So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

フランクフルト 2018 [旅]


■ 某月某日: 海外出張 初日 晴れ

朝 9:00 羽田空港 集合。ラウンジで朝飯、朝ビール。


01.jpg

結構ガッツリ。ビールと日本酒でほろ酔い気分、上機嫌で機上の人となる。


今回も機内上映は充実、見たかったもの、見逃したものが目白押し。
往復で鑑賞したのが

グレイテスト・ショーマン ☆☆☆☆
シェイプ・オブ・ウォーター ☆☆☆☆☆
スリー・ビルボード ☆☆☆☆
ブレードランナー 2049 ☆☆☆☆☆
リメンバー・ミー ☆☆☆☆
ローマン・J・イスラエル,エスク ☆☆
火花 ☆☆☆

ちょっと夢中になって観てしまったおかげで 全然寝られなかった次第。

フライト約12時間、16:30 フランクフルト空港着。
2015年以来3年ぶり、意外と間が空いた。タクシーで フランクフルト中央駅方面へ。
今回のホテルは


THE PURE

02a.jpg

古そうな外観とは裏腹に、


02b.jpg

ポップなエントランス。


02c.jpg

部屋の内装も中々おしゃれ、さらに


02d.jpg

Marshall 製 Bluetoothスピーカーが嬉しい、ゲインブーストは装備してない (笑)

さっと荷解きを済ませたら 同行の方々と市内視察を兼ねてディナーへ。
先ずホテルから徒歩4分


フランクフルト中央駅

04.jpg

この駅から欧州各国へ旅立つのがリタイア後の夢。


05.jpg

さらに駅から中心部へと向かう。 路面で楽しむ人達を横目に、我々もいつもの店の外で呑む。


Café Hauptwache

06.jpg

ヴァイツェンで乾杯! うめぇ~、ドイツは本当にビールがうまい。


07.jpg

フランクフルトならでは の料理をつつきながら 多種多彩なビールをお代わり。


08.jpg

散々呑んで日も暮れたので店を後にする。ご馳走さまでした、また来たいです。

明日からの本番に備え今宵はこれまで。ホテルに向かう道すがら。


Oper Frankfurt フランクフルト歌劇場

09.jpg


Eurotower ユーロタワー

09b.jpg


Frankfurt Hauptbahnhof フランクフルト中央駅

09c.jpg

到着。 部屋で一杯やりながらメールチェック。
おやすみなさい、夜中に目が覚めずに爆睡。










■ 某月某日: 海外出張 二日目 晴れ

スッキリ寝起き、ガッツリ朝食。9:30 ホテル出発、地下鉄一駅で到着。


Messe Frankfurt メッセ・フランクフルト

11.jpg
11b.jpg

3年ぶりの参戦、身が引き締まる思い。今回 何時もと違うのは、


12.jpg

今までやっていた会場巡りを 二人の後輩に託し、イタリアメーカーの日本代理店として
ピタッとブースに貼り付く。終日 対メーカーと日本人カスタマーのケアに全精力を傾ける。


13.jpg

18:00 初日終了後 ブースでメーカーによるパーティー、日本人客を招く。
モヒート呑みつつ ぐったり、は~ 全然歩いてないのに死ぬほど疲れた。

パーティを途中で抜け 別の客が待っている中華料理店へ。


Pak Choi

14.jpg
15.jpg

5年前に来た際、美味しかった店に再訪、相変わらず美味かったが、12人分の会計を
カードで済まそうと思ったら 現金のみと宣う、 えーっ マジ?
なんとか持ち合わせで間に合うも、二日目にしてNOマネー。

ホテルで1万円だけ両替。早くも疲労困憊、倒れるように寝る。











■ 某月某日: 海外出張 三日目 曇りのち晴れ

変な時間に目が覚めメール処理、続けざまの事務処理で朝を迎える。


22.jpg

本日はトラムで会場に向かう。ホテルからの所要時間は一番早い。

朝から各国の代理店が集まりディストリビューター会議、昼を挟んで午後は
違うプロダクツのディストリビューター会議。生きた英語 スピードラーニング状態(笑)
一旦休憩後 今度は個別ミーティング。脳みそがパンパンになってきた夕刻 終了。

午後から晴れ間がみえてきたものの、明日から週末にかけて予報は愚図つく見通し。
晴れているうちに今回初めてドイツ訪問する客とスタッフを連れ 市内主要箇所をプチ観光。

展示会の入場券には 市内の交通機関 電車、バス、トラム、地下鉄 の無料パスが付いている。
色々見た後、


Romerberg レーマー広場   Streetview

23.jpg


大聖堂  Streetview

24.jpg

何度も見た風景なれど 3年ぶりでちょっと新鮮なり。

では ディナーの時間です、今宵は何時もの大聖堂下、創業1704年のレストラン


Zum Storch am Dom

25.jpg

懐かしのジョッキで乾杯。料理は店員のお薦めに従い、


26.jpg
ハム、ホワイトアスパラガスとポテトのプレート

27.jpg
ヴァイツェン

28.jpg
Frankfurt Plate (肉盛り合わせ)

29.jpg
白ワイン

圧倒的なゲルマン食、肉盛り合わせの迫力に 大和民族は圧倒される(笑)
肉には赤ワインなのだろうけど、ドイツでは基本白ワインを頂くぶーたろうなのであった。


29b.jpg

ご馳走さまでした、今回も味と歴史を堪能しました。いつかまた。










■ 某月某日: 海外出張 四日目 曇り

疲労が残りつつも、徐々に体が慣れてきた。がっつりホテルの朝食を堪能。


30.jpg

本日はイタリアの新規プロダクツを離れ、以前から付き合いのあるメーカーとアポ。
午前中、英国のメディアサーバー会社とミーティング。
ここ数ヶ月で大きな売上を上げたため歓待される。とても気分良し。

午後からはアメリカの老舗メーカーと2件の大口商談 (後日 2件共無事にまとまった)

うん、なんか客観的には 全てが順風満帆に動いている感じがするんだけど、
本人にとっては新規プロダクツの行方と展望が見通せず 日々気が休まらない。

最後に凄いショーを観て本日は終了にするか。


31a.jpg
31b.jpg
31c.jpg

お見事。

一旦ホテルに戻り トラムで市の中心部へ。今宵のディナーは


みくに

33.jpg

皆がそろそろ 肉塊に飽きてきた頃、このタイミングでいつもの日本食店。


34.jpg

けどビールだけは今宵もヴァイツェン、乾杯。


35.jpg

そして最初は美味しかったけどそろそろ食べ飽きてきたホワイトアスパラは天ぷらに。
美味い! 天ぷらネタとして食すのはドイツならでは。そしてアレヤコレヤ食した後、


36.jpg

適当に握ってもらったものを適当に楽しむ、いやぁ、美味い。
日本食最高、ご馳走様でした。


仕事の都合で明朝帰国の人もいる中、見落としの無き様 夜の市内観光。


Alte Oper Frankfurt 旧オペラ座

37.jpg

解散後 客と二人だけで駅前のパブへ。濃い内容の話をしたはずだが何も覚えていない。
お疲れ様でした、おやすみなさい。











■ 某月某日: 海外出張 5日目 雨

朝から市内交通ストに巻き込まれる。地下鉄、トラムとも不通。
仕方がないので駅前から列に並んで TAXY に乗り込むも 至る所で大渋滞。
結果、ホテルから歩いていったチームに遅れること30分、展示会最終日、入場。


41.jpg

土曜日、4日目ともなると観客も少なく、同業者でじっくり話をするにはうってつけ。
今回べったり張り付きお世話になったブースで、スタッフと今後の展望を話し合った。

まぁ、やっぱり普通に頑張ってもだめだ、一生懸命やらないと。
とりあえず、フランクフルトとラスベガスは毎年参加することになりそうだな。
握手とハグ攻めに合いながら会場を後にする、じゃ、また。

ランチは会場から徒歩5分


らーめん潤

42.jpg

なかなかおしゃれな店構え。そして看板に ”燕三条” の文字、おっ これは・・・


43.jpg

とりあえず会期中 最初で最後の昼ビール、お疲れ様でした自分、ヴァイツェンで乾杯。


44.jpg
ラーメン、ネギチャーシュー丼セット

新潟の背脂ラーメンと思いきや 九州とんこつラーメンでした(笑) でも美味い。
ご馳走様でした、来年もお世話になるかもしれません。


ストがまだ続いていたので徒歩でホテルに戻る。市場でワインでも呑みに行きたかったが、
この雨模様で断念。真面目にレポートをまとめる。


今宵、フランクフルト最後のディナーはホテルから徒歩10分、駅南のこちら


Mr.Lee

45.jpg

最後の夜は満場一致でコリアンレストラン。


46.jpg

最後までお前を呑み干すぞ、ヴァイツェン、乾杯。

後は弊社スタッフ コリアン系チャイニーズの Pちゃんにオーダーは任せる。

47.jpg
48.jpg
49.jpg

おー、さすが店のお母さんにハングルで質問してただけのことはある、全部うまい。
ご馳走様でした、また来たいです。


最後の夜、部屋に残った酒類を片付けながらパッキング。終了後TVつけたまま爆睡。










■ 某月某日: 海外出張 6日目 晴れ

ホテルでガッツリ朝食をとり、そのままチェックアウト。TAXY で空港へ。


51.jpg

今回ビジネスのチケットがあまりにも高かったのでプレエコ、からのアップグレード、
を狙うも 往路はいけたが、復路失敗でショック。
どうやら近隣で欠航があり振り替え客がなだれ込んだ模様。


52.jpg

とはいえ、往路にはなかった日本酒の銘柄や、


53.jpg

いつもと違う 一風堂のヌードルを味わえたので これはこれで良し。
とりあえず帰路も映画が面白くてたまらない ぶーたろうなのでありました。 -終わり-

nice!(64)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 64

コメント 2

newton

やはり本場のビールが美味しそうですね。
by newton (2018-06-25 11:45) 

skekhtehuacso

大分の一の井手、国際線で出るのですか!
なかなかシブいですね。
by skekhtehuacso (2018-06-26 21:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。