So-net無料ブログ作成

夜長月 バクバク、グビグビ旅 御殿場、仙石原、沼津編 [旅]


■ 某月某日: オフ 晴れ

7:40 自宅出発、 東名下り いつもの大和トンネル渋滞を抜け 海老名SAでつまみ食い休憩。
その後順調に流れ、御殿場IC 下車、 9:45 目的地着。


炭焼きレストラン さわやか 御殿場インター店

01.jpg

静岡県内でしか展開していないにも関わらず、知名度は全国的なハンバーグチェーン店。
そしてこの御殿場店は関東から一番近いが故に 休日は3時間待ちもザラ、と言われる。
10:45 開店 の処 9:30 から予約ができるらしく 到着時点で 11番目をキープ。

とりあえず名前を書いたら、時間まで徒歩圏内で買い物。 開店10分前に戻ると既に駐車場満車、
店内もごった返し。 10:45 ちょうどに案内開始。名前を呼ばれてもその場に居ないと 容赦なく
予約はキャンセル。軽い緊張感が漂う中、11:10 名前を呼ばれテーブルに通された。

オーダーはもちろん げんこつハンバーグ オニオンソース。 儀式の模様はこちら、



オニオンソースは ”かけないで” と伝え、早速頂く。


02.jpg

最初の半分は塩コショウのみで頂き、残りをオニオンソースで頂く。
うん、これは中々美味い とは思うが、1時間以上並ぼうとは思わないな。
いや でも美味かった、ご馳走様でした、機会があれば是非もう一度。

じゃ、いつもの

03.jpg

実は前回此方に来た際、某ショップで珍しく自分自身の財布を新調したくなり、
まるでショーウインドウのトランペットを見つめる黒人少年の様になったが その時は買わずじまい。


04.JPG

それを見ていた女房が 今回遅めの誕生日プレゼントとして買ってくれた、 という良い話(笑)
どうもありがとう、大切に使います。

時間が来たので定宿に向かう。


05.jpg

また来てしまった。


06.jpg

忙しくて気持ちが荒む程、ここでの休養が大事になる。


07.jpg

露天風呂にたっぷり浸かり、マッサージチェアでうたた寝し、湯上がりビール呑んだら
横になったてまた うたた寝し。  さて、早めの夕飯は いつもの、
11.jpg

ピラミッドアジサイ が其処彼処で満開。 では、ビールは部屋で呑んだので いきなり、


12.JPG
車坂 涼の純米酒 生

和歌山の酒で乾杯、美味い。


13.jpg
鰹のたたき

14.jpg
たっぷり あさりの酒蒸し

15.JPG
杜の蔵 二の矢 山田錦 純米生酒

程よい酸味となめらかな旨味が絶妙、久留米の酒が美味い。


16.jpg
茄子の肉味噌

17.jpg
小鯵のマリネ

満足。いつ訪れても なんとも言えない幸福感に包まれてしまう。
ご馳走様でした、また来ます。

次、ネットで何の気なしに見つけたこちら、


元気食堂

21.jpg

いつものエリアから離れること数分、こんな場所に本当にあるのかよ、と思って歩いていると、
いきなり現れる。 先客3組 多分皆様地元の方かと。


22.JPG

ハイボール で乾杯。
メニューを見ると料理は ¥400 均一。 まずは選べるミックスフライを、


23.jpg
ミックスフライ(メンチカツ、ハムカツ、エビフライ)

24.jpg
 自家製ギョーザ

25.jpg
昭和のナポリタン

うん、これは中々良いではないか、女房も気に入った様子。
ちなみに ¥100 足すと +おかず一品,味噌汁とご飯が付く定食対応。ナポリタン定食も可。
ご馳走様でした、また来ます。

良き店を見つけてすっかりご機嫌になった酔払いバカ夫婦は、その後部屋呑みでベロベロ、
お休みなさい。










■ 某月某日: オフ 曇り

気持の良い朝を迎え、部屋でコーヒー飲んでちょっとのんびりしたら即出発。


31.jpg

仙石原すすき草原のススキは穂先が黄金色に生ってきた。
心地の良い緑のトンネルを抜け、


32.jpg

元箱根の温泉街を横目に見て、更に峠を超えて暫く走ると、


33.jpg

10:30 沼津港 到着。 本日の朝飯はこちら。

"沼津魚市場の競り権を持つ鮨屋" が売り文句、御殿場アウトレット店はいつも長蛇の行列。
11:00 の口開けに行ったら3番目に案内された。


35.jpg

先ずはノンアル で乾杯。


37.jpg

沼津といえば、のアジフライ、 加えて天ぷら盛り合わせ。


38.jpg

こちらはクーポンサイトでゲットした おまかせ握り2かん 二人前。
そして本日のメイン登場、


36.jpg
豪快富士山盛り

名前負けしてない豪快さであった、満足。ご馳走様でした。


41.jpg

腹ごなしに土産物屋を散策。


42.jpg

地の "おくら"と、


43.jpg

今回は寄らなかった丸天、 の土産コーナーで 大好きな "あら煮" と"鮭皮のマリネ" を
晩酌用に購入。  あー楽しかった、いつかまた来たい、と切に願うのであった。

nice!(59)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

2017 夏休み 後編 - 新潟 [旅]


2017 夏休み 前編 からの続き

■ 某月某日: 夏休み3日目 晴れ

6:00 起床、 6:30 ホテルの朝食、7:30 チェックアウト  郡山のホテル出発。
国道288号 で 郡山東ICから 磐越道で 一路 日本海方面、9:30 新潟の実家 到着。

荷物を降ろしコーヒー飲んで一息、近況報告も済、夕餉の仕入れに父親の運転で出発。
(以降 例年判を押したように 何時もの通り 何時もの行動)


51.jpg

海沿いを走る 国道402号 を南に進む。 快晴の越後七浦シーサイドラインが心地よし。
子供達が小さい頃に毎年海水浴に来た各海岸に想い出を重ねつつ、


寺泊 魚の市場通り

52.jpg

毎年来てます、今年も来ました、毎度結構な人出にたじろぎ、駐車場には県外ナンバーがズラッと。


53.jpg

先ずはおやつ代わりに 磯焼き食べ歩き。 いつもの店でカニを人数分、近海刺身のサクを幾つか、
発泡ケースに氷と一緒にまとめてガサッと詰め込んでもらい トランクへ。

食材持って一旦帰宅後、昼飯は母親が造る 天ぷらと素麺、超美味し、ご馳走様でした。
午後から買い物、市内を車で巡り、夕刻帰宅。 弟夫婦も揃い 冷酒の地酒を準備。


54.jpg

子供や姪っ子が居た頃は このカニが 10パイはテーブルに並んだものだ。
子達は各自が其々の道を歩み始め、それはそれでしみじみ喜ばしく。
子供を育て上げた大人達の宴も これはこれで結構楽しく、
冷酒とカニ味噌ループ、刺身と茶豆ループで、夏の夜はまったりと更けてゆくのだった。











■ 某月某日: 夏休み4日目 曇り

起床後 本日は遅めに実家出発。 車ではなく電車で。何故ならば、
初めて訪れる女房を連れて 新潟駅構内の此方へ出向くため。



また来ちゃった(笑)
夫々コイン5枚を握りしめ、知っている酒、知らない酒を試飲してゆく。

前回出張で訪れた際に呑んで旨かった酒に再会し、また 今回は新たに


60.jpg
61.jpg
62.jpg

今回も旨い銘柄と出会えて 本当に幸せ。 実は5枚で足らずにもう5枚追加購入し、
ぶーたろう3枚、女房2枚 で楽しんだのだが、正直キリがない(笑)
思いっきり後ろ髪を引かれながら終了、楽しかった、また来ます。

新潟駅前 万代口ターミナルからバスに乗り、本町で下車。

本町市場通りから

63.jpg

中央市場商店街を経由し、


64.jpg

古町通りを 上(かみ) へ向かい、


65.jpg

白山神社へ。


66.jpg

新潟っ子定番散歩コースを 前回とは逆方向へのんびり歩き 向かった先は、本日のランチ、


中華そば こころ

67.jpg

市内では数少なくなった、燕三条系ラーメン店。
昔は、旧市役所 現NEXTの裏手に合った 某店とか 結構市内でも食べられたのにね。

では、


68.jpg
女房 : 煮卵ラーメン 玉葱多め

69.jpg
ぶーたろう : チャーシュー麺 背脂、玉葱 多め


あー、これこれ 懐かしいなぁ。青春時代が蘇る、ご馳走様でした。

最寄り駅までの帰り道すがら、ウン十年前に卒業した小学校を望みつつ、
同級生の家や、家があった場所を確認し、つかの間タイムスリップ感覚を楽しむ。

夕餉は2日続けて弟夫婦と夜更けまで、 お休みなさい。










■ 某月某日: 夏休み5日目 曇り

午前中、本日は車でショッピング。 前日バスで素通りした万代方面へ。
ランチは 前回に引き続き 芸能人御用達、女房は初めての

万代そば

71.jpg

おぉ、昼時は本当に並ぶんだな。 まぁ並んでも食いたいし、回転早いし。


72.jpg
バスセンターのカレー 普通 ¥470

嗚呼、美味い。 しみじみと美味しい。この見た目でピリッと辛いのがたまらない。
そば屋系カレーの頂点だな、ご馳走様でした、また来ます。

これで止めときゃいいのに、


みかづき


73.jpg
ホワイトイタリアン ¥430

やっぱ食っちゃう(笑) そして美味い! ご馳走様でした、また来ます。

午後も買い物三昧、一旦帰宅後 家族揃って 盆の墓参り。今年も参れて良かった。
そして、此方も恒例、


慶楽

81.jpg


今年も来られて本当に良かった。

ここ数年子ども達がいた際は オーダーバイキング を選んでいたが、もはやここでも
普通のコースを頂くことに。 今宵は 慶楽が誇る くまもと和牛 "和王" ディナーを、


82.jpg
慶楽特製冷菜 銘々盛り

83.jpg
"和王" と焼き茄子の温しゃぶ仕立て

84.jpg
海の幸と夏野菜の強火塩炒め

85.jpg
"和王" サーロインのチャイニーズステーキ (絶品!)

86.jpg
 本日のお薦め冷やし麺 (塩味)

87.jpg
自家製濃厚杏仁豆腐 マンゴソースかけ


素晴らしい。 ここ数年食べた中華料理の中で 断トツに美味かった。
母親が珍しく 美味しい を連発していたのが印象的だった。

また 来年も是非、皆元気にここで 顔を揃えたい。 ご馳走様でした。











■ 某月某日: 夏休み6日目 曇り

楽しい日々はあっという間に終わってしまう。
ちょっと早めに起床し、母親の作る朝食を美味しく頂く。

食後、荷造りしながら車へ荷物を積んでいると、姪っ子家族来訪。
小1の長女から4女まで、加えて今年待望の長男が誕生し 7人家族がやってきた。
さながら テレビでよく観る リアル大家族スペシャル状態 (笑)

せっかくなのでもっと一緒にいたかったのだが、出発の時間がやってきた。
一旦 さよなら、家族と親戚たちよ。またの合う日を楽しみに。

関越自動車道 西新潟ICへ乗る直前、最後の最後に恒例 新潟土産 for Myself (笑)


91.jpg
92.jpg
93.jpg
94.jpg
95.jpg
96.jpg
97.jpg

ほんと、新潟は土産の宝庫だな、冷凍バックにぎっしり詰め込み いざ帰路へ。

渋滞もなく すんなり我が家へ。


98.jpg

日光の酒と新潟の酒は、今後ゆっくり堪能しよう。


99.jpg

早速今宵の夕飯は新潟土産の たれカツ、漬物、枝豆で、美味しかった、では また来年。

nice!(63)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

2017 夏休み 前編 - 日光、鬼怒川、郡山 [旅]


■ 某月某日: 夏休み初日 晴れ

6:00 起床 荷造り。8:30 ゆっくり自宅出発。 稲城大橋 経由 府中スマートから中央道下り、
八王子JCT から圏央道を北上し 東北道、昼頃 日光宇都宮道路 今市IC 出口から程なく。


けっこう漬本舗 今市インター店

00.jpg

地元漬物店が展開する御食事処 に到着。 奥座敷に通される。


01.jpg
 
事前の打ち合わせ通り、今回は昼から女房に運転を委ねるため、恐縮の昼ビール。
乾杯、 ・・・美味ぇ(笑)


02.jpg
03.jpg

次々と運ばれてくる田舎料理がとても美味い、ご馳走様でした。


では、3年前に訪れた酒蔵へ。 実は3年前 ぶーたろうが運転し 女房が試飲した事を何時までも
覚えていた為、今回はそのリベンジ(笑)


渡邊佐平商店

05.jpg
06.jpg

"自然醸 清開 特別純米 生" と "日光酒蔵仕込み水サイダー" を購入。

次、

08.jpg
09.jpg

人も少なくガッツリ試飲させて頂いたくも、話の流れで 良い酒を購入する方向になりつつ、
思案していたら 途中から酒蔵見学を終えた団体バスツアーの方々で溢れかえり うやむや。
何も買わないのも何なので、売店にて ”日光路ミニおちょこ付” を購入。

さて、ホテルに向かうにはまだ早く もう1軒の離れた酒蔵に向かおうか、どうしようか、
と悩んでいたら 標識に "日光の社寺 9km" とある。

あれ? そんなに近かったっけ、じゃ行ってみるべ、 と向かったら、道は案外空いていた。


日光 東照宮

10.jpg
 
実はぶーたろう、これが初 東照宮。
東京生まれ神奈川育ちの女房曰く、関東の小学生はもれなく 修学旅行で訪れるそうで。


11.jpg

世界遺産の社寺
を堪能しつつ、 先に進むと 一人 ¥1,300 からの拝観料に長蛇の列。
初めて訪れたとは言え、この世界遺産にそこまで想い入れがある訳ではないので・・・。


上島珈琲店 日光東照宮店

12.jpg
 
此方へ向かった(笑) 涼しい店内、乾いた喉にアイスコーヒーが染みる。 ご馳走様でした。

気づけばよき時間となり 宿へ向かう。 247号から会津西街道を左に折れ30分程で定宿到着。


13.jpg

今回は 6階のツインベッドルーム、 山側の景色が望める部屋だ。


14.jpg
 
ベランダから下を覗くと 鬼怒川渓谷、川水の流れる音色が心地よし。
早速温泉三昧、湯上がりビール、うたた寝 のゴールデンコース。

まだ日の高い夕刻 起床、ホテルを出発。 目指すは 前日予約しようと電話をかけるも、
"予約はできないので お早めに起こし下さい" とさらっと言われた此方のお店。


居酒屋 さっちゃん

15.jpg

なかなかに渋いロケーション、店内に流れる演歌の有線が グッとくる。
開店直ぐなのに 常連地元民の先客3組、 我々は引き戸近くのテーブルに陣取る。


16.jpg
 
"さっちゃん" と思しき女将に瓶ビールをオーダー、お通しはお馴染み 鰊の山椒漬。
では、乾杯。 今日のおすすめメニューは 此方、

99.jpg
値段の記載はなくとも、通常メニューから大凡は想像がつくというもの。


17.jpg
刺身の盛り合わせ

18.jpg
イワシポンズ

19.jpg
 山芋揚げ出し

20.jpg
とり皮のスタミナ焼き

21.jpg
チヂミ

他にも幾つか呑み食いさせて頂いたのだが、想像の上を行く(失礼) レベルと心地良さ。
ご馳走様でした、是非 また来たいものです。
実際 宿で 呑み食いする際の半額以下なのだから、面倒でも出かけたくなる。


22.jpg
 
続きは 昼間買った地酒で部屋呑み。 はぁ 旨い、 お休みなさい。










■ 某月某日: 夏休み2日目 曇り
気持ちよく目覚め ベランダの戸を開けると、涼しい風が部屋に舞い込む。時間までゴロゴロゴロ。
10:00 チェックアウト、鬼怒川沿いの気持ちのよい並木道を抜け、矢板ICから東北道を北上。
出発から一時間半程で 郡山南IC 出口へ、 ドリームランドを右手に望む

24.jpg

左右に水産棟 と青果棟 に別れた 大型市場は、
"全国公設地方卸売市場協議会に加盟している市場としては 日本一の規模"
との事。Wikipedia より

本日の昼飯は 管理・関連店舗棟 にある此方へ、


市場食堂

25.jpg

ざっと見渡すと食事ができるのはこの店だけらしく、 観光客向けと 施設の職員向けに
豊富なメニューを揃える。  ¥500 からの普通の日替わり定食 も美味そうだし、
めちゃくちゃでかい 生まぐろジャンボ串揚げ が付いた  生マグロ尽くし も魅力的だが、


26.jpg
女房 : 海鮮丼 ¥790

27.jpg
ぶーたろう : 刺身定食 ¥1,280

この値段にしてこの内容、海の無い郡山で 素晴らしい魚介を頂き二人共満足。
次回、是非 生マグロ尽くし にチャレンジしたく、ご馳走様でした。

約束の時間まで 自ら運転する女房の買い物にお付き合い。

15:00 長男の住むマンションへ到着。 おっ、めちゃくちゃキレイに片付いている(笑)
一息ついたら、直ぐ近所にあり 70店舗が集まる ネイバーフィド型ショッピングセンター
にて 飲料食料生活品の買い物。続いて 郡山ドンキでもあれやこれや買い物。
遠慮する息子に無理やり諸々を買い与え、我々は一旦ホテルにチェックイン。

そして此方も予約の出来ない店なので 17:00 口開けで店にて待ち合わせることに。


和泉

31.jpg
 
年一、夏のお楽しみ、3年連続3度目にして 初の口開け一番乗り。


32.jpg

息子が来るまで 我慢できずに乾杯。 程なく到着、改めて乾杯。


33.jpg
もろきゅう

35.jpg
ハムカツ (裏メニュー)

36.jpg
メンチカツ (裏メニュー)

38.jpg
オニオンスライス

40.jpg
41.jpg
串焼き各種

呑みながら息子の近況を聞くと、なんと 来春までに 高い確率で転勤移動があるそうで。
そうなると 通い慣れたこの街も、そしてこの店とも 縁遠くなってしまうやも。
そうか・・・、郡山 いい街だったな、転勤前に 新幹線でもう一度来たいなぁ。

と、若干しんみりしながら ご馳走様でした、もしかしたら、また来ます。

2軒目は 息子も行ったことがなく、気になっていた店だそうで、


ハシゴ

42.jpg

メインの串揚げと各種料理が頂ける比較的新しく広い店内は、結構な人の入りだ。


43.jpg
 
お代わりし放題のキャベツをつまみに ハイボール で乾杯。

 

熱いの分かっていながら、上唇の先を火傷するバカ親父(水ぶくれの巻笑)


45.jpg

各自オーダーした串揚げを美味しく頂きながら 楽しい酒宴は遅くまで。


46.jpg
 
〆は会津名産 てまり蕎麦。


47.jpg

デザートは 抹茶アイス、で終了。ご馳走様でした。

楽しい時間は過ぎるのも早く。 息子と別れ際に握手し、握り返されたその力強さに
染み染み とする 酔っぱらい夫婦なのであった。  んじゃ また、元気で。

nice!(65)  コメント(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

汗だく親父 九州泥酔酩酊の巻 [旅]


■ 某月某日: 通常営業 曇り

この週を乗り切れば後はヒマヒマ、気分は既に8月のサマーバケーション。
午前中来客2件、何れも 冒頭の名刺交換と最後のお見送りのみ。いわゆる一つの挨拶親父。

本日のランチは 電動自転車で倉庫へ向かう道すがら、久しぶりにこちら、

中華そば ふくもり

00.jpg
背脂肉そば ¥970

油 & 脂マニアにとっては なんとも魅力的なネーミング(笑)  お味も名前負けしていない。
あー美味かった、ご馳走様でした、また来ます。

午後から倉庫で入荷したての米国製品の点検と検証をじっくり。 良しっ、これで行こう。

業務終了後真っ直ぐ帰宅、お~ なんと嬉しい届け物が。


01.jpg

実家から紅ズワイが2杯、早速とっておきの 新政 No.6 S-Type で、
カニ味噌チビチビ & 冷酒グビグビ、美味すぎて気が遠くなる。 両親様 ご馳走様でした。










 ■ 某月某日: 通常営業 晴れ

海外大手某社から業務提携の打診。大変魅力的ではあるが今の体制じゃちょっとな。
人を増やすだけでは乗り切れんだろうし、 さりとてせっかくの話を反故にも出来ず。
うーん、結論を急がれてもなぁ。 なんか夏休みどころじゃなくなってきたぞ。

頭パンパンになりながらのランチは 用賀の、

02.jpg
もりそば中 ¥810

いつも この店で もりそば中(450g) を食いながら、あー 大(550g) を頼めばよかった、
と 後悔するも、健康的にはこれで良し。 美味かった、ご馳走様でした、また来ます。

午後は 明日からの出張で しばらく会社のデスクワークが出来ないため、溜まりに溜まった
事務処理を 嫌々 テキパキと熟す。

業務終了後 女房と渋谷で待ち合わせ。 向かうは、

03.jpg

実は懇意にしている方から 同店の期限切れ寸前利用券を頂戴し、せっかくなので。
嗚呼 銀座ライオン、昔はよく行ったよな、何年振りだろうか。


04.JPG
 
当然 サッポロ生ビール 大ジョッキで乾杯。 プハァ、美味い!(以降お代わり繰り返し)
女房殿、後は遠慮なく好きなものを頼んじゃってください。


05.jpg
おとなのポテトサラダ

06.jpg
15品目の和風サラダ

08.jpg
ごぼうのフライ

09.jpg
おつまみサーロインステーキ

07.JPG
エビス プレミアムブラック

11.jpg
魚介たっぷりメリメロ焼き

12.jpg
 旬野菜と生ハムのクワトロチーズ焼き

10.JPG
Dewars 12年 ハイボール

他にも沢山 あれやこれや・・・
Yさん、ご利用券全部使い切りましたよ!  って呑み過ぎて食い過ぎ(笑)
たまには良いね、ビアホール。 いやはや ご馳走様でした。また来ます。
お休みなさい。











■ 某月某日: 出張初日 曇り

昼から原宿某学校。 ホール改修工事の下見と 最新機材の現場プレゼン。
担当営業としては大変恐縮ながら、途中で中座することは伝達済み。
時間になったので スー と風のように立ち去る(笑)

JR原宿駅から品川経由で羽田空港、 15:00 フライト、16:45 福岡空港着
そのまま向かうは、

大相撲 九州場所であったり プロレス会場としても有名なこのホールが今回の仕事場。
明日から2日間開催される展示会に出展、既に前乗りチームは汗だくでブース設営中。
この会場のすぐ裏手には、

22.jpg



博多港国際ターミナル

23.JPG
 
韓国からか、中国からか、初めて見る様な巨大な客船が停泊中。
他にも周辺には 国際会議場や、コンサートでお馴染み マリーンメッセ等の施設が集まる。

程なく設営も終わり、一旦ホテルにチェックイン。素早くシャワーを浴びて即出発。


24.jpg

昨年末のお仕事では大変お世話になった(特に夜の部)中洲界隈に繰り出す その前に、
一応手掛けた施設のその後の様子を見学に、現場へ向かう。


25.JPG

人気アニメキャラの 3Dプロジェクションマッピングから、期間限定 祇園山笠ヴァージョンに。
正に男臭い 褌姿の男衆が、大画面の中を 所狭しと練り歩く(笑) ショウが終わり、
同行した後輩や懇意にしている映像会社スタッフに、施設や機材の概要を丁寧に解説。

終了後、特に店は予約してない というので、スポンサー自ら(俺の事) 店に電話を掛ける。
こちらも 昨年末は何かと お世話になった店、
 
前回までは1階のカウンターやテーブル席だったが、6人で訪れたら初めて2回に通された。
ではでは、明日からの展示会出展、頑張りましょう、で乾杯。


27.jpg
 
いつもの鉄板もつ焼きとか、


28.jpg
 
いつもの めんたい玉子焼きとか、他あれやこれや 等々々、
ビール焼酎酒ビール酒 が次々に気持ちが良い位空いていった、結果ベロベロ。

ご馳走様でした、美味しかったです、また来たいです。


次、
 
おお、人気店にすんなり入れたか。


30.jpg
 胡麻カンパチ

31.jpg
鰯刺し

実はここら辺り よく覚えていなく(笑) そして、

32.jpg

久々に 撮った覚えのない念写ラーメン、実に美味そうではないか(笑)
とりあえず (誰が払ったのか覚えてないけど) ご馳走様でした、また来たいです。

えーと、実はもう1軒 バーに行ったらしいのですが、記憶も写真もありません。
お休みなさい。










■ 某月某日: 出張二日目 雨

強烈な二日酔いで最悪の朝を迎えるも、時間は容赦なく進み 展示会初日を迎える。


34.JPG

地方ながら 結構な規模、悪天候ながら そこそこの出足。

こまめな水分補給が功を奏して、昼前にはかなり体調も戻ってきた。新規の顧客と会話も弾む。
昼時は交代で休憩をとり、各自食事にありつく。 本日のランチは、


博多豊一

35.jpg
スーパー海鮮丼 + アラ汁 ¥1,280

この内容にして嬉しいお値段、とても美味しかった、ご馳走様でした。

普段お会い出来ないお客や同業者と貴重な話ができ、充実の初日終了。


夜は昨夜のメンツと懲りずに呑み。"どこでも良いからお前らで決めて" と言ったら、


博多もつ鍋処 梟

36.jpg

山芋入りの モツ鍋が美味しかった。 ご馳走様でした。

なんの反省もなく、酔っ払うも 店からホテルが近かったので 1軒で終了。
めでたしめでたし、お休みなさい。










■ 某月某日: 出張3日目 曇りのち晴れ

展示会は2日目 最終日、午後から日も差し 強烈に蒸し暑くなるも、客足は上々。
今回初めての出展で 様子を見に来たわけだが、総合的に判断して 来年も申し込む予定。

本日のランチは 会場から徒歩8分


貴龍軒

37.JPG

どうしてもラーメンが食いたくて、ネットで検索した結果 たどり着いたのが こちら。
外観からして かなりボロいが、中に入るともっとボロい (というか散らかっている)

でも おばちゃんの接客は ◎
チャーシュー麺、と言いかけたところで 食い気味に "固めで良い?"
それと 焼き飯、と言いかけたところで "半分ね"  (笑)  さすがである。


38.jpg
チャーシュー麺 ¥530

39.jpg
半焼き飯 ¥250

美味い。 そしてこれはチャーハンではない、間違いなく "The 焼き飯"だ。
ご馳走様でした、いつかまた来たいです。

午後も充実、17:00 無事出展終了、撤去。
汗だくになりながら完了、一旦ホテルに戻り シャワーを浴び、TAXYで親不孝通り

メンツは、キー局のTVスタッフ、地元の大口客、大手メーカーの九州支局 という
錚々たるメンツ。 今回の展示で ちょっと大手メーカーに貸しができたので、今宵の
打ち上げ仕切りは、九州支局長、期待が高鳴る中、連れてこられたのが、
 
地元民が普段使いでも通えそうな価格帯ながら、出て来る料理がどれもこれも美味すぎて。
面子が面子だけに、写真を撮るのも憚れるが、ゴマサバのあまりの美味さに 盗撮気味にパチリ。

遠慮なく呑んで食ってしまいました、ご馳走様でした。


次、2軒目

志まる

写真なし、瓦そばが美味かった。また行きたいので記録用に記す。 ご馳走様でした。


次、3軒目

中洲のBar、またしても記憶無し。



33.JPG
 
ホテルへの帰り道、良い気分でこんな写真を撮っていた。

この時点では、翌日再び強烈な二日酔いで、楽しみにしていた 元祖長浜ラーメン や、
空港近くの天麩羅店にも全く行けず、ラウンジでただただソフトドリンクを飲む羽目に陥るとは、
夢にも思わない 酔っ払いバカ親父なのであった。

nice!(70)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

梅雨明けヘロヘロ 天麩羅親父が行く、 浦安沼津箱根御殿場編 [旅]


■ 某月某日: 通常営業 曇り

午前中 中国出張の報告会、終了後 午後からの打ち合わせで舞浜方面へ。
思いの外早く着いたので、本日のランチは 浦安魚市場 ・・・、 うっ、並んでいる。


味館食堂


01.jpg

まずいな、打ち合わせに間に合うかな、と思いつつ列に並ぶと直ぐに 1席だけ空きができた。
そして ぶーたろうの先 6人が全て二人組だったため、快く譲って頂き 即着席、恐縮です。

混んでいたのは どうやら 最近またしても TV番組で紹介されたそうで、成る程 なら仕方ない。


02.jpg
海鮮丼 ¥900

毎回良いネタを使っているので 当然美味い。
実は隣の先客二人が食っていた 天丼、これがまた美味そうで、 次回試してみるか。
ごちそうさまでした、また来ます。

打ち合わせは 願ったり叶ったり、嬉しいやら悲しいやら、四苦八苦 の内容。
どっと疲れる。










■ 某月某日: 通常営業 雨のち曇

自宅近所の多摩市民館で兄弟会社主催 セミナー & 展示会、初日。

過去利用していた 宮前市民館より 比較的新しいホール。
天気が良ければ自転車で5分、歩いても15分程の距離なので 個人的には楽チン。


04.jpg

地元民にとっては運転免許更新の際の映画上映でお馴染みのホールも、 業界関係者が
多数詰めかけるとなると、気分も新た。

昼飯は、ホールから徒歩1分。休日はいつも行列で 近所なのに なかなか入れない店、

05.jpg
かしわ天 ぶっかけ大 ¥800

久々に食ったが こりゃ 相変わらず美味いや、かしわ天 最高! ご馳走様、また来ます。

夜はこちらを貸し切り懇親会、2次会はいつもの奴等と あちらで、移転後初めて。
呑みすぎて 久々の記憶喪失。 近所なのにTAXY で帰った と思われる。











■ 某月某日: 通常営業 曇り

二日酔いで気持ち悪い中 セミナー & 展示会二日目。


07.jpg

プロが見守る中、ライバル会社とのガチンコ機材対決が、面白くもあり恐くもあり。

本日のランチも 2日続けて 近くて美味しい 讃岐うどん 宗 にて、


08.jpg
Mix天 ぶっかけ大 ¥700

美味い、そして安い。 そして大きな舞茸天 x2 + 大きなちくわ天 は食い応えあり。
ご馳走様でした、また来ます。

閉会後撤去、終了後 後輩を連れていつもの こちら に行くも、関係者だらけで早々に退散。
疲れはピーク。










■ 某月某日: 通常営業 晴れ

大きな仕事が一つづつ片付いてゆく。 残すは来週の国内出張だけだな。
本日も舞浜方面へ、午後の納品前に 本日も 浦安魚市場味館食堂


09.jpg
大海老天丼 ¥900

嗚呼、これも美味い。 やはり親父の腕は確かだ。 ご馳走様でした、また来ます。

無事納品終了、次回からは深夜作業。昼夜逆転、国内時差に対応する心づもり。









■ 某月某日: オフ 晴れ

つかの間の休日。 8:00 自宅出発、

12.jpg

9:30 沼津港着。間近で見る ”びゅうお” はでかい。
沼津港周辺をうろつきながら、

 
13.jpg
14.jpg

今朝は有名店で朝食を。

おはようございます。 既に8分の入り、この直後 満席になります。


16.jpg

"この商品はビールではありません" で乾杯。


17.jpg
あら煮 ¥300

この甘じょっぱくて山盛りのあら煮を食いにこの店に来ていると言っても過言ではなく、
以前は食べ切れない分をテイクアウトしたのも 良き思い出。


19.jpg
女房: ワイワイ丼 ¥1,560


18.jpg
ぶーたろう: 天丼 ¥900

なんか最近天ぷらばっかり食っているな 俺(笑) 美味しかった、ご馳走様でした。


20.jpg

食後港でブラブラ、市内ショッピングでもブラブラ。

そんじゃ ちょっと早いが宿へ向かうか。 急ぐ旅ではないので いつもの1国をのんびり。
三島を経由し山道を登りかけた所で、見慣れぬ施設と数多くの駐車・・・ ん? なにこれ

21.jpg

全長400m 日本一長い吊橋。
正式名称は 箱根西麓・三島大吊橋、静岡のパチンコ店が40億(!) かけて作ったそうだ。

そういえば以前から ここを通る度、何か大きいものを作っているなぁ、と思っていたのだが、
最近 御殿場経由が多かったので 完成したのを気づかなかった。大人@¥1,000 也 で入場。


22.jpg

天気が良いと富士山と駿河湾を両端に望む絶景を拝める。


23.jpg

そして床部がメッシュなので下が丸見え、スリル満点。
途中おじいちゃんが怖さのため動けなくなっていたけど、ちゃんと戻れたかな。


24.jpg

往復した後スカイガーデンで休憩。つかの間のんびり、女房は買い物。
良き時間潰しが出来たが、次 しばらくは来なくてもいいかな(笑)

その後箱根関所を過ぎ1国を芦ノ湖畔で左に折れ、大好きな緑の山道をのんびりドライブ。


25.jpg

程なく定宿に到着。


26.jpg

今回は緑が眩しい和式ベッド室。 早速のんびり温泉に浸かり、マッサージチェアでうたた寝。
部屋に戻ってビールを呑み干し、ベッドでまた うたた寝。
予約時間が近づきホテルを出発 徒歩10分、いつもの店到着。
 
31.jpg

今晩は、お邪魔します。

 
32.jpg

アサヒ プレミアム 熟撰 で乾杯。


33.jpg
洋風うな玉

34.jpg
ごぼうスティック

35.jpg
 今宵の隠れ酒: 酒井酒造 五橋 「Z five・グリーン」 純米生原酒

メッチャ旨い。


36.jpg
鶏肉と根菜の煮物

37.jpg
 ナスの肉みそ

38.jpg
Chateau Lardeau, Bergerac

いつものフランスワインが 変わらず旨い。 そして〆は、


39.jpg
カレー と ナン

満足。 幸せが満ち溢れてきた。 ご馳走様でした、また来ます。

いつもなら あと1軒程寄りたい処だが、なんか満足しちゃいました。


40.jpg

部屋でおとなしく呑みます。お休みなさい。










■ 某月某日: 二日目 曇り

熟睡起床後 朝湯、出発時間までのんびり過ごす。
9:30 チェックアウト 出発 9:55 到着


御殿場プレミアム・アウトレット
 
51.jpg

ササッとあれ観て、ササッとこれ買って、ササッと終了。 では朝昼兼用飯を、
アウトレットから車で5分。


手打ちそば 金太郎

52.jpg

さすがに有名店、朝から繁盛。


53.jpg
 NIIGATABEER NON ALCOHOL

で乾杯。


54.jpg
自家製刺身こんにゃく

美味い(笑)
そしてメインへ、


55.jpg
女房: 御殿鶏そば

別名 御厨(みくりや)そば は、御殿場地方 の農家に古くから伝わるそば、 詳細
味見したが、結構美味かった。


56.jpg
ぶーたろう: もりそば 黒

田舎そば 特有の香りと歯ごたえがたまらなく美味い。
満足、ご馳走様でした、また来ます。
つかの間の休息でリフレッシュ、夏休みまで全力で頑張る所存。

nice!(63)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

渡中 2017 広州編 [旅]


■ 某月某日: 出張初日、曇り (到着地晴れ)

7:30 羽田空港国際線 ANAカウンター前集合、荷物を預け 各自自由行動。
せっかくなのでラウンジで朝飯でも。


01.jpg

カレー蕎麦と生ビールを頂く。
着いてすぐ企業訪問なので、もっと呑みたい気持ちを抑えつつ、


02.jpg


9:10 機上の 人となる。 目指すは広州白雲国際空港、実は初めての中国。
昔からちょっと敬遠していたのだが 色々あってとうとう行く羽目に。


03.jpg


機内食は和をセレクト。気がつくと ”特別純米 みむろ杉” のボトルが置かれる。
あれ? まいっか。  白米は食わず おかずだけでチビチビ。

行きの便では未見だった「君の名は」 をじっくり観賞。
想像以上に面白く、軽く感動してしまう。

その後 起きているつもりが 読書中にうたた寝、着陸の衝撃で起床。
無事、人生初の 中華人民共和国入国後、 メーカー迎えの車に乗り込み約40分。


04.jpg

初日 は一社のみの E社に到着。 広州はとても暑い、 一見して空気はきれいに思われる。

同行者は社内スタッフ2人。1人はセールスエンジニアの後輩、1人は海外担当の20代女性。
彼女は両親が朝鮮族の中国人で、言語は 中韓英日 ペラペラのマルチリンガル。
ペラペラと書いたが、実は日本語が一番苦手で、たまに起きるトラブルがまた楽しい。

今回の出張は3泊4日着いて帰る日まで、ギッシリ企業訪問のスケジュールが組まれる。
当然オフ日は無いが、なんとかやりくりして時間を作りたい。



05.jpg
 
こちら、思いの外会社の規模も大きく ショールームは日本の大型ライブハウス並みの規模。
工場視察後、先日入荷した評価機の感想意見を述べ、今後の展望を熱くセッション。
気が付くとあっという間に時間が過ぎ、充実 且つ濃厚な手応えを掴み 初日終了。

高級車でホテルまで送って頂く。


06.jpg

広州中心部 天川区 到着。  広州は想像していたよりかなり都会、尚且つとても大きな都市だ。
当然人の数も とてつもなく多い。



今回の宿は、天河地区の5星ホテル

广州建国酒店

07.jpg
 
位置は この辺。 高層最上階の天井の高い部屋、なかなかの高級感。


08.jpg
 
バスルームの注意書きは 漢字と英語。 中国人が来日した際、漢字の表記でなんとなく
意味が分かる と言っていたのは 逆のパターンでも成立しそうだ。

日本との時差は1時間。なので時差ボケもなく普通に過ごせる。 じゃ、ご飯行くか。


今宵は手近に ホテル真向かいにある 広州東駅直結 广州 AEON MALL (イオンモール)内、
数ある店から 後輩がセレクトした、


某火鍋屋

09.jpg

青島の 純生瓶ビール で乾杯。


10.jpg
 
パクチー食べ放題は嬉しいが、本場の火鍋は 辛いのなんのって。
日本では辛いもの好きのぶーたろうでも かなりきっつかった。とりあえず、ご馳走様でした。


深夜、胃から腸ににかけて 久々の激痛で目を覚ます、そう 昔あったあの感じ。
結局 出口で二次災害を起こすも、出し切ったらケロッと収まり、再び深い眠りにつく。










■ 某月某日: 、中国出張二日目 晴れ

ケツに火がついた一夜が開け、体調万全、豪華朝食バイキングが美味い。
二日目と三日目は専属運転手を雇う。同行の中国人女性の知り合いのドライバーだ。

中心地から北へ1時間、本日の一社目は、弊社とは比較的長い付き合いの L社。


11.jpg
 
この会社は米国にも多くの製品を供給し、先頃 フロリダの あの遊園地にも製品を納めている。
そして、今回訪問した会社の中で 最大級のショールムは、まるで劇場の中ホールクラス。

途中 冷えたライチを沢山出してくれて それがとても美味しく、帰り際にも 二箱分の高級ライチを
土産に持たせてくれた。でもね、残念ながら日本の検疫ではアウト。 中国輸入規制一覧
ドライバーさんに沢山食べてもらいましょう。


昼飯は 近場の食堂、全員の勘を働かせ 1軒に絞る。キレイな店ではないが、他より混んでいる。


地元民用達 某食堂

12.jpg

なんかよく分からないサラダ。四角いのは卵白と魚肉を合わせた食材らしい、かまぼこ?
 

13.jpg


桑に乗った 牛肉と野菜炒め。美味い。


14.jpg
 
チャーハン、美味い。
他のテーブルでは 労働者風の男達が どいつもこいつも昼からビールをガブ呑みしている。
真似しようと思ったが・・・止めた、ご馳走様でした。


午後から訪問の2社目は、此処数年 取引量が急に増えたV社。


15.jpg
 
あれこれ新製品を次から次に見せてくれるので飽きない。が あっという間に時間が過ぎる。
バイタリティ溢れる女性営業からグイグイ売り込みをかけられタジタジ。
時間がなくなったので、再会を誓い、次の会社へ。


移動に30分、予定より1時間半も遅れて3社目 E社到着。
コチラ業界大手、欧米へも大量に輸出を果たし、弊社との実績、信頼関係も厚い。


16.jpg

大きな工場を駆け足で視察後、ショウルームで最新機材を細かく検証。
10機種以上見せてもらったが、全てに差し障りがあり 写真を掲載できない。

18:00 に終了する予定の会議が 19:30を過ぎても終わらなかったので、
迷惑をかけられず 途中で自粛し、終了。 かなりの充実度であった。

遅くなったのでホテルには戻らず旧市街地へ直接送ってもらい、ドライバーさんとはまた明日。


17.jpg

この辺はホテル近辺とは違い 昔の町並みや並木道で 古き良き中国を肌で感じられる。
知人のお薦めレストランに到着するも、既に closed. 急遽近場で美味しそうな店を探すと、


云海肴

18.jpg
 
かなり人気の行列店とあったが、遅い時間も幸いし、直ぐ入れた。
中国人の彼女曰く、雲南省の中国料理を出す店、との事。


19.jpg

青島じゃないビールを所望すると、見たことあるのと見たことの無いのが登場。
とりあえず乾杯、後は適当に頼んでおいて!



20.jpg
21.jpg
22.jpg
23.jpg
 
後半 撮ってない肉料理もあったが 全体的になかなかに美味い料理であった、
次回のために 此処は覚えておこう。ご馳走様でした、また来たいです。

レストランを出た後 自由行動。 ショッピングを楽しみながらホテルまでブラブラ。
ホテル至近のファミマにて 日本円換算 ¥100位の 酒を幾つか発見。


24.jpg

部屋で 度数56° のキッツイ 中国焼酎を水割りで呑んだら 意外と旨く。
あっという間に空けたら、あっという間に酔っ払った、明日もこれ買おう(笑) お休みなさい。










■ 某月某日: 中国出張三日目 曇り時々雨

三日目は、広州から高速道路で小一時間、揚子江を渡り 広東省 東莞市へ。
今年の春から取引を開始し、TV局の美術セットに即採用され 好評を博した B社に到着。


31.jpg


どの会社も社長やスタッフが若い。次から次へと新製品を持ち出し売り込みに対して精力的だ。
ある程度 販売実績があるから対応も良いんだろうな。 またも予定時間を大幅に超えて訪問終了。

この日の昼食は 本来2件目の会社近くで取るつもりが 遅くなりそうなので近場で済ます。


地元民用達 某食堂

32.jpg

あっ、焼きソバだけ食うつもりが・・・、見切れてしまった(笑) ご馳走様でした。

広州への戻り道、またしても揚子江を渡る際、車窓から見えるそのスケールのあまりの大きさに、
写真を撮るのを諦めた。 なんかゆっくり此処等辺を観光したいなぁ、けど時間は全くない。

高速道路を小一時間で 広州市南沙区 にある F社に到着。


33.jpg
 
無名であった同社は此処数年 その技術力でヒット商品を連発、対応の良さもピカイチ。


34.jpg

今年の秋から年末にかけて発売を予定している、新製品のプロトモデル2機種が凄い出来。
あーコレも売れるだろうな。 後半、カスタマイズ製品の作成依頼を2件、熱いやり取りの後 終了。
本当はもっと早く終わるはず だったのにー、何処のメーカーも中々帰してくれない(笑)

本日もホテルに戻らず 後輩のリクエストに従い 天河区電脳街 の電脳城 へ。
ドライバーさんとは此処でお別れ、2日間お疲れ様でした。

短い時間で其々が土産を購入後、昨日入れなかったレストランへ早めに向かう。


35.jpg


中国式地下鉄初体験乗車也。


36.jpg

この日は雨が降ったり止んだりのあいにくの天気なれども、段々中国にも慣れてきて楽しくなってきた。
でも何時も慣れてきた頃には帰らなければいけないのが旅の常。

今宵 中国最後の夜ご飯は、知人お薦めのレストラン、


陶陶居

37.jpg
 
地元の広東料理から飲茶まで幅広いメニューでお出迎え、
かなり広い店内にも関わらず早い時間から大勢の客が詰めかけるも、無事すんなり着席。


38.jpg
 
各自食べたい飲茶をオーダしつつ、地ビールで乾杯、お疲れ様でした。
其々をシェアしながら普通の料理も頼む、というか 毎度適当におまかせします。


39.jpg
40.jpg
41.jpg

実はこの倍位オーダーしたのが、同行スタッフが若いので 気持ちが良い程の食いっぷり(笑)
そして知人お薦めだけあって めっちゃ美味い。次回用に此の店も要チェック。


42.jpg

今宵最後にして、本日2食目の焼きソバも とても美味かった、ご馳走様でした。
また来たいです。


プチボッタクリTAXYでホテル迄(¥400位のところを¥700程請求されるの巻 笑)
昨夜の 度数56° ¥100 中国焼酎をまたしても購入、水割り呑みながら帰り支度でパッキング。










■ 某月某日: 4日目帰国日 晴れ

高級朝食バイキングを済ませ 朝8:50 チェックアウト、9:00にメーカーから迎えの車。
帰る直前までびっしりスケジュールを入れてくれる 弊社中国人スタッフに心から感謝(笑)


45.jpg

最後のL社も ここ最近取引を始めた会社ながら、日本でもモーターショーのコンベンション機材が
複数社で即採用された実力会社。


46.jpg
 
この会社も立派なショウルームと応接ルームが完備、最後に見せてもらったプロトモデルが強烈。
まだまだ話し足りないようだがフライトのお時間です。
社長からのミッションでサンプルレンズ12枚を各自のトランクケースに詰めたら今回のお仕事終了。
広州白雲国際空港 まで高級車で送ってもらう。


とりあえず出国手続きを済ませ、時間を決めゲート前に集合するまで自由行動。
せっかくだから中国のラウンジで 最後の青島。


51.jpg

事前情報と違い 中国本土で食う中華料理はどれも美味かったなぁ、と 後は帰るだけなので
これで本当に最後の青島、といいつつ 何本もグビグビ。

それでも時間があったので 残った中国紙幣で追加土産をどっさり購入。


52.jpg

初めての中国訪問、自身の中では意外と高評価。 国としても ビジネスとしても。
しかし、弊社の中国人スタッフが居ると居ないとではその評価も大きく違うだろうな、
業務連絡: 次回も一緒に行こうね Pちゃん(笑)


53.jpg

毎日 中国料理と中国酒だったので 和食が染みる。
行きの機内で呑んだ”特別純米 みむろ杉” を帰り便でも呑んでるバカ親父(笑)

機内映画は ”美女と野獣” と迷って 結局  ”LOGAN/ローガン” まあまあの出来。


54.jpg

羽田空港着陸直前、今週末から通い詰める 舞浜の遊園地が眼下に広がり 思わず 我に返る。
あたふたどたばたせずに済みますように、とそっと手を合わせる。

nice!(68)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

2017 仲夏 北の大地で呑んだくれ 後編 [旅]


前編 からの続き

待望の小樽ランチは 前々日に電話予約しておいた こちら、


魚真

033.jpg

開店5分前に到着したら既に行列、とりあえず列に並んで待っていると 12:00 開店。
先ず 予約客を優先的に案内してもらい、一番乗りでカウンター席へ。


034.jpg

乾いた喉を潤すは 小樽ビール ピルスナー、乾杯。 お通しの海鮮和え もとても美味い。


035.jpg
魚真にぎり 15貫 ¥2,700

夫婦揃って同じものを頼む。そして恒例のトレードがまた楽し。
お好み握りが そこそこ良いお値段なので、客の殆どが各種ランチセットをオーダーしている。


036.jpg

そしてお吸い物ではなく、土瓶蒸しなのも嬉しい。 具を摘みながら呑みたくなって、


037.jpg

北の地で褒めたたえられる地酒 を 昼から2合徳利で頼んでしまうダメ夫婦(笑)
でもお酒が旨くてとても幸せ。
いやぁ美味しかった、(特にイカの握り) ご馳走様でした、いつかまた来たいです。


時間はまだまだたっぷりある、有名観光地を巡ろう。

 
038.jpg
039.jpg

そして プライベートとはいえども、仕事用の演出動画素材収集に余念がなく(笑)



きれいだ。


小樽の仕事で想い起こすは18年前。当時の巨大ショッピングモール "マイカル小樽"の
開業に伴い、今では考えられない高予算で、多岐に渡る 様々な演出に関わった事だ。
(その後 巨額初期投資の負債が重荷になり、運営会社、親会社マイカルが連鎖倒産。
年月を経て 現在は ウイングベイ小樽 として営業中)

という事で、ぶーたろう にとっても18年振りの小樽訪問となった訳だが、当時は
昼夜逆転の突貫工事。もちろん休日なし、観光なし。 元請けから 一度だけ
寿司を奢ってもらったような、もらってないような。 そんな辛い思い出が満載(笑)

18年振りに改めて訪れた 観光都市小樽は、こんなにも素敵で面白い街だったのだなぁ、
と またまた 感慨もひとしお。


040.jpg

朝からたっぷり小樽を満喫したので 未だ時間は早いが、札幌に戻ります。
さようなら小樽、また いつか来ます。

函館本線でのんびりと列車移動。 途中 小樽築港駅 で懐かしのショッピングモールを視認。




小樽築港 - 銭函間は 石狩湾沿いに列車が走り、快晴と併せ とても心地良い。
あー 缶ビール買ってくればよかった・・・。


と、小一時間で札幌駅到着、徒歩で向かうは テレビ塔至近、乾いた喉を潤す場所、


第三モッキリセンター

041.jpg

昭和元年創業の老舗にして有名大衆酒場 にお邪魔した。 では、


042.jpg

生ビール、乾杯。


043.jpg
いか墨入 さきいか

あ、これ美味い。


044.jpg
棒ダラ煮、千歳鶴 にごり酒

なんと 千歳鶴の醸造所は此の店から徒歩9分の場所にあるそうだ。
棒ダラ煮も美味いなぁ。


045.jpg
子持ちししゃも

長年地元民に愛される訳が随所に垣間見える。 いいね、大衆酒場。
ご馳走様でした、いつか また来ます。


一旦ホテルに戻りシャワーを浴びて一眠り。
適当な時間に起きたら腹が減った、札幌最後のディナーは ホテル至近のこちら


さっぽろジンギスカン 本店

046.jpg

数ある名店の中、 ジンギ といえば やはり此処、 階段を登ると、
おっ土曜の夜なのに空いているぞ。

 
047.jpg

座ると黙って人数分出て来る 赤身生ラム皿、 ハーフアンドハーフ で乾杯。


048.jpg

あー美味いなぁ、生ラム肉、タレも最高。 気をつけないとあっという間に無くなりそうだ。

 
049.jpg

焼き野菜は やはり アスパラガス 、この量が嬉しい。

 
050.jpg

肉をお代わり、同時にワインへ切り替える。



店内の雰囲気も良いねぇ。

 
051.jpg

骨付き食って 最後 タレをお湯割りし 終了。
ご馳走様でした、女房も大満足、いつか きっと また来ます。


さて、健康のためには ここでホテルに戻ってもよいのだが・・・、やはり ラーメンか?
いやいや、此処は一つ、


GARAKU
 
052.jpg

締めはスープカレーの有名店にお邪魔した。

 
053.jpg

サッポロクラシック で乾杯。
"りょうばあちゃんのザンギ" は単品での評価が高い逸品、・・・うん、凄く美味い。


054.jpg
上富良野ラベンダーポークの豚しゃぶと7種きのこの森

これも美味ぁい、さすが評判店、大満足、ご馳走様でした、また来たいです。


あー、やっぱ食いすぎた(笑) 、掛かり付け医の渋い顔が目に浮かぶ・・・、
でも、好きなものを呑み喰いできなくて、それで長く生できてどうなるのだ、ん?


055.jpg

生きているからこそ美味いものも食えるのだよ、と そっと自分に言い聞かせ、
人に優しく、自分に優しく、 とりあえず満喫しました。 狸小路さん、おやすみなさい。










■ 某月某日: 三日目 最終日、晴れ
早朝、公園お散歩へ 地下鉄 南平岸駅下車。


平岸高台公園
 
056b.jpg

ぶーたろうは 前回の雪景色 に次いで二度目。夫婦で写真撮りまくり、程なく終了。
すすきのに戻り、朝飯へ、


二条市場

057.jpg

立地が抜群に良い。 これは客も集まるよね。

 
058.jpg

色々と食指は動きつつも、先ずは朝飯を済ませよう。


魚屋の台所
 
059.jpg

朝 7:00から開いているのはとても嬉しい。


060.jpg

帰るだけなので 早朝から サッポロクラシック、お世話になりました、乾杯。


061.jpg
ぶっかけ海鮮丼

贅沢な朝飯を頂いてしまいました、ご馳走様でした。

あらかた買い物は済ませてしまったので、出発まで部屋でのんびり。
後は新千歳空港内で最後のお土産購入、と言っても そちら女房の強い要望なので、


062.jpg
 
一人ラウンジで、最後の サッポロクラシック を頂きながら この旅の想いを巡る。
うん、札幌は仕事で来なきゃ とても楽しい街だな。  ・・・あ、そりゃ何処でもそうか(笑)

-終わり-    前編に戻る

nice!(80)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

2017 仲夏 北の大地で呑んだくれ 前編 [旅]


■ 某月某日: オフ、晴れ
9:30 羽田発 ANA便で 新千歳に向け出発。

001.jpg
 
ぶーたろうは過去仕事で何度も訪れていたが、女房は初北海道。
期限切れ間近のマイレージ消化、仕事無し、完全プライベート、ちょっと嬉しい。


002.jpg

新千歳からJR、11:30 札幌着。 付いて即向かうは駅ビル内の此方、


四季 花まる PASEO店

003.jpg

ぶーたろうは前回の出張に引き続き2度めの来店、此方 昼時は結構な行列店。


004.jpg

先ずは北海道限定 ”サッポロクラシック” で乾杯。
そして今回、同銘柄を呑み倒す旅となる最初の一杯、であった(笑)


005.jpg
ランチセット ¥1,252

大椀はホタテの味噌汁、茶碗蒸しも付いてコスパ良し。
追加で”青そい” と ”炙りえんがわ” を2貫づつ握ってもらい 満足、ご馳走様でした。


駅からホテルに向かう道中、札幌初心者の女房向けに、


007.jpg
008.jpg
009.jpg
 
いかにも、的な札幌の名所を のんびりジグザク歩く。
ホテルはチェックイン時間前だったので、フロントに荷物を預け買い物に出かける。

狸小路から地下街に向かい行ったり来たりを繰り返すうちにチェックインタイム。
シャワーを浴びた後ディナーまでまた買い物、ちょっと喉が渇いたので 0次会、
すすきの交差点角、すすきのビルB1F、


まねき屋 本店

010.jpg

地下鉄直結、カウンターに木製シート のみの大衆酒場にお邪魔した、先客2名。
メインの一次会に影響が出ないよう、@¥1,000 の晩酌セット

1杯目:生ビール
2杯目:焼酎 or 日本酒
肴1:もつ煮 or おでん or (限定)ソイの煮凝り
肴2:串かつ or ハムカツ
肴3:お新香

を2セット。


011.jpg

ソイの煮凝りを サッポロクラシック で流し込む、乾杯、美味い!


014.jpg
串かつ、ハムカツ、お新香2種

012.jpg
 2-1杯目:焼酎水割り

013.jpg
モツ煮込み

女房がセットにはない 焼酎ナポリン割り を所望したため 2-2杯目 ひや酒も呑む羽目に。
いや 素晴らしい。この内容にしてこの金額、フレンドリーな接客。ご馳走様でした。


015.jpg

時間が来たのでビルを出て見上げると、あの有名な伯父さんが微笑んでいた。
おお、此のビルの下で呑んでいたのか、と感慨もひとしお。

次、予約した今宵のディナーは、すすきの交差点から徒歩4分の此方。


開陽亭 すすきの店

函館に本店を置く 人気海鮮居酒屋。

017.jpg
 
本日3回目の サッポロクラシック で乾杯、お通しも美味し。


018.jpg
旭川アスパラガス ゆで

北海道で食べるアスパラガスは 毎回どうしてこんなに素材の味が濃いのだろう。
トウモロコシに近い独特の旨さがあるんだよな。


019.jpg
刺盛り 2人前

020.jpg
塩水ウニ

近海の高級バフンウニを食らう。美味い、 あー 日本酒が呑みたくなってきた。


021.jpg
十一州 純米吟醸

此の地酒が旨いんですわ。 前回の出張で めんめ の主人に教えてもらった旨口酒。
そして 次々に運ばれてくる海の幸達、


022.jpg
活ホタテ貝焼 バター醤油

023.jpg
 地サケカマ焼

024.jpg
カレイの煮付け

たまらなく美味い。


025.jpg
登別牛乳アイス

最後はクーポンサービスの濃厚アイスで〆、ご馳走様でした。
予想した金額の半分くらいのお勘定で超満足、また来たいです。

腹ごなしに夜の狸小路を うろうろブラブラ、すすきの の夜はまったり更けてゆく。










■ 某月某日: 二日目、快晴
快眠後のホテル出発。
電車で目的地へ行くつもりが、前日就寝前に Google MAP で確認したらバス便を発見。
戻りはJR必須なので 行きは路線高速バスで、出発地もホテル至近で楽ちん。


026.jpg

乗客も少なめでゆったり。 高速道路をバスはひた走り、目に飛び込む新緑も眩しい。


027.jpg
 
所要時間 1時間程で 住吉神社前に到着、 更にそこから徒歩10分。


028.jpg

目的地 小樽 到着。 此方口に出すのがこっ恥ずかしい メルヘン交差点(笑)

さて時間はたっぷりあるものの、メルヘンには縁遠いおじさんは何処へいけばよいのやら。
おっ、知っている名前の店がある、

六花亭 小樽運河店

029.jpg

マルセイバターサンド でお馴染み の六花亭。 ショップ 2階に お洒落なイートイン発見。
シュークリーム が ¥90、そしてコーヒーがサービスとな、


030.jpg

じゃ、朝飯代わりに2個食おう(笑)  女房も真似して2個食い(笑)

そしてこれが カスタードクリームがたっぷり詰まって とても美味しく。
のんびりまったりと モーニングタイムを過ごさせて頂いた、ご馳走様でした。


その後、女房がどうしても来たかった 北一硝子の各店舗でじっくりお買い物。
特にクリスタル店とアウトレット店へ二度三度と足を運び、目的の醤油差し 2種、
ロックグラス、ミルクピッチャー、猪口 以上を自宅用で購入。




此のゆらゆら猪口がちょっと気に入って、自宅用と土産用に購入。

他の土産用も併せると、厳重な梱包と相まって 結構な物量になってしまった。
よし、この先の行程を考慮し、宅急便で送ろう、楽ちん楽ちん(笑)

031.jpg

此の古い町並みを歩いて回るだけで小樽はとても面白い、と認識。

他にも 手宮線跡地 とか

032.jpg
 
ふと気がつくと お昼。 じゃ 予約した店へ向かうとするか。

-後編へ 続く-

nice!(61)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

新緑グビグビ春の海 伊東暴飲旅 [旅]


■ 某月某日: オフ、曇り
11:00 東海道本線快速アクティー で川崎駅を出発。


01.jpg

快速と言っても ローカル線、いつもの座席指定が出来ない普通グリーン車 でのんびりと。
乾杯。


02.jpg

海や緑の景色が流れる車窓を眺め、以前頂戴した日本酒をグビグビと。

気持ちが良いので もうちょっと乗っていたい気分の中、一時間半足らずで 熱海駅 到着。
乗り換え時間がタップリあったので 時間つぶしに売店へ、

酒のアテにぴったし、出発までチビチビつまむ。


04.jpg

ローカル 伊東線で 12:45 伊東駅着。
事前にチケットを買わず、最寄り駅から グリーンも含め 交通ICカードだけで旅行ができるのは超便利だ。

駅前の商店街をゆっくり冷やかしながら海岸方面へ向かうと、


11.jpg

程なく到着、先客二組。


杉国商店

12.jpg

前日までは雨の予報だったのだが、なんとか持ってくれて嬉しい限り。
ではオレンジビーチを眺めながら、


13.jpg

乾杯、 ぷはぁ。


14.jpg
豆アジの素揚げ

此れはカレーパウダーをぶっかけて食すとビールが進む。


15.jpg
生搾りグレープフルーツサワー

16.jpg
アジピザ

アンチョビに劣らないアジが効いた名物ジャパニーズピザには 粉山椒をぶっかける。


17.jpg
カマスの干物、イカ生干し

ホテルのチェックイン時間も忘れ、芋焼酎水割りを追加したら 幸せが満ち溢れてきた。
ずーっと此処で呑んでいたい欲望を押さえつつ、ご馳走様でした、また来ます。

いつもの通り、海岸線をのんびりあるきながら、松川遊歩道を折れると、


19.jpg

伊東のシンボル 東海館 がお出迎え。


20.jpg

更に遊歩道をテクテク進むと、


21.jpg

定宿 到着。


22.jpg

旅行気分が満喫できる 大好きな和洋室タイプが今回の部屋。 窓辺の新緑も気持ち良し。
早速 大浴場へ、本日は男子露天風呂が海側、ゆっくりまったり、出たり入ったり。

湯上がりにマッサージチェアでモミモミされてたら いつの間にか寝入ってしまった。
ちゃんと部屋に戻って 時間まで夕寝。

気がつくと予約時間、今宵お邪魔するのはホテル至近、


和食処 にしむら
 
31.jpg

実はご無沙汰していました、 前回のランチから8ヶ月振り、ディナーは約1年振り。


32.jpg

旬の先付けを いつものポールスターで流し込む、乾杯。

では、コースを初めて下さい。


33.jpg
生ハムのサラダ

34.jpg
刺し盛り

35.jpg
白身魚フライ

36.jpg
牛スジ デミグラスソース煮込

37.jpg
山菜とホタルイカの天麩羅

38.jpg
 茶碗蒸し

とても美味い。 和洋合わせたコースが絶妙だ。特に牛スジの煮込みが最高だったな。
もうちょっと食べたいところで ご馳走様でした、また来ます。

実は一軒目のオーダーを 比較的軽く済ませたのは もう一軒行きたかった店があり、


K's BARU

41.jpg

ネットでもあまり紹介されていないイタリアンバル、ちょっと評判を聞きつけて初来訪。
分かり難い場所、知らなければとても入りにくい店構え、観光客向けではないな。
しかし 入ると とてもフレンドリーな接客でで ホッとする。 やはり客層は地元民率高し。


42.jpg

ハウスワイン白 で乾杯。

 
43.jpg
真鯛のカルパッチョ

美味い、これだけで実力が分かる。 ポーションも文句なし。


44.jpg
 生ウニのペペロンチーノ

あ、美味過ぎ。
しまった 大盛りにすればよかった、いやもう一皿頼むか、と ちょっと悩んでしまった程の逸品。

素晴らしい、もう少し頼みたかったが呑みすぎた、次回は是非一軒目で。
ご馳走様でした、また来ます。


45.jpg

ライトアップされた東海館を 柳越しに眺めつつ、伊東の夜をたっぷり満喫したバカ夫婦であった。
お休みなさい。









■ 某月某日: オフ、快晴 続きを読む


nice!(66)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

冬の箱根路 今年もべろべろ、いつもへろへろ [旅]


■ 某月某日: オフ、 晴れ
9:30 自宅最寄り駅を私鉄急行で出発、乗り換え無しで終点まで。

遡ること数年前、
最終目的地にて ノーマルタイヤでえらい目に合って以来、冬場は基本 バス電車移動。
荷物は限られるが 行きも帰りも呑めるのが、酒好きバカ夫婦にとっては嬉しい限り。

11:00 乗り継ぎ駅の小田原着。一旦下車して向かうは、



00.jpg

観光客よりも地元民が普段使いする感じの居酒屋ランチ、でも此処で米は食わない。


01.JPG

朝ビール、酒呑み垂涎の的 赤星 で乾杯。

そして 小田原 といえば的な、


02.jpg
アジフライ

揚げたて美味し。 そして、更なる小田原 といえば、


03.jpg
小田原おでん & ぬる燗

美味いおでんと丹沢の地酒 松みどりが 身体に染み渡る。 朝酒は効くねぇ、ご馳走様でした。

お城方向へゆっくりブラブラ歩くと 見えてくる有名店、
 
 

05.jpg
 
前から一度は入りたかった、創業明治26年の日本料理店。 重厚な店構えと、

 
06.jpg

歴史を感じながらもモダンな装いの店内、開放的な天井空間がイケてる。


08.JPG
 
メインが来るまでビールを呑みつつ、

 
07.jpg

刺し身をつまんでのんびり待つ。 程なく、


09.jpg

セットの天丼 登場、美味い。
 
1Fの食堂で頂く定食類は 思ったほど高くないし、座敷のコースも幅広い価格設定になっている。
念願叶って "だるま" の天丼が食えて満足、ご馳走様でした、また来ます。

流石にちょっと呑み喰いし過ぎのたので、腹ごなしに散歩。


小田原城
 
11.jpg

改装後、遠方から眺めた事はあったが、敷地内で見上げたのは初。

鮮やかな白色が目に痛い。 快晴の下、大河ドラマの 北条氏政 に想いを寄せる。
高嶋政伸 良かったな、 史実は400年以上前のこの地での話だったか・・・。

時が来たので駅に戻り 箱根登山線乗車、15分程で 箱根湯本着。


13.jpg

ホテル送迎バスとのタイミング が悪く、強羅へは向かわず下車、路線バスで 桃源台方面へ、

仙石原バス停で降り 徒歩2分、


14.jpg
 
定宿到着。 即温泉三昧 からの 湯上がりビール。

 
15.jpg

日没後、夜のライトアップを眺めながら今宵のディナーへ向かう。


 
16.jpg

今晩は。 足を運ぶ度、此方のスタッフ共 顔見知りになれた。


17.JPG
 
鶏料理のお通しと赤ワインで乾杯。


18.jpg
タラポテト

初めて頼んだ フライドポテトの たらこ和え が凄く美味くて。


19.jpg
エビとトマトのバジル炒め

この店を知ったきっかけになった料理。 数年前、ちょっと離れた道を普通に歩いていた際、
オリーブオイル、ガーリック & バジルの 強烈な匂いに誘われ フラフラと入店したのを想い出す。


20.jpg
ワカシの和風カルパッチョ

21.jpg
バジルベーコンピザ

まさしく何食っても美味い系。 観光地にありながらのコスパの良さは 地元民利用率の高さが証明。
ご馳走様でした、また来ます。


散々食ったけど 部屋呑み用にもうちょっとだけツマミたくて、



23.jpg

今宵はテイクアウト。


24.jpg
 
部屋で食う 焼き餃子の美味さよ。ダラダラ呑んでいたらいつの間にか気を失っていた。








■ 某月某日: オフ、 曇り後晴れ
堂々朝寝坊、実は定宿初の連泊。 通常翌日は伊東へ移動するコースが定番だったのだが、
今回車移動じゃないし、たまには同じ宿でのんびりを決め込むのも良いかな。と言う事で、
昼ちょっと前 宿を出てブラブラ。 この後 "実は前から気になっていた店" 2軒 を訪問。
 
先ずは、女房が気になっていたこの店。



26.jpg

店の前は何十回も素通りしていたのだが、今回 女房が入ってみよう と提案。
ご当地 仙石原名物 "公時山まんじゅう" を土産用とは別に食い歩き用に購入。
うん、なかなか美味しゅうございました。
 
次、 ぶーたろう が気になっていた店へ。



27.jpg

そのうち "きたな美味い店" に出てきそうな店構え。こちらも夜に何回も素通りしているのだが、
入店するのにかなり勇気がいる構えなので、先ずはお昼のタイミングでお邪魔してみた。


28.JPG

今日も今日とて朝ビール、乾杯。 そしてこの後、


29.jpg

お通しとして 新鮮な生しらすが結構な量で来た、しかも2皿。 そしてこれが精算後 サービスと分かる。
とても美味く とてもお得な朝ビール、となった次第。


30.jpg
海鮮丼

見た目にも凄い海鮮丼登場。これでなんと ¥850也 そしてスゲー美味い。
注文して出来上がるまでちょっと時間がかかるので、呑める方は是非ビールも一緒にどうぞ。
ご馳走様でした。一気にハードルが下がったので、次回は夜の部に 訪問する予定。


さて、午後をどう過ごそうか。近場で今迄行った事の無い場所へ行ってみたく、リストアップ。
箱根町立箱根湿生花園 に決め ホテルのフロントで割引チケットを買おうとしたら、
12/1 から 3/19 までの冬季期間は閉園 と知らされる。 それでは と 次候補のチケットを購入、
ホテルまん前の 観光施設めぐりバス の停留所から乗車、程なく到着。



32.jpg

ここも 車では何度も素通りしていたが、今回始めて訪れた。

 
 
ヴェネツィアン・グラス を多数展示している有名施設は、週末とは言え 結構な入場者数だ。
 
 
33.jpg
34.jpg
35.jpg
36.jpg
 
そして、イタリアから ヴァイオリンとアコーディオンの二人組、 ヴェニス・セレナーデ・デュオ 登場。

 
 
 
とても素晴らしかった。この生演奏込みで考えると、チケット代も安く感じてしまう。
多分いつかまたきっと来るだろう、ガラスの森美術館。


一旦ホテルに戻り 連日の温泉三昧。そして今宵は前日に予約した此方の店へ。


 
38.JPG

昔は普通に入れたのに、最近は予約をしないと絶対入れない店になってしまった。
Sangiovese をデキャンタでオーダし 乾杯。


39.jpg
ピクルス

40.jpg
真鯛のカルパッチョ

41.jpg
沼津産ホウボウのソテー 三島野菜添え

42.jpg
静岡美味鶏のニンニクロースト
 
美味すぎ。 地の素材 魚、肉、野菜をふんだんに取り入れたビストロ料理に心が躍った。
ご馳走様でした、また来ます。

次、最後の夜の締めはこちら。



44.jpg

2軒めでの利用は初めてか。
今晩は お邪魔します、また来ました。
 

47.jpg

焼きぎんなん をツマミながら さつま無双"もぐら" の水割りで乾杯。
うん、この店を2軒目使いで チビチビやるのも いい感じだな。


46.jpg
牛肉とごぼうのしぐれ煮

45.jpg
タコの唐揚げ

連日連夜、旨い酒と料理を頂き、しみじみと幸せ感が全身に染み渡る。
ご馳走様でした、また来ます。

では、お休みなさい。








■ 某月某日: オフ、快晴 のんびり起床。 続きを読む


nice!(77)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

晩秋 あたふたどたばた 博多編 Part 2 [旅]


Part1 からの続き

18:00 のお披露目イベントに備え会場入り。
バックヤードでは 普段はお目にかかれない 大会社のお偉いさん達とご挨拶、名刺交換。

某有名ミュージシャンのトークショウが終わり、いよいよショウスタート、


37.jpg
38.jpg
39.jpg

と言っても、本番のマッピングショウはキャラクター肖像権の関係で画像映像は掲載NG、
すみません、 お近くの方は是非現地でご覧ください、結構面白いです。

以下の映像は通常の演出なので、載っけても大丈夫だと思われ、

 


 

こんな感じでした。

スタッフ各位お疲れ様でした、色々有りましたが 引き続きよろしくお願いします。
一時間に一回のショウを二度観ながら諸々を確認。以上 業務は此処まで、お仕事終了。

施設の何処かで観ていたであろう女房に電話し合流。
自身の慰労を兼ねた反省会会場へ向かう。


41.jpg

中洲の夜景を観るだけで、心のどこかがザワザワしてしまう ぶーたろうなのであった(笑)


42.jpg

屋台もいいんだけどね、
今宵は此方。



43.jpg

人気の繁盛店にお邪魔した、今晩は。


44.jpg

生ビールで乾杯、お疲れ様でした。 突き出しは おきゅうと
すぐ呑み干したので 芋焼酎の水割りを所望。


45.jpg
刺し盛り

47.jpg
きびなごの唐揚げ
 
48.jpg
箱うに

49.jpg
今宵のよかぁ酒: 加茂錦 荷札 純米大吟醸 生詰原酒
 
50.jpg
辛子明太子

では、メイン料理登場です。


 
この鍋がたまらなく美味い。日本酒ちびちび呑みながら ゆっくりと堪能。その後、
ほぼほぼ食い終わったので 雑炊用に一旦鍋が下げられる。 そして・・・

 
51.jpg

今まで食べたどの雑炊よりも 美味い雑炊登場。

1杯目はそのまま食べて、2杯めは 残しておいた明太子を入れ食す・・・はぁ、溜息が出る。
世の中にはまだまだ美味い食べ物があるのだなぁ と実感。
ご馳走様でした、是非また来たいです。
 
もう一軒行くつもりだったのだが、料理の余韻を楽しみたいのと満腹なのとで 今夜は終了。
疲れたので寝ます、お休みなさい。








■ 某月某日: 博多最終日 曇りのち晴れ 続きを読む


nice!(77)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

晩秋 あたふたどたばた 博多編 Part 1 [旅]


■ 某月某日: 出張、 晴れ
5:30 自宅出発、7:20 羽田空港発、9:20 福岡空港着、9:40 現場入り。

地元民なら写真見ただけで分かる 某大型施設が本日の仕事場。

 
00.jpg

有り難いことに新規イベント用で 映像機材 と照明機材 を其々別の発注元から受注。
 
設置後の調整を少人数で一気同時に終わらせられれば とても効率は良いのだが、
世の中 そうそう思い通りにはならない訳で。 相も変わらず あたふたどたばた。

ランチ は現場から徒歩7分、
 
 
 
01.jpg
焼き飯定食 A

焼き飯フルサイズのランチをオーダー、ラーメンがとても美味くて感動。
焼き飯も美味かったのだが、ハーフでよかったな。
 
歳とって量を食えなくなったのに、ついつい昔の癖で頼んじゃう。2,3口食べてから、
あっ、この量食えないかも・・・ と気づく今日此の頃、 と言うか 最近その連続。
だが 完食、ご馳走様でした、とても美味しかったです。

午後からの作業で様々な諸々事が色々発覚。 完璧を期すために一旦会社へ持ち帰ることに。
へとへとになりながらホテルチェックイン、弊社スタッフと即呑みに出発。


 
02.jpg
03.jpg

とりかわ タレ、塩が美味い。 チビチビつまみながらグビグビ。 後 "手羽根" が絶品。
ご馳走様でした。

連れ合いのスタッフが酒好きで、結構長居をしてしまった。もう1軒行きたかったけど帰ろう。
お休みなさい。

 






■ 某月某日: 出張、 晴れ 東京への戻り日
ホテルで朝飯を食べながらテレビのニュースを観ていたら、ん? 見覚えのある景色。

 
 
福岡駅前の道路で大陥没事故発生。 あれっ、ここ昨日の夜歩いてた通りじゃん、っていうか、
このホテルから結構近くね? 観に行く?  とか話していたら、いきなり携帯へ警告音!
エリアメールが届き、"陥没の周辺地域からの避難勧告" を促す内容だった。

万が一を考え 早めに空港へ向かう。タクシーの運転手曰く "周囲がガス臭い" との事。
空港の待合では皆テレビにかぶり付いている。 今更ながら恐怖感がジワジワと。

今回の出張を知っていた知人、関係者から携帯電話に確認の電話やメールが。
お心遣いありがとうございます。 全くもって あたふたどたばた が止まらない。







■ 某月某日: 曇り 夕刻まで事務所で通常業務。
16:30 会社出発、17:20 羽田空港発、19:20 福岡空港着、19:40 現場入り。
前の週に自社スタッフ、現地スタッフ合同で諸問題を解決、前日はプレス発表を無事終えた。

明日のオープニングに備え リハ立ち会い、終了後各セクション打ち合わせ。
皆さん明け方まで続く修正作業に入る中、本日は失礼させて頂きます。 では、ホテル近くで



11.jpg

一度は来たかった有名店、おじゃまします、カウンターに着席。


12.jpg

琥珀色の一番搾りは "熊本づくり" 、酒呑みによる復興支援 で乾杯。
 
 
13.jpg
水炊き

モツ鍋、カレー鍋他 魅力的な鍋が多くある中、九州といえば 的な此方を。
シンプルでとても美味い、これにして良かった。


14.jpg
焼き鳥

西日本では良くある 鉄板で焼くタイプの串、美味し。
 

15.jpg
名物: めんたい玉子焼き

16.jpg
山の壽 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒

久留米の地酒がたまらなく美味い。
満足、そして安い。ご馳走様でした、是非また来たいです。


17.jpg
 
中洲から川端を天神方面へ、ほろ酔い気分でうろうろと、


 
20.jpg
 
地下鉄天神駅至近、金曜日とは言え かなり混んでいる。


21.jpg

乾杯。


22.jpg
ゴマサバ

23.jpg
平目、イカ 刺し身合盛

24.jpg
 ポーラ・スター、カキフライ

25.jpg
金目鯛の煮付

いやいや、美味いではないか。コスパも悪くない、満足、ご馳走様でした。

さて、帰るべきか、うーん でも此処まで来たのだから、



26.jpg

有名人気店にちょっと並んだ。女性客多し。

 
27.jpg

乾杯。


28.jpg
餃子
 
29.jpg
チャーシュー麺

いやぁ、これは美味いや、ご馳走様でした。
 
明日のオープニングに備え 本日は此処等で終了、お休みなさい。








■ 某月某日: 出張、 晴れ 続きを読む


nice!(66)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

深秋の家族脱力旅 箱根、伊東編 [旅]


■ 某月某日: オフ、 曇り 海外出張明け恒例温泉旅。
今回 急遽長女が参戦。 09:15 頃自宅出発、いつもより ちょっと賑やかな旅が始まった。
10:00 前 海老名SA 着
 
01b.jpg

我らが神奈川県警 交通課 による 何かのセレモニー開催中。
でも そんなことはお構いなしに、


02b.jpg
 
朝飯代わりに 各自サービスエリアグルメ を堪能。

途中渋滞もなく 11:00 御殿場着。 早速市内で女房の買い物にお付き合い。
買い物終了後  ランチは いつもの、



人気店は平日でも混んでるね、けど待たずに座れて良かった。

04.jpg
女房: うなぎセット(刺身付)

 
05b.jpg
ぶーたろう、娘:海鮮丼

久々に定番丼が食えて満足、ご馳走様でした、また来ます。

店を出ると結構強めの雨模様、しかしメゲズに 御殿場プレミアム・アウトレットへ。
 
三人三様の思惑を心に秘め、集合時間を決め散会。
途中時間延長を求める娘からの電話もあって、多少遅くなりつつも 各自買い物袋持参で集合、
定宿へ向かう。

 
07.jpg
 
今回もお世話になります。
3人泊ということもあって いつもより広い角部屋。 畳敷きの部屋と別に洒落たベットルーム有り。

長湯の娘に合わせて たっぷり温泉三昧。湯上り後 予約した馴染みの店へ。


花菜
 
10.jpg

女将さんに娘を紹介しつつ、適当にオーダー。

本日の隠し酒は、


11.jpg
 
和歌山の酒 純米生酒 紀伊国屋文左衛門、とても旨い。特に娘が気に入ってお代わり。


12.jpg
むかごの素揚げ

13.jpg
極太アスパラガス

14.jpg
ナスの肉みそ

15.jpg
 
シャトー・ラルドー にチェンジ。


16.jpg
ぎんなん

17.jpg
薬味たっぷり アジのたたき

人数が一人増えただけで、食卓が華やかになるのが嬉しくて、皆ちょっと呑み過ぎた。
相変わらず酒も料理も安定の美味さでした、ご馳走様です。 多分、来月また来ます。

ちょっとだけ部屋呑み後 就寝。








■ 某月某日: オフ 旅行二日目 雨のち晴れ
熟睡快眠で起床。 身支度を整えての朝食は、


 
21.jpg

いつもの ラリック美術館内レストランにて。


22b.jpg
23.jpg

定番、スクランブルエッグ の朝食 が美味しい。
お代わりし放題のオーガニックコーヒーがこれまた安定の美味さ、ご馳走様でした。

のんびり荷造り後、次の目的地目指し出発。
途中 再開した大涌谷へ寄るも、雨が強く、土産物をひやかし、即下山。
道を下りながら次を目指すと、急に日が射してきた、良し!


 
24.jpg
25.jpg

各々 仕事で疲れ気味の"気と体" に パワーを注入してもらい年末を乗り切る所存。


伊豆スカイライン経由で海岸を目指し、


26.jpg

途中山頂付近から熱海と初島を見下ろす。

通り道の伊東マリンタウン で お土産物購入タイム。それにつけても、
女性の方々は なんでそんなに お土産を沢山買い込むのだろう? まあいいんだけど。

程なく定宿到着。
チェックインまで まだ時間があるので 駐車場に車だけ止めて、海岸通りへ。
目指すはもちろん、


 
27.jpg

乾杯。この風景とシュチエーションに 娘大喜び。 ツマミは定番にして鉄板の、


28.jpg
豆アジの唐揚げ、アジピザ

29.jpg
カマスの干物

30.jpg
イカの一夜干し

軽く呑むつもりが、毎度つもりで終わってしまうのは致し方なく。 ご馳走様でした、また来ます。


チェックイン後 連日の温泉三昧、海が観える露天風呂で放心状態。
湯上り後 ベットで横になりながらテレビを見ていたら、いつのまにか熟睡。
ディナーの予約時間が迫り起こされる。 脱力感が心地良い。
 
身支度整えて 松川遊歩道沿いの行きつけ店でへ。



31.jpg

今晩は、またおじゃまします。
白ワインの好みを伝えたところ、候補が4本登場。 細かな説明後、皆でチョイスしたのが、


32.jpg
Chateau de Lascaux 2012

フルーティーかつ豊かな酸味が美味しい白ワインで乾杯。

じゃ、おまかせコースで。


33.jpg
 帆立貝のサラダ

34.jpg
 地油カマスの香草パン粉焼

途中 赤のハウスワインに代えつつ、美味しいパンをオリーブオイルにつけて何回もお代わり。


35.jpg
 殻付き牡蠣のグリエールチーズ焼

37.jpg
おご鯛の軽い蒸し煮ピストゥースソース

38.jpg
カスタードプディング

牡蠣が来た時点でいつもの皿数になったのでシェフに確認したら、この後メインが来ます、
との嬉しいお返事。  美味しく、楽しくも満腹の超満足。 コスパが良すぎて癖になりそうだ。
ご馳走様でした、また来ます。

もう一軒くらい行きたかったけど無理、お休みなさい。








■ 某月某日: オフ 旅行最終日 曇り 続きを読む


nice!(69)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

渡米 2016 [旅]


■ 某月某日: 午前中 会社にて通常業務。
13:30 迎えの車に乗り込み成田空港へ。 同行者と合流し、両替 & Wifiルーターレンタル。
用事が済んだらサッサと出国手続き。
 
 
00.jpg
 
ラウンジで生ビール、乾杯、同行諸氏よろしくおねがいしますね。
ビールをあっという間に呑み干したら、


01.jpg
 
地酒シリーズ:埼玉の銘酒を端から順にテイスティング、全部美味かった。
 
 
02.jpg

珍しく寿司職人さんが目の前で握ってくれるので、日本酒を呑みつつ 3皿つまむ。
そうこうするうちに、搭乗時間。

機内では毎回和食に日本酒を頂いていたので、今回は洋食にシャンパンとワインを順番に。
食後のデザート食いながらの機内シアター鑑賞 先ず最初に、

これは前作が面白かったので期待していたのだが、酔いも加わり即爆睡。 次に

インデペンデンス・デイ:リサージェンス
これが評判通り、あまりに つまらなく途中で消した。 そして満を持して

特撮は凄いんだけどまたしても爆睡。やっぱ スタトレは合わないなぁ。という事で、
結局映画館でも観た シン・ゴジラ を 繰り返し見てしまうのであった。


03b.jpg
 
起床後、朝食代わりに カツサンドと野菜スープを頂く。 一風堂はちょっと飽きてしまったな。

11:00 無事LA 到着、入国審査、トランジット、14:30 目的地 ラスベガス マッカラン空港着。

 
04.jpg

空港からシャトルバスで McCarran Rent A Car Cente へ。
Heartz で同行者が予約した車に荷物を積み込んだら、

 
05.jpg

一旦 ホテルへチェックイン。今回の宿は Harrah's Las Vegas の キングベッド、ストリップビュー。
最近の自身の傾向、安めのホテルの ちょっと良い部屋に泊まる というコンセプトにぴったし。

荷解きもそこそこに買い物へ出発。
先ず いつもの Walmart Supercenter で水を始めとした日常品購入。

続いて こちらも定番 South Premium Outlets  今日はざっと下調べ・・・、
のつもりが Samsonite のビジネスバックが 安くて かつ一つしか無く 早くも購入。

次、こんなところまで普通の日本人は来ないよ 的な


 
07.jpg

中心地から離れているにも関わらず、カジノは結構流行っているんだこれが。 位置はコチラ
小腹がすいたので 同行者お薦めの こちら、



08.jpg

イリノイ州発のダイナー系人気ハンバーガー店。 ラスベガス店の メニューは こちら pdf

 
09.jpg
Steakburger Double'n Cheese

おぉ、こりゃジューシィで 美味ぇや。 ご馳走様でした。

その後郊外の単独ショップを巡りつつ、到着したのは Galleria at Sunset
とても大きなショッピングモール。 位置はコチラ  アバクロでシャツ購入。
 
 
12.jpg

サンセット通りから望むサンセットがとてもきれいなことを確認。

初日なので買い物は此処まで、ちょっと疲れた。 ホテルへ戻り荷を降ろす。
仕事関連のメールチェックと電話を数本かけ終わったら強烈な眠気が襲うも、
ここで寝ると時差ボケに勝てないので ディナーへ出発。 では行きつけの、


 
13.jpg

今年も来られて嬉しい限り。


14.jpg
 
メインが来るまで Fried Calamari & Shrimp をツマミながら Budweiser で乾杯。
 
 
15.jpg
LOBSTER - RAJUN CAJUN - XXX

ソースと辛さを選べるのだが、今まで食べた 辛さ MID が大したことなかったので、
今回始めて 一番辛い XXX にしたら、頭皮の毛穴が開き 唇が腫れる。
とても美味しかったのだが、次回から MID に戻すことを 忘れない様、自分用に記す。
ご馳走様でした、また来たいです。

未だ寝るには早いので ストリップ地区に戻り、久しぶりに Bellagio 季節のディスプレイを鑑賞。

 
16.jpg
17.jpg

中々でした。


19.jpg

表に出てこんな景色を観ていると、今年も来られてよかったな、としみじみ想うぶーたろう であった。
長い一日が終わる、お休みなさい。








■ 某月某日:米国二日目 快晴。
時差ボケもなく快眠、ホテルのスタバで$10クーポン朝食。
10:00 出発。昨日は南東方面だったので本日は北西部へ。

まず最初に Las Vegas North Premium Outlets  場所はコチラ 昨日のSouth より広い。
娘の土産を探しにウロウロしていたら 結果自身の時間が無くなってしまう。

此処では GODIVA のチョコが豊富に しかもかなり安く買える。自宅用と仕事用に大量購入。

続いて訪れたのが



21.jpg

こちらのホテルも まぁ普通の日本人観光客は居ませんね。 位置はこちら
 
隣接する Downtown Summerlin  へ移動し、ランチを頂く。
そう、神宮外苑では大行列のあの店、


 
22.jpg

NY発 の超人気店。 此処では嬉しいことに待ち無し、即オーダー可能。


23.jpg
ShackBurger and ShackMeister Ale

ブルックリンの醸造所で造られているエールビールが最高に美味い、もちろんバーガーも。
ご馳走様でした、また来たいです。 日本の店でも気楽に呑みたいね。

食後に訪れたのが、最近日本でも有名になりつつある



24.jpg

オーガニック系自社ブランドを展開する人気チェーン。  Wikipedia
同行者は土産用のエコバックを、これでもか っていう位大量に購入していた。

最後は ダウンタウンへ移動。 どこの土産物屋にも、こんなのが


25.jpg
26.jpg
 
実はこの日 ネバダ大学 の講堂で ヒラリー・クリントン と トランプ の最終討論会が行われる影響で、
周囲の道路が交通規制されることが告知されていた。
なので影響を受けない反対方向(北西側) をメインに 買い物を楽しんでいた次第。

 
27.jpg
28.jpg
29a.jpg

いつもと変わらない素敵な景色を再確認。

それでは、本日のディナー、



31.jpg
 
日本式居酒屋、スタッフも日本人多し。 場所はこちら

 
32.jpg
 
一番搾り で乾杯。
 
 
33.jpg
34.jpg
35.jpg
 
完璧な日本式居酒屋料理でした。ご馳走様でした。

丸一日のオフ日を満喫させて頂き 有難く存じます。
では、明日からのお仕事に備えて早めに寝ます、お休みなさい。








■ 某月某日:米国三日目 快晴 続きを読む


nice!(77)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋涼の 酔払い親父は今日も行く 小山、大阪、御近所編 [旅]


(自分的な時系列で しれっと 再開)

■ 某月某日:通常勤務 曇り
業界の老舗でありながら 今まで直接の取引がなかった某社と 新規取引開始。

色々な思惑はさておき とりあえずの諸事情を一旦横に置きつつ、納まる所に納めて頂いた。
大きな度量に 深ーく 感謝致します (笑)  御期待には きちんとお答えするつもりですので。

会社に戻る前に早めのランチ、


 
01.jpg

赤坂の路地裏に佇むラーメン店。


02.jpg
肉そば

おっ、美味い、これはスルスルイケそうだ。そんじゃ追加で、


03.jpg
チャーシューご飯

このご飯、ランチ時に ¥100 でお代わり自由、若い頃なら3杯は いけただろうな。
次回は あさりそば を食おうっと。 ご馳走様でした。

通常営業終了後、武蔵小山で女房と待ち合わせ、向かうは



05.jpg

4ヶ月ぶり、今晩は。


06.jpg

金魚とハートランドで乾杯。


07.jpg
ホタテとイカのガーリックバター焼

08.jpg
マカロニサラダ

以降、美味い串が続々。
 
 
10.jpg
11.jpg
12.jpg
13.jpg

堪能。


14.jpg

途中から 石川の酒蔵 御祖酒造の遊穂 山おろし純米・生詰原酒ひやおろし を頂く。
くぅー、旨い酒を探してくるねぇ。


15.jpg
自家製ベーコン半熟卵

終了、安定、満足。 ご馳走様でした、また来ます。


次、歩いて15歩



16.jpg
 
此方何年ぶりだろう、女房と初めてなのは確か。


17.jpg

まぁ此の店来たらコレで、 乾杯。


18.jpg
ハラミ、タン塩

20.jpg

ゆっくり焼きつつ、ゆっくり呑みつつ、  やっぱ美味ぇな。

ちょっと追加しよう。


19.jpg
ナンコツ

21.jpg
ホルモン

この価格にして此のクオリティ、素晴らしいです、もっと気軽に来れたらな。
ご馳走様でした、また来ます。

本当に最後のもう一杯。



23.jpg

相変わらず賑わっている、直ぐ帰るつもりで 1F 立ち呑みカウンターへ。


24.jpg
 
Polestar で乾杯。 コレ支店によっては置いてない店もあるけど、是非物でお願いします。
 
 
25.jpg
セロリの浅漬け、サンマ刺

2杯呑んじゃったけど帰ります、ご馳走様、また来ます。

お休みなさい。










■ 某月某日:出張 晴れ
午前中 通常業務、午後から年に一度の技術者会議に出席するため大阪へ移動。
仕事で大阪に行くのも、技術者会議へ出席するのも かなり久しぶりだ。

本来この会議は後輩に全てを託していたので、全く参加する予定はなかったのだが、
大阪の遊園地に大量導入される機材に関し、特別なミッションを受けてしまったため
急遽来阪、担当者と 此方の会議場で こっそり会談、折衝することになった次第。

会場は



27.jpg

国の重要指定文化財だそうで。 こんな凄いところで会議や展示会や、


28.jpg
 
盛大なパーティーを開催できるのだから凄い。映画のシーンに出てきそうな会場だ。

一次会で結構呑んで疲れてしまったので、こっそりホテルに戻ったのだが、業界の
コワモテ先輩から オニの様な呼び出しを食らい観念して出かけたら、朝の4時に
開放された。
 
翌朝、昨日の折衝相手からの電話で叩き起こされるも 平静を装い対処。
帰京のため新大阪に向かう前に、久しぶりに此方で朝飯。


 
29.jpg

懐かしい、昔はもっと辛く感じたけど今や普通、でも美味い。
ご馳走様でした、また来ます。
 
新幹線 爆睡、会社で打ち合わせ、事務処理、打ち合わせ。 お疲れ様です自分。








■ 某月某日:オフ 曇り 恒例 朝一 スーパー買い出し後 続きを読む


nice!(76)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理