出発。
電車で目的地へ行くつもりが、前日就寝前に Google MAP で確認したらバス便を発見。
戻りはJR必須なので 行きは路線高速バスで、出発地もホテル至近で楽ちん。


026.jpg

乗客も少なめでゆったり。 高速道路をバスはひた走り、目に飛び込む新緑も眩しい。


027.jpg
 
所要時間 1時間程で 住吉神社前に到着、 更にそこから徒歩10分。


028.jpg

目的地 小樽 到着。 此方口に出すのがこっ恥ずかしい メルヘン交差点(笑)

さて時間はたっぷりあるものの、メルヘンには縁遠いおじさんは何処へいけばよいのやら。
おっ、知っている名前の店がある、

六花亭 小樽運河店

029.jpg

マルセイバターサンド でお馴染み の六花亭。 ショップ 2階に お洒落なイートイン発見。
シュークリーム が ¥90、そしてコーヒーがサービスとな、


030.jpg

じゃ、朝飯代わりに2個食おう(笑)  女房も真似して2個食い(笑)

そしてこれが カスタードクリームがたっぷり詰まって とても美味しく。
のんびりまったりと モーニングタイムを過ごさせて頂いた、ご馳走様でした。


その後、女房がどうしても来たかった 北一硝子の各店舗でじっくりお買い物。
特にクリスタル店とアウトレット店へ二度三度と足を運び、目的の醤油差し 2種、
ロックグラス、ミルクピッチャー、猪口 以上を自宅用で購入。




此のゆらゆら猪口がちょっと気に入って、自宅用と土産用に購入。

他の土産用も併せると、厳重な梱包と相まって 結構な物量になってしまった。
よし、この先の行程を考慮し、宅急便で送ろう、楽ちん楽ちん(笑)

031.jpg

此の古い町並みを歩いて回るだけで小樽はとても面白い、と認識。

他にも 手宮線跡地 とか

032.jpg
 
ふと気がつくと お昼。 じゃ 予約した店へ向かうとするか。

-後編へ 続く-

nice!(61)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

立夏 のほほん酒 本日もブラブラへろへろ [酒]


■ 某月某日: 通常勤務、晴れ
6-7月に国内出張、海外出張、展示会出展2件が 束になって押し寄せる羽目に。

5月中に出来る限りの準備をし、ついでに2週続けて遠場と近場の国内旅行をプラン。
自ら招いた あたふたどたばた作戦が幕を開ける。

本日の昼飯、 最近此処のカレーばっか食ってます。



超美味い! ご馳走様でした。










■ 某月某日: 通常勤務、晴れのち雨
午前中から神奈川の某野球場でメンテナンス立ち会い。


01.jpg

天気良過ぎ、浜風が気持ち良い。

本日のランチは、時間があれば中華街のアノ店とかコノ店だとか行きたかったけど、


揚州商人 横浜スタジアム前店

02.jpg
担々麺(刀切麺) ミニ杏仁豆腐セット

美味い、ご馳走様でした。

メンテ終了後 動作確認時にポツポツ雨が。 おー、 なんとか間に合ったな。
この球場、プライベートで試合を観に来た際も、結構な頻度で降られた経験あり。
仕事的には大変お世話になってはいるが、個人的には相性悪し。










■ 某月某日: 通常勤務、晴れ
オランダから届いた8カートンの大型荷物を、成田から直接顧客の会社へ納入。
量が多すぎて自社には下ろせないための苦肉の策。

部下に数量チェック、目視点検を任せ、別件の打ち合わせへ 暫し中座。
いない間に数量チェックに関する人的ミスが発生し、戻った途端に即謝罪。
結果事なきを得るも、冷や汗の量は尋常でなかった。

業務終了後 失った汗の補給に溝の口、予約した店内で女房と待ち合わせ。


どん

03.jpg

本日も満席、平均年齢も相変わらず高し。


04.jpg

乾杯、マカサラ ¥180 を ホッピー大で流し込む。
じゃ 鉄板の肴達を、


05.jpg
ちくわの磯辺揚げ

06.jpg
ハムエッグ

07.jpg
厚揚げジャコネギ (ハーフ)

08.jpg
タレ、塩 各種串

09.jpg
生すだちハイ、ハラミ網焼き

嗚呼美味い、美味すぎる。 加えて最近食えなかったハラミも食えたし満足満足。
ご馳走様でした、また来ます。

次、いつもの



11.jpg

タイミング良く2席空いてた。では神奈川の地酒を、


12.jpg
相模灘 無濾過本生原酒 純米吟醸 美山錦 槽場詰め

乾杯、 美味い。 酸味と吟醸香のバランスが素晴らしい。


13.jpg
ポテトサラダ

素晴らしい、日本一の評価は揺るがない。


14.jpg
かすみロ万 純米吟醸うすにごり生原酒

15.jpg
焼茄子

16b.jpg
月中天 熟成 山廃純米無濾過生原酒

嗚呼、美味かった。 ちょっと呑みすぎたかな、ご馳走様でした。まっすぐ帰ります。










■ 某月某日: 土曜出勤、曇り
会社のWEB, SNS まとめて更新、YouTube チャンネル 整理、アップロード、 で
あっという間に時間が過ぎて、予定時間にピッタリ勤務終了。 今週もお疲れ様でした。

東横線 祐天寺駅で女房と合流、土曜日 仕事終わり呑みといえば、

21.jpg

いつ来ても混んでるわ、相席でなんとか潜り込む。


22.jpg

元祖レモンサワーで乾杯。


23.jpg
お新香

24.jpg
 レバカツ

25.jpg
(トンビ) 汁豆腐

美味いぞ、ばん! 最高だ、焼酎お代わりついでに ラーメンメニューを、

26a.jpg
メンマ

26b.jpg
チャーシュー、ポテサラ

28.jpg
27.jpg
各種串焼き

31.jpg
山菜の天ぷら

33.jpg
 
そして久々のレモンタワー。 此の店 嬉しいことに2杯目からの焼酎がかなり濃くって。
良い気分で酔っ払ってしまった、 ご馳走様でした、また来ます。


買い物目当ての女房と別れ、祐天寺の駅 には戻らず、徒歩でのんびり学芸大学方面へ。
10年以上通った此の街も、会社が引っ越して早3年、当然 風景も 店舗も 色々変る。
あの頃 この店があったらな、

35.jpg

ここは以前、立ち食いそば屋があって、その後 近江ちゃんぽんの店だった場所だな。

って、実は酔っ払ってこの店 全然記憶に無いんだ、いつもの如く(笑)


36.jpg
ゴールデン酎ハイ (多分)

37.jpg
38.jpg

なんでアテ2種類が 2つとも小魚なの? 俺(笑)  まぁ嫌いじゃないからな。
カルシウム補給完了、ご馳走様でした。

とりあえず 無事帰れたから良しとするが、最近記憶が飛ぶのは良くない傾向、
と 自覚しながら自制なし、人に優しく自分に優しく、おやすみなさい。










■ 某月某日: オフ、晴れのち曇り
朝一 休日恒例スーパーの買い出し。 一旦帰宅後即出発、10:10 到着。

最近他の店も覗いたりしているけど、通い慣れた此の店が やはり落ち着く。


42.jpg

運転を女房に託し朝ビール、乾杯。


43.jpg

いつもの通り、大盛り蕎麦と空猪口追加でシェア、そして美味い、更に満腹。
コスパと満足度が比例するとても良き店である、ご馳走様でしたまた来ます。


深大寺 山号は浮岳山。
 
44.jpg

此の門前町の 風情が好きだ。


45.jpg
46.jpg
47.jpg

健康のため甘味をセーブしている身としては、写真を撮って気を紛らせるつもりが、
ヨダレが貯まりまくりの巻(笑)   暫し心と体をリフレッシュ。

さて、来週末はちょっと足を伸ばしてアノ地へ伺います。

nice!(68)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

G.W. 2017 5連休6連呑馬鹿 後半戦 [酒]


前半戦より続く

■ 某月某日: G.W.三日目、晴れ
女房が朝から友人とお出かけ。 さてと 気楽に一人昼呑みかぁ。

赤羽、上野も考えたけど やっぱ此処だな、

11:00 到着。


b00.jpg

連休最中、当然といえば当然ながら 思った以上の人出に 思わずたじろぐ。


b01.jpg

おお いつもの餃子屋にも見たことのない行列が・・・。 うん、しょうがない。 G.W. だもんな。
で、そうなったらそうなったで 行き先変えるだけ。


CRAFT BEER MARKET 吉祥寺

b04.jpg

アルコール度数7% の 御殿場高原ビール ヴァイツェンボック で乾杯、クー、美味い。
度数は高いが芳醇な香りとコクが堪らない。


b05.jpg
 ポテトサラダ

タブレットで本読みながら、まったりと時間を過ごせた、ごちそうさまでした。
次、世界一好きな店。


いせや北口店

b07.jpg

いつも変わらず、焼酎、炭酸、梅シロップ、 乾杯。


b08.jpg
塩キャベツ

b09.jpg
タレ串 シロ、正肉、皮

b10.jpg
塩串 カシラ、ナンコツ、ハツ

2人で来ようが1人だろうが、此の店は優しく迎えてくれる。全然愛想が良い訳では無いのだが(笑)
ご馳走様でした、また来ます。


さて、どうする。それなりに酔っ払ったし、帰るか・・・ ん?  見慣れぬ餃子の看板。


GyoZa Brothers

b11.jpg

朝食いっぱぐれたのと 安さにつられて入ってみた。 ら、内装めっちゃオシャレ。
餃子店のイメージ皆無。

 
b12.jpg
ハイボール ¥290

乾杯。


b13.jpg
焼餃子 ¥290

普通に美味いのでコスパは高い。が、あえて言わせてもらえば個性が無いか。
店構えも含め ターゲットは若年層、連休の昼間に空いているのは場所が分かり難いからだな。
ご馳走様でした。

では帰る前に、夕飯のおかずを。 二人で並ぶと不経済だが、一人で並べば問題なし。


吉祥寺 さとう

b14.jpg

それがタイミング良くて思いの外短い行列で、


b15.jpg

夕飯分 プラス立ち食い分を購入、その場で即食う。 揚げたて熱々肉汁が胃と心に染み込む。
またハイボール呑みたくなって自販機探すも、そんな簡単には見つからない。帰って寝よっと。










■ 某月某日: G.W.四日目、晴れ
以前から懸案の ”女房お守り返納シリーズ” 本日は亀戸編。
ぶーたろう的には馴染みの薄い街ではあるが、それならそれで行きたい店はある。

10:00 自宅最寄り駅出発、11:00 JR 亀戸駅着、
即有名餃子店に向うと 開店直ぐにも関わらず そこにはなんと100人以上の長蛇の列・・・
えっ こんなに並ぶの?すげーな。 回転が良いと聞いたけど こりゃダメだ。

朝飯食わずに来たから腹も減ったし、 よしっ 次の候補店へ、
徒歩5分、亀戸二丁目団地到着。


養生料理 高の

d01.jpg

団地の1Fに店舗を構える ジビエに強い蕎麦店。 入り口左側に立ち呑みコーナーあり。
立ち呑みメニューは 肴:4点 酒4種。

先ずは、

 
d03.jpg
キック

乾杯。
ちなみに キック = 酎ハイ+ くし切りライム、  フック = 焼酎麦茶割。 次に、



ポテトサラダ ¥80、煮込 ¥280

¥80 のポテサラは 温かくゴロゴロしたじゃがいもに 濃厚な肉味噌マヨを和えた逸品。

煮込みは猪肉小鍋が大型固形燃料でグラグラ煮込まれ、沸騰すると固形燃料へ吹きこぼれる、
自動消火システム(笑) うわ、脂が染み出た熱々のスープが凄く美味い。

何れの肴も想像の斜め上を行く。 良い意味での驚かされっぱなしは未だ続く。


d05.jpg
 鶏もも素揚げ ¥390、 ハムカツ¥80

荒目のそば粉でカリッと揚げたハムを蕎麦つゆで頂く、此れも美味い。
そして メイン登場、鶏もも素揚げは、


d06.jpg

箸が2本刺さった状態で漬け込んである もも肉を、そのままじっくり揚げた逸品。
ビジュアル的には はじめ人間のマンガ肉。 美味すぎて夫婦で奪い合った(笑)
いやぁ とても良き店と出会えて嬉しい限り。 ご馳走様でした、また来ます。

では、本日の主目的地へ、徒歩7分 到着。


亀戸天神社

d07.jpg

超大混雑(笑)
G.W.終盤、そして ふじまつり 絶賛開催中とは言え、太鼓橋が人で埋まって凄いことに。


d08.jpg

たしかに藤棚 キレイなんだけど、藤棚越しに観える人混みの凄さよ。


d09.jpg

そして名物 甲羅干し軍団も 混雑状態。


d10.jpg

取り急ぎ お守り返納と お参りを済ませたら そそくさと退散、何かの折にまた来ます。

駅に向かう途中、人混み疲れでちょっと休憩。


亀戸梅屋敷

d11.jpg
女房: 電気ブランソフト

何だこれ(笑)


d12.jpg
ぶーたろう: ハイサワー

爽快な五月晴れの下、コップに氷入れてゴクゴク呑んだら元気が出た。

再び駅に向かいつつ、念の為有名餃子店を覗くと、更に行列が伸びて150人程に!
すげー、食い物屋さんでこんなに並ぶの始めてみた。・・・じゃ、また何かの機会に。

駅の反対側に出た時点で、買い物目当ての女房と一旦別行動。
ぶーたろうが向うはリサーチ済みの此方、


立ち呑み とーど

d13.jpg

お、やってるやってる、お邪魔します。どうやら若い店主が一人で切り盛りしているようだ。
カウンターに陣取ると 折りたたみ椅子を勧められたので遠慮なく使わせてもらう。
非常に腰の低い丁重な接客に好感。


d14.jpg

支払いは現金 若しくは、¥500で 11枚 x ¥50 のチケットを購入する。 という事で 二束購入。


d15.jpg

乾杯! 酎ハイ ¥200 で 煮玉子 ¥100 を流し込む。

では、


d16.jpg
コロッケ ¥100

d17.jpg
 ハツ、ぼんじり 2本で¥250

d18.jpg
冷奴 ¥100

d19.jpg
メンチカツ ¥200

酎ハイお代りして チケット2冊+現金 ¥50、 しめて ¥1,050 で終了。料理、普通に美味し。
特に揚げ物、熱々 に加え キャベツにソースかけてチビチビ食うのが立ち呑みに最適。
近所にあると嬉しい店だな、ご馳走様でした、また来ます。

裏手の東口改札前で女房と合流、車中爆睡、でいつの間にか帰宅。
うー、残す所 後1日。











■ 某月某日: G.W.五日目最終日、曇り
最終日は曇ったが 概ね天気に恵まれた黄金週間だったな。
翌日からの事を考えると 自宅でゆったり静養 も選択しとしてはあったが・・・

11:25 JR立川駅着、11:30 口開け入店。


餃子のニューヨーク

f01.jpg

連休の最後もやはり餃子、 いつの間にか餃子ブログみたくなってきた(笑)


f02.jpg

白ホッピーで乾杯。 後はいつも一緒の、


f04.jpg
パクチーピータン

f05.jpg
 揚げ餃子

f06.jpg
 焼き餃子

f07.jpg
水餃子

安定の美味さ。 食い終わった頃には既に満席。

オーダー時 今回始めて店員から"昼時はランチの注文を優先します" と言われた。
回転率を考えれば店側の気持ちも分かる。 ダラダラ飲んでいる奴 いっぱい居るし。
しかし同時に我々の様な 早呑み早食い梯子酒夫婦も結果長っ尻になってしまう。
難しいところではあるが、試行錯誤し乗り切ってほしい次第。 ご馳走様でした。

次、6連呑ラスト。


立川やきとん

f10.jpg
 
いつも そこそこ客が入っている、客層も幅広い。


f11.jpg

酎ハイ で乾杯。


f12.jpg
山盛りキャベツ、コロッケ

f13.jpg  
各種焼とん

美味い。酎ハイと焼とんは美味い! 一生死ぬまで毎日呑み歩きたい、
足腰が丈夫なうちに色々呑み歩いておきたい、医者に止められる前に (ry
ご馳走様でした、また来ます。


f15.jpg
 
大変良き五日間であった。 次の連休は何時かなぁ、 それまでお仕事頑張ります。

nice!(76)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

G.W. 2017 5連休6連呑馬鹿 前半戦 [酒]


■ 某月某日: 通常出勤、晴れ
今年のゴールデンウィークも 例年同様カレンダー通りの勤務と休暇。


a00.jpg

近所の二ヶ領用水にて、橘香る朝風に高く泳ぐは 鯉のぼり。


通常勤務終了後、翌日からの5連休を祝し 自由が丘にて女房と前夜祭。
まずは久し振りの此方、


ほさかや

a01.jpg

実は最近、弊社社長がこの店の常連だと聞いて驚いた。 未だ出くわして無いのは幸い(笑)


a02.jpg

瓶ビールで乾杯。  じゃ、かしら以外一通り、塩焼き、三点盛り下さい。


a03.jpg
3点盛り (う巻、八幡巻、鰻煮こごり)

a04.jpg
ひれ、からくり、きも

a05.jpg
塩焼き

最高だ、最高に美味い。 煙の香りだけでも 暫く呑んでいられそうだ。
もうちょっと居たいけど此の辺で。 ご馳走様でした、また来ます。

次、徒歩10歩、


金田

a11.jpg

17:00 の開店5分前に着くも、既に暖簾がかかっていた。 お邪魔します。


a12.jpg

生ビールでお通しのやっこを流し込む、乾杯。 では美味そうなアテを順番に、


a13.jpg
山菜盛り合せ
こごみ胡麻・行者ニンニク・フキ味噌・ワラビ白和え・ウド酢味噌

a14.jpg
海老しんじょう揚げ

a15.jpg
カツオなめろう

酒は菊正宗 ぬる燗 で頂く、美味い。


a16.jpg
豚角煮

a17.jpg
ふきのとう 天ぷら

a18.jpg
炊合せ (里いも・湯葉・ニシン)

客層が我々夫婦より更に上目なのも居心地が良い。 まったり静かな時間が流れる。
嗚呼、此処でも もう少し長居をしたいが 若干混んできた。 改めて伺います。
ご馳走様でした。

次、徒歩10歩、


かとりや

a21.jpg

奥のカウンターが空いてた、ご無沙汰です。


a22.jpg

またも菊正宗、但し此方では樽酒 で乾杯。

3件目では もはや多くは食えないが、


a23.jpg
タレ串

a24.jpg
塩串

美味い串をコレだけ食えれば十分満足、ご馳走様でした、また来ます。

素晴らしい前夜祭であった。明日からに備え早めに寝ます、おやすみなさい。










■ 某月某日: G.W.初日、晴れ
買い物目当ての女房が 10:30 自宅出発、続いて ぶーたろうも 11:30出発。
12:30 伊勢佐木町着

 
c17.jpg

12:45 待ち合わせ場所で女房と合流。


c18.jpg

野毛方面へのんびりと、 心地良い気候に心が弾む。

13:00 女房の好きな店へ到着。


三陽
 
c19.jpg

一年ぶり、毎年この季節にお邪魔している。


c20.JPG

バクダンを 瓶ビールで流し込む、乾杯。


c21.jpg
餃子

相変わらず黙っていると一人一皿頼まされそうになるが、なんとか二人で一皿を注文すると、
なんと今回始めて "後から追加できないけどいいね" と脅された(笑) 本当かよ。


c22.jpg
スペアリブ

排骨(パイクゥ とかパイコーとか) の類だが、コレがビールに合って美味かった。


c23.jpg
ザーサイ入ネギ炒め

c24.JPG
ジャスミンハイ

c25.jpg
もつ煮

相変わらずの安定感、ご馳走様でした。

次、徒歩2分、
 
c26b.jpg
 
先日 創業10周年を迎えられたとか、おめでとうございます。


c27.JPG
Pol Messer Brut

乾杯。


c28.jpg
季節野菜のバーニャカウダー

c29.JPG
 Rex Goliath Cabernet Sauvignon

c30.jpg
トマトとバジルのパスタ

絶妙な茹で加減であった。 ご馳走様でした、また来ます。

此処で一旦買い物を続ける女房とは別行動。 京浜川崎へ向かう女房は 日ノ出町 へ、
ぶーたろうは 桜木町方面 ぴおシティへ、向かうは先日も行ったこちら、


じぃえんとるまん 桜木町店

c31.jpg

連休なのに混んでいる。はたまた、連休だから 混んでいるのか。
一人なので正面カウンターの空きスペースに さっ と陣取る。


c32.jpg
酎ハイ ¥250

c33.jpg
 ハムエッグ ¥200

c34.jpg
 キャベツ焼き ¥300

粉もん含めた鉄板料理2品で腹が膨れた、安い、満足、また来ます。


c35.jpg

連休初日から3件ハシゴし、明るい時間に呑み歩き終了。 何という満足感、G.W.万歳。










■ 某月某日: G.W.二日目、晴れ
朝一、いつものスーパーで買い出し、続いて 川崎市北部市場でも諸々買い出し、
ついでに行きつけの酒屋とかであれやこれや 調達。

帰宅後軽く休憩をはさみ、材料の下ごしらえ開始、ビール片手に鼻歌交じり。


e01.jpg

特選素材は ワンパック ¥60 のホワイトマッシュルーム。
海老と帆立 は自分で串を打ってみた。


d02b.jpg

何れも銘酒をラインアップ。

そう、本日は ベランダパーティ 2017 の開幕日。 今年は何回開催できるかな。


e03.jpg

開始予定30分前に 炭火がセットされ、鶏モモ、豚シロ 串の下焼きをスタート。
炭火の調子を計るために ソーセージや野菜を試し焼きしつつ つまんでは グビグビ。


e04.jpg

此方ベランダ栽培の山椒の葉。 見事に生え揃った。
会津料理 "ニシンの山椒漬け" に使われる予定。


e05.jpg

いい感じに下焼きが終わった頃、女房、長女、義妹が揃い、パーティー開始、
シャンパンで乾杯。


e06.jpg

これこれ、ホワイトマッシュルームに汁が溜まったら 塩コショウし そのまま食すと・・・
めちゃくちゃ美味い。 けしてひっくり返してはいけないのだ。

 
e08.jpg
 
高級カルビも美味かったが、鰻キモ、海老、ホタテが やはり絶品だった。
ちょっと食い過ぎたが、終わってすぐ横になれるのがホームパーティの良き所。

そのまま昼寝、夜中に目が覚め レンタルBD 3作、 これこれこれ。 満喫しすぎ。

後半に続く。

nice!(76)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

新緑グビグビ春の海 伊東暴飲旅 [旅]


■ 某月某日: オフ、曇り
11:00 東海道本線快速アクティー で川崎駅を出発。


01.jpg

快速と言っても ローカル線、いつもの座席指定が出来ない普通グリーン車 でのんびりと。
乾杯。


02.jpg

海や緑の景色が流れる車窓を眺め、以前頂戴した日本酒をグビグビと。

気持ちが良いので もうちょっと乗っていたい気分の中、一時間半足らずで 熱海駅 到着。
乗り換え時間がタップリあったので 時間つぶしに売店へ、

酒のアテにぴったし、出発までチビチビつまむ。


04.jpg

ローカル 伊東線で 12:45 伊東駅着。
事前にチケットを買わず、最寄り駅から グリーンも含め 交通ICカードだけで旅行ができるのは超便利だ。

駅前の商店街をゆっくり冷やかしながら海岸方面へ向かうと、


11.jpg

程なく到着、先客二組。


杉国商店

12.jpg

前日までは雨の予報だったのだが、なんとか持ってくれて嬉しい限り。
ではオレンジビーチを眺めながら、


13.jpg

乾杯、 ぷはぁ。


14.jpg
豆アジの素揚げ

此れはカレーパウダーをぶっかけて食すとビールが進む。


15.jpg
生搾りグレープフルーツサワー

16.jpg
アジピザ

アンチョビに劣らないアジが効いた名物ジャパニーズピザには 粉山椒をぶっかける。


17.jpg
カマスの干物、イカ生干し

ホテルのチェックイン時間も忘れ、芋焼酎水割りを追加したら 幸せが満ち溢れてきた。
ずーっと此処で呑んでいたい欲望を押さえつつ、ご馳走様でした、また来ます。

いつもの通り、海岸線をのんびりあるきながら、松川遊歩道を折れると、


19.jpg

伊東のシンボル 東海館 がお出迎え。


20.jpg

更に遊歩道をテクテク進むと、


21.jpg

定宿 到着。


22.jpg

旅行気分が満喫できる 大好きな和洋室タイプが今回の部屋。 窓辺の新緑も気持ち良し。
早速 大浴場へ、本日は男子露天風呂が海側、ゆっくりまったり、出たり入ったり。

湯上がりにマッサージチェアでモミモミされてたら いつの間にか寝入ってしまった。
ちゃんと部屋に戻って 時間まで夕寝。

気がつくと予約時間、今宵お邪魔するのはホテル至近、


和食処 にしむら
 
31.jpg

実はご無沙汰していました、 前回のランチから8ヶ月振り、ディナーは約1年振り。


32.jpg

旬の先付けを いつものポールスターで流し込む、乾杯。

では、コースを初めて下さい。


33.jpg
生ハムのサラダ

34.jpg
刺し盛り

35.jpg
白身魚フライ

36.jpg
牛スジ デミグラスソース煮込

37.jpg
山菜とホタルイカの天麩羅

38.jpg
 茶碗蒸し

とても美味い。 和洋合わせたコースが絶妙だ。特に牛スジの煮込みが最高だったな。
もうちょっと食べたいところで ご馳走様でした、また来ます。

実は一軒目のオーダーを 比較的軽く済ませたのは もう一軒行きたかった店があり、


K's BARU

41.jpg

ネットでもあまり紹介されていないイタリアンバル、ちょっと評判を聞きつけて初来訪。
分かり難い場所、知らなければとても入りにくい店構え、観光客向けではないな。
しかし 入ると とてもフレンドリーな接客でで ホッとする。 やはり客層は地元民率高し。


42.jpg

ハウスワイン白 で乾杯。

 
43.jpg
真鯛のカルパッチョ

美味い、これだけで実力が分かる。 ポーションも文句なし。


44.jpg
 生ウニのペペロンチーノ

あ、美味過ぎ。
しまった 大盛りにすればよかった、いやもう一皿頼むか、と ちょっと悩んでしまった程の逸品。

素晴らしい、もう少し頼みたかったが呑みすぎた、次回は是非一軒目で。
ご馳走様でした、また来ます。


45.jpg

ライトアップされた東海館を 柳越しに眺めつつ、伊東の夜をたっぷり満喫したバカ夫婦であった。
お休みなさい。









■ 某月某日: オフ、快晴 続きを読む


nice!(66)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理